日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)
ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)

ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)とは

本会は15年を迎え、ソフトウェア品質保証を担う組織のあり方や人の役割、働き方も様変わりしました。第15期の募集にあたり、品質保証部門長の皆さまだけでなく、現場の品質責任者や品質保証技術に精通されている方々にもご参加いただきたいと考え、会の名称と運営体制を見直しました。

ソフトウェア品質保証に対する問題意識を持ちながらも日々の仕事に追われ、孤軍奮闘の毎日、という品質保証部門長の皆さまの声に応え、SQiPでは2009年11月に「ソフトウェア品質保証部長の会」を発足させました。
おかげさまで、本活動は本年10月に第15期を迎え、この度、「ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会」として新たなスタートを切ることとなりました。

スマートフォンやデジタル家電の普及、企業内活動のデジタル化など、いまやソフトウェアは私たちの生活や仕事に深く根付き、必要不可欠なものとなっています。また、社会インフラとなっているミッションクリティカルなシステムは、益々、その重要性を増しています。
こうしたニーズへの対応や企業の競争力強化のため、ソフトウェア開発の現場には短期間・低コストの開発やモダナイゼーションが要求されています。また、変化・拡大し続けるソフトウェア開発事業環境において、ソフトウェア品質保証はその活動の対象領域も変化・拡大しています。
この様に品質保証業務を取り巻く環境は2009年の本会発足当時と今日では大きく異なりますが、会の存在意義は変わりません。

ビジョン

世界に誇れる日本のソフトウェア品質保証技術(管理・プロセス・エンジニアリング)の進化を図る。

活動概要

当コミュニティは、識者による講演やメンバー同士の交流だけでなく、品質保証戦略、品質保証プロセスの改善、これからの品質保証の在り方など、年間を通じて取り組むテーマを決め、グループに分かれてディスカッションを行います。
また、その成果は、成果発表会やSQiPシンポジウム等で広く発信します。

ミッション

  • 課題の共有と解決策の模索及び成果の展開を通じて、ソフトウェア品質保証活動のレベルアップ及び価値の向上を図る。
  • ソフトウェア品質保証の本質を明らかにし、ソフトウェア品質保証部門の在り方、技術課題、人材育成の改善や深化を図る。
  • ソフトウェア品質という観点で、日本再生のトリガーの役割を果たす。
  • ソフトウェア品質保証において、技術革新の先導役、担い手となる。

参加者のメリット

  • ◇ ソフトウェア品質保証業務に従事する様々な業種のメンバーや有識者と社外ネットワークを構築できます。
  • ◇ 有識者による講演や参加者同士のディスカッションにより、品質保証技術に関する知見を深めることができます。

企画委員

(2023年10月4日現在、敬称略)

  • 足立 久美(LIGHT SIDE PROCESS)
  • 大場 みち子(京都橘大学)
  • 梯 雅人(株式会社日立システムズ)
  • 鎌倉 洋一(源氏企画(元富士通株式会社))
  • 川田 葉子(株式会社構造計画研究所)
  • 小林 依光(株式会社タイミー)
  • 小松澤 敦(株式会社日立ドキュメントソリューションズ)
  • 佐藤 孝司(文教大学)
  • 永田 哲(元キヤノン株式会社)
  • 早崎 伸二(ネバーランド)
  • 孫福 和彦(株式会社日立ソリューションズ)
  • 宮城 幸生(トッパン・フォーム株式会社)
  • 牟田 香奈(オリックス銀行株式会社)
  • 村岡 伸彦(元マイクロソフト株式会社、他)

アドバイザー

(2023年10月4日現在、敬称略)

  • 野中 誠(東洋大学)
  • 大島 啓二(元株式会社日立製作所)
第15期
第15期 開催要領
参加資格
  • 「GIVE&TAKE」の精神で、オープンマインドで積極的に発言できる方
  • ソフトウェア品質保証業務の責務を担っている方、または品質保証技術に精通した方
  • 1年を通して活動テーマに沿った議論に参加し、成果を残せる方
  • コミュニティメンバーとして、会の運営にも積極的に参加いただける方
開催場所 一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル (東京都杉並区高円寺南 1-2-1)

※オンライン(Zoom)と現地のハイブリット会合

参加費 無料(現地参加時の交通費や合宿参加費はご負担ください。)
募集期間

~2023年9月27日(水)

※募集は締め切りました。

開催日

月1回・第1水曜日開催

※第1回:10月4日(水) 18:00~20:00

申込方法

下記「募集要項」を明記の上、E-mailでお申込ください。

[参加要領]

  • 0.件名:【参加申込】ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会
  • 1.氏名(フルネーム)
  • 2.会社名、所属・役職
  • 3.応募の動機・会に期待する(参加して得たいこと・他メンバーと共有したい)こと
  • 4.(任意)現在お持ちのソフトウェア品質保証に関する課題や問題、悩み
  • 5.(自己紹介いただく予定です)ご自身の品質・開発に関わった経験、強み

[お申込先]
E-mail:ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会担当【 sqip-cqo-jimu@juse.or.jp

