日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)
ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)

ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)とは

本会は15年を迎え、ソフトウェア品質保証を担う組織のあり方や人の役割、働き方も様変わりしました。第15期の募集にあたり、品質保証部門長の皆さまだけでなく、現場の品質責任者や品質保証技術に精通されている方々にもご参加いただきたいと考え、会の名称と運営体制を見直しました。

ソフトウェア品質保証に対する問題意識を持ちながらも日々の仕事に追われ、孤軍奮闘の毎日、という品質保証部門長の皆さまの声に応え、SQiPでは2009年11月に「ソフトウェア品質保証部長の会」を発足させました。
おかげさまで、本活動は本年10月に第15期を迎え、この度、「ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会」として新たなスタートを切ることとなりました。

スマートフォンやデジタル家電の普及、企業内活動のデジタル化など、いまやソフトウェアは私たちの生活や仕事に深く根付き、必要不可欠なものとなっています。また、社会インフラとなっているミッションクリティカルなシステムは、益々、その重要性を増しています。
こうしたニーズへの対応や企業の競争力強化のため、ソフトウェア開発の現場には短期間・低コストの開発やモダナイゼーションが要求されています。また、変化・拡大し続けるソフトウェア開発事業環境において、ソフトウェア品質保証はその活動の対象領域も変化・拡大しています。
この様に品質保証業務を取り巻く環境は2009年の本会発足当時と今日では大きく異なりますが、会の存在意義は変わりません。

ビジョン

世界に誇れる日本のソフトウェア品質保証技術(管理・プロセス・エンジニアリング)の進化を図る。

活動概要

当コミュニティは、識者による講演やメンバー同士の交流だけでなく、品質保証戦略、品質保証プロセスの改善、これからの品質保証の在り方など、年間を通じて取り組むテーマを決め、グループに分かれてディスカッションを行います。
また、その成果は、成果発表会やSQiPシンポジウム等で広く発信します。

ミッション

  • 課題の共有と解決策の模索及び成果の展開を通じて、ソフトウェア品質保証活動のレベルアップ及び価値の向上を図る。
  • ソフトウェア品質保証の本質を明らかにし、ソフトウェア品質保証部門の在り方、技術課題、人材育成の改善や深化を図る。
  • ソフトウェア品質という観点で、日本再生のトリガーの役割を果たす。
  • ソフトウェア品質保証において、技術革新の先導役、担い手となる。

参加者のメリット

  • ◇ ソフトウェア品質保証業務に従事する様々な業種のメンバーや有識者と社外ネットワークを構築できます。
  • ◇ 有識者による講演や参加者同士のディスカッションにより、品質保証技術に関する知見を深めることができます。

企画委員

(2023年10月4日現在、敬称略)

  • 足立 久美(LIGHT SIDE PROCESS)
  • 大場 みち子(京都橘大学)
  • 梯 雅人(株式会社日立システムズ)
  • 鎌倉 洋一(源氏企画(元富士通株式会社))
  • 川田 葉子(株式会社構造計画研究所)
  • 小林 依光(株式会社タイミー)
  • 小松澤 敦(株式会社日立ドキュメントソリューションズ)
  • 佐藤 孝司(文教大学)
  • 永田 哲(元キヤノン株式会社)
  • 早崎 伸二(ネバーランド)
  • 孫福 和彦(株式会社日立ソリューションズ)
  • 宮城 幸生(トッパン・フォーム株式会社)
  • 牟田 香奈(オリックス銀行株式会社)
  • 村岡 伸彦(元マイクロソフト株式会社、他)

アドバイザー

(2023年10月4日現在、敬称略)

  • 野中 誠(東洋大学)
  • 大島 啓二(元株式会社日立製作所)
第15期 成果発表会
開催要領
日  時 2024年7月22日(月)13:00~17:00
配信会場 一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル
実施形態 オンライン開催(Zoom)
参 加 費 無料
定  員 250名(定員)
お 申 込

申し込み

プログラム
時 間 内 容
13:00~13:10

主催者挨拶

糸柳 寿人
日本科学技術連盟 品質経営推進センター
品質経営・SQiP・MSグループ 課長
13:10~13:20

活動の紹介

鎌倉 洋一 氏 (源氏企画(元富士通株式会社)
13:20~14:20

招待講演

アジャイル開発の現在〜事例で見るアジャイル開発の広がり~
平鍋 健児 氏(株式会社永和システムマネジメント)
14:20~14:30 休 憩
14:30~14:55 グループ3 滝 若葉 氏(SCSK株式会社)
14:55~15:20 グループ1 明石 光介 氏(株式会社リンクレア)
15:20~15:45 グループ5&6 津久井 秀樹 氏(キヤノンメディカルシステムズ株式会社)
15:45~15:55 休 憩
15:55~16:20 グループ7 春山 智寛 氏(永山コンピューターサービス株式会社)
16:20~16:45 グループ4 松波 知典 氏(SOMPOシステムズ株式会社)
16:45~16:55 日科技連セミナーの情報
16:55~17:00 クロージング
講演のご紹介
講演タイトル