第15期 年間スケジュール

※ 原則として第一水曜日に実施予定です。

会 合 開催日 実施内容
第1回 10/4(水) 18:00~20:00 キックオフ、自己紹介+課題共有
第2回 11/1(水) 18:00~21:30 4×3 テーマ別議論+テーマ別討論
第3回 12/6(水) 18:00~20:30 講演(未定)+テーマ別討論
第4回 1/10(水) ※ 講演(未定)+テーマ別討論
第5回 2/7(水) ※ 講演(未定)+テーマ別討論
第6回 3/6(水) ※ 第1回レビュー会+テーマ別討論
第7回 4/3(水) 18:00~20:30 第2回レビュー会+テーマ別討論
第8回 5/8(水) 18:00~20:30 講演(未定)+テーマ別討論
第9回 6/5(水) 18:00~20:30 中間発表会
第10回 7/3(水) 18:00~20:30 テーマ別討論
第11回 7/22(月)(予定) 成果発表会(全グループ)
第12回 8/7(水) 18:00~20:30 振り返り
第13回 9月中旬 SQiPシンポジウム
第1回 (16期) 10/2(水) キックオフ、自己紹介+課題

  • ※ 開催日は、都合により、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※ 合宿については日程を検討中です。
第14期 成果発表会
開催要領
日  時 2023年7月24日(月)13:00~17:00
配信会場 一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル
実施形態 オンライン開催(Zoom)
参 加 費 無料
定  員 500名(定員になり次第、締め切ります)
お 申 込

お申込みは終了いたしました。多くのご参加をいただき、誠にありがとうございました。

プログラム
時 間 内 容
13:00~13:10

主催者挨拶

糸柳 寿人
日本科学技術連盟 品質経営推進センター
品質経営・SQiP・MSグループ 課長
13:10~13:20

活動の紹介

孫福 和彦 氏
株式会社日立ソリューションズ/本会企画委員
13:20~13:45 Gr.1 自動化による品質の可視化
脇坂 健 氏(株式会社SHIFT)
13:45~14:10 Gr.3 人財育成×新しい提供価値の品質評価
村岡 伸彦 氏(元 楽天モバイル株式会社)他
14:10~14:20 休 憩
14:20~14:45 Gr.4 サービスの品質保証
赤木 勝由 氏(株式会社日立システムズ)
14:45~15:10 Gr.2 これからの品質保証の在り方
小松澤 敦 氏(株式会社日立ドキュメントソリューションズ)
15:10~15:35 Gr.5 『品質保証の肝』書籍化
川田 葉子 氏(株式会社構造計画研究所)
15:35~15:45 休 憩
15:45~16:45
16:45~17:00

終了の挨拶

企画委員
発表のご紹介

<成果発表1>

発表テーマ

自動化による品質の可視化

発表者

Gr.1 自動化による品質の可視化
脇坂 健 氏(株式会社SHIFT)

概要

Gr1の活動テーマは、ソウフトウェア開発の品質を自動で可視化するために検討を進めてきました。前期(13期)では、自動で可視化するメトリクスを新たな視点を検討しました。今期(14期)は、新たな視点の品質データを具体的な事例で検証出来ないかを1年間検討してきました。具体的な品質データとしては、リモート環境の普及などの背景を踏まえてプロジェクトの参画者の表情や会議での発言内容を自動分析して品質データとして活用できないかをグループで討議しました。具体的なツールを使った検証も実施して仮説を設定しています。今後の検討テーマも含めて成果発表します。

<成果発表2>

発表テーマ

Customer eXperience Quality Loop を実現する人材を育てる

発表者

Gr.3 人財育成×新しい提供価値の品質評価
村岡 伸彦 氏(元 楽天モバイル株式会社)他

概要

本発表は「CXQ(顧客体験品質)」と人材育成をテーマとしています。
ソフトウェアの変更や動作環境の変化によって引き起こされる品質の低下とは異なり、CXQ(顧客体験品質)は知覚品質であることから市場の変化にも影響されます。
また、この動的に変化する品質を扱うには、試行錯誤を続けるアプローチが必要になります。
前期(13期)の魅力的品質創造ループやアンラーニングの検討をベースとして、「CXQの活用Loopを実現できるQAを育てるには?」というテーマで人材の育成の方向性を整理してきた中で、いくつか気づき(要点)が見えてきました。
本発表では、私たちがディスカッションの中で得た気づきをご紹介したいと思います。

<成果発表3>

発表テーマ

サービス品質向上に向けた重点管理項目の考察

発表者

Gr.4 サービスの品質保証
赤木 勝由 氏(株式会社日立システムズ)

概要

先行投資型で広く一般向けに販売を行うITサービスに対する品質保証は、従来のSIビジネスに比べ、サービス利用者がそれぞれの視点で品質を判断していることに加え、時間経過と共に利用者の期待品質に変化が生じることが大きな違いと考えています。
今回の発表では、サービス種類や提供する環境に加え、利用者の時間経過による品質への期待値変化に着目したサービス品質を評価するための重点項目の考え方について整理したものをご紹介致します。

<成果発表4>

発表テーマ

これからの品質保証部門のあり方
~モノ作り から コト作り への変化に対応する品質保証~

発表者

Gr.2 これからの品質保証の在り方
小松澤 敦 氏(株式会社日立ドキュメントソリューションズ)

概要

モノ作り から コト作り への変化により、品質保証の対象は作業成果物だけなく、ビジネスモデルやビジネスライフサイクル全体に拡大しています。広範囲の品質保証を実現するには、ソフトウェアエンジニアリングの知識だけなく、法務、財務、購買、営業、教育、監査等の知識が必要となります。
本発表では、この変化に対応するために、品質保証部門が専門知識を持った複数部門の「ハブ」としての役割を果たすことを提案し、いくつかの事例と共に報告します。

<成果発表5>

発表テーマ

『ソフトウェア品質保証の肝』書籍化に向けて ~『品質保証の肝』活用のススメ~

発表者

Gr.5 『品質保証の肝』書籍化
川田 葉子 氏(株式会社構造計画研究所)

概要

2016年に「品質保証部長の会」が公開した「ソフトウェア品質保証の『肝』」は、ソフトウェア開発現場の問題解決に役立つ「ソフトウェアの品質保証」のためのノウハウ集です。「品質保証部長の会」に参画したメンバの実践的な知見や品質への想いがたくさん込められています。
あれから7年経ちました。SQuBOK® はV3 に改訂され、VUCA、DX等、現代のソフトウェア業界は、時代の変化に対応した新たな悩みもでてきました。
この度「ソフトウェアの品質保証の肝」を現代にリバイスする書籍化のプロジェクトを進めています。市販の書籍には語られていない知見の提供を目指している私たちの活動をご紹介します。

講演のご紹介
講演タイトル

時代遅れでブレーキ扱いのQAから、イマドキでアクセルとなるQAへの脱皮

概要

DXやAIの波に伴って、ソフトウェアの品質保証(QA)を取り巻く技術や状況はこの数年で劇的に変化しつつあります。

アジャイル、頻繁なアップデート、OSS、クラウド、CIパイプライン、AIや機械学習の適用、モデルベース開発、ゾーンECU化などのアーキテクチャ再構築、モジュラー化、製造業のサービス化、グローバル拠点化などに対応しながら、高品質や高信頼性、高安全性も確保しなければなりません。

本講演では、従来の日本企業がはまり込んでいた技術的負債増加型開発による「手が回らないQA」から、継続的カイゼンによる現場力向上という右利きのQAと、DXやAIによる左利きのQAとを同時に実現する「両利きのQA」に脱却していくために、イマドキの品質保証部の役割や考え方について概説します。

講演者紹介

西 康晴 氏

(国立大学法人電気通信大学)

【経歴】

財団法人日本科学技術連盟ソフトウェア品質委員会(SQiP)副委員長、NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)理事長、国際規格ISO/IEC JTC1/SC7/WG26(ソフトウェアテスト・ISO/IEC/IEEE29119)・SC7-SC42/JWG2(AIベースシステムのテスト)両国内委員会主査、AIプロダクト品質保証コンソーシアム(QA4AI)運営委員長などを務める。電気通信大学にてソフトウェアのテストや品質保証、特に自動車OEMやサプライヤ、車載系ソフトハウスにおける次世代品質保証、アジャイル開発における品質管理、開発組織の品質経営、サービス産業における品質などについて研究や教育、コンサルティングを行う傍ら、テストのビジョナリーとして「現場に笑顔を」をキーワードに飛び回っている。

過去の活動
成果発表会レポート/発表資料
活動成果ライブラリ
  • ソフトウェア品質保証の肝 ~ソフトウェア品質保証活動に潜む煩悩を取り払う108の肝~

    ※本資料は各社の品質保証部長の知恵と経験を結集して、ソフトウェア品質保証の仕組みを効果的に運用するために、経験に基づいた悩み解決の勘所を、煩悩に引っ掛け108件を抽出し「ソフトウェア品質保証の肝」として整理しております。

    ※本資料はPPT形式で公開しています。
    理由は、ダウンロードした方々が、本資料をご自身の組織に適切な形でカスタマイズして組織内で利用いただくことで、本当の意味で各組織に役に立つ”肝”が完成すると考えるからです。

  • PM気質自己診断シート(マクロつきExcelファイル)

    ※本シートは、第12期ソフトウェア品質保証部長の会 グループ2の活動テーマである、
    「品質保証を腹落ちさせる施策の導出~全ては、プロジェクトが目的を達成するための健全なプロジェクト推進のために~」
    の成果物の一つです。PMの気質を判断し、品質向上に向けた一助としてご活用ください。

    ※本シートをそのままご活用いただいたり、事業内容や開発の実態に合せてカスタマイズしてご利用いただいたりできるように、excel形式で公開しています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

その他
お問い合わせ
ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)担当
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip-cqo-jimu@juse.or.jp
 
戻る
コミュニティ
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.