アジャイル開発の現在〜事例で見るアジャイル開発の広がり~

概要

アジャイル開発が日本でも活発に導入されるようになってきました。DX時代にマッチしたこの手法が現れてきたビジネス的背景と技術的特徴、また、日本で実践されている事例を中心に現状をお話しし、品質保証の観点について議論を深めたいと思います。

講演者紹介

平鍋 健児 氏

(ひらなべけんじ)

【経歴】

株式会社永和システムマネジメント代表取締役社長、株式会社チェンジビジョンCTO、Scrum Inc. Japan 取締役。
UMLエディタastah*の創始者であり、アジャイルの普及をライフワークにしている。
アジャイルジャパン初代実行委員長、著書『アジャイル開発とスクラム』など多数。

発表のご紹介

<成果発表1>

発表テーマ

CXQLを組織として回す
~ “学習するチーム”による継続的な価値提供 ~

発表者

グループ3
滝 若葉 氏(SCSK株式会社)

概要

昨年提案した“CXQL(Customer eXperience Quality Loop:顧客体験品質の活用ループ)を実現する人材育成”の具体的なアプローチとして、「CXQLを回して学習するチーム」を提案する。
私たちは、多くの開発チームにおいてCXQの追求に必要なスキルやマインドセットを持たず、ソフトウェアのリリースが品質マネジメントのゴールとなっている現状があるという仮説を立てた。
この解決には、トライ&ラーンのチーム活動を許容し、仮説検証や顧客観察を当たり前行動として定着させる必要がある。さらに、リーダーやマネージャーも含め、互いのスキルや価値観の違いを認め、触発し合う環境で継続的に学び続けることが重要である。
CXQLを実現し、優れたサービスを持続するために、部門間や個々人の間で起こりうる断絶を防ぎ、多機能なチームを構築し、顧客価値を提供しつづける文化を育むことの必要性について発表する。

<成果発表2>

発表テーマ

DX時代の品質保証における生成AIの活用検討

発表者

グループ1
明石 光介 氏(株式会社リンクレア)

概要

モノ作りからコト作りへの変化に伴い、品質保証部門の活動領域は拡大するとともに、さらなるスピードの向上も求められています。
また近年、生成AIの能力は加速度的に進化しており、品質保証部門の活動への適用が期待されています。
このような状況をふまえた品質保証活動の今後の姿として、従来からの領域であるモノ作りの領域では、品質保証部門人員と生成AIの適切な役割分担によるスピードと品質の両立が必要になります。
一方、新たな領域となるコト作りの領域では、社会やビジネスにとって予測が困難なVUCAの時代においては、品質保証部門が持っているこれまでのモノ作り領域のノウハウ、知識だけでは対応が困難であり、生成AIの活用やそれぞれの分野の専門組織との連携が必要となります。
本発表では、これらの提案の詳細について、いくつかの事例とともに報告します。

<成果発表3>

発表テーマ

失敗から学んだナレッジを有効活用できる組織にするには
~ ソフトウェア品質向上のための生成AI活用法の考察 ~

発表者

グループ5&6
津久井 秀樹 氏(キヤノンメディカルシステムズ株式会社)

概要

私たちのグループでは、「高品質なソフトウェアやシステムを開発・提供し続けられる組織」にするために、“「先人の知恵」や「過去のトラブル」といったナレッジを有効に活用できるようになれば、組織全体の技術力向上に繋がり、過去または類似の失敗を繰り返さない組織にできる” という仮説を立てました。
これまでも様々な方法でノウハウ共有が試みられましたが、多様な情報ソースを万人のニーズに合った形で提供することは困難でした。 その解決策として、昨今技術革新が進む生成AIを活用すれば、利用者の期待に応える情報が提示できるのではないかと考えました。そのために、組織のナレッジをどのように蓄積すれば有効に活用できるのか、そして組織内の誰もが使いやすい仕組みにするにはどうすればよいかについて、討議を重ねてきました。
今回の発表では、私たちがこれらの討議の中で得た気付きをご紹介したいと思います。

<成果発表4>

発表テーマ

クラウドサービスの品質保証

発表者

グループ7
春山 智寛 氏(永山コンピューターサービス株式会社)

概要

ソフトウェアサービスの提供方法は多様化しており、自社製品と他社の製品などを組み合わせた提供方法も増えてきている。自社製品だけではあれば自社の品質保証の仕組みの中でコントロールできていたものが、クラウドサービスをはじめとする他社製品はブラックボックスであるためコントロールできない側面があり、それによるTOTALとしてのサービス品質の担保がとりづらい。
「自社製品・クラウドなど他社製品を組み合わせてサービスを提供する時に、品質保証をどのように取り組むか」お客様の運用に影響が出ないように、またユーザから必要とされるサービスとして品質レベルを落とさないよう、その運用を確立することは急務と考え、IPAなどで推奨している「モデル取引・契約」に関する観点なども活用し、多様化するソフトウェアサービスの品質保証の仕組みづくりを目指して、事例など含め検討・検証した内容をご報告いたします。

<成果発表5>

発表テーマ

『ソフトウェア品質保証の肝』書籍化に向けて
~『品質保証の極意』と題して、いよいよ発刊へ~

発表者

グループ4
松波 知典 氏(SOMPOシステムズ株式会社)

概要

2016年に「品質保証部長の会(当時)」が公開した「ソフトウェア品質保証の『肝』」は、ソフトウェア開発現場の問題解決に役立つ「ソフトウェア品質保証」のためのノウハウ集です。「品質保証部長」経験者で構成された執筆メンバの実践的な知見や品質への想いがたくさん込められています。
今回の書籍化にあたり、この想いを継承しつつ、普遍的な知見を「極意」として絞り込んだ上で、分かり易い文章で解説しています。経営層にもお読みいただける「組織を強く進化させる」勘所を盛り込んだ内容となっています。そのような意味からも本書は、経営層・プロジェクトマネージャーはもちろん、品質保証や開発に関わる全ての方を読者層に想定した指南書となっています。
今夏に出版する運びとなり、これまでの検討経緯と執筆者一同の想いをお伝えするとともに、書籍の活用方法についても紹介します。

第15期
第15期 開催要領
参加資格
  • 「GIVE&TAKE」の精神で、オープンマインドで積極的に発言できる方
  • ソフトウェア品質保証業務の責務を担っている方、または品質保証技術に精通した方
  • 1年を通して活動テーマに沿った議論に参加し、成果を残せる方
  • コミュニティメンバーとして、会の運営にも積極的に参加いただける方
開催場所 一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル (東京都杉並区高円寺南 1-2-1)

※オンライン(Zoom)と現地のハイブリット会合

参加費 無料(現地参加時の交通費や合宿参加費はご負担ください。)
募集期間

~2023年9月27日(水)

※募集は締め切りました。

開催日

月1回・第1水曜日開催

※第1回:10月4日(水) 18:00~20:00

申込方法

下記「募集要項」を明記の上、E-mailでお申込ください。

[参加要領]

  • 0.件名:【参加申込】ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会
  • 1.氏名(フルネーム)
  • 2.会社名、所属・役職
  • 3.応募の動機・会に期待する(参加して得たいこと・他メンバーと共有したい)こと
  • 4.(任意)現在お持ちのソフトウェア品質保証に関する課題や問題、悩み
  • 5.(自己紹介いただく予定です)ご自身の品質・開発に関わった経験、強み

[お申込先]
E-mail:ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会担当【 sqip-cqo-jimu@juse.or.jp

第15期 年間スケジュール

※ 原則として第一水曜日に実施予定です。

会 合 開催日 実施内容
第1回 10/4(水) 18:00~20:00 キックオフ、自己紹介+課題共有
第2回 11/1(水) 18:00~21:30 4×3 テーマ別議論+テーマ別討論
第3回 12/6(水) 18:00~20:30 講演(未定)+テーマ別討論
第4回 1/10(水) ※ 講演(未定)+テーマ別討論
第5回 2/7(水) ※ 講演(未定)+テーマ別討論
第6回 3/6(水) ※ 第1回レビュー会+テーマ別討論
第7回 4/3(水) 18:00~20:30 第2回レビュー会+テーマ別討論
第8回 5/8(水) 18:00~20:30 講演(未定)+テーマ別討論
第9回 6/5(水) 18:00~20:30 中間発表会
第10回 7/3(水) 18:00~20:30 テーマ別討論
第11回 7/22(月)(予定) 成果発表会(全グループ)
第12回 8/7(水) 18:00~20:30 振り返り
第13回 9月中旬 SQiPシンポジウム
第1回 (16期) 10/2(水) キックオフ、自己紹介+課題

  • ※ 開催日は、都合により、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • ※ 合宿については日程を検討中です。
過去の活動
成果発表会レポート/発表資料
活動成果ライブラリ
  • ソフトウェア品質保証の肝 ~ソフトウェア品質保証活動に潜む煩悩を取り払う108の肝~

    ※本資料は各社の品質保証部長の知恵と経験を結集して、ソフトウェア品質保証の仕組みを効果的に運用するために、経験に基づいた悩み解決の勘所を、煩悩に引っ掛け108件を抽出し「ソフトウェア品質保証の肝」として整理しております。

    ※本資料はPPT形式で公開しています。
    理由は、ダウンロードした方々が、本資料をご自身の組織に適切な形でカスタマイズして組織内で利用いただくことで、本当の意味で各組織に役に立つ”肝”が完成すると考えるからです。

  • PM気質自己診断シート(マクロつきExcelファイル)

    ※本シートは、第12期ソフトウェア品質保証部長の会 グループ2の活動テーマである、
    「品質保証を腹落ちさせる施策の導出~全ては、プロジェクトが目的を達成するための健全なプロジェクト推進のために~」
    の成果物の一つです。PMの気質を判断し、品質向上に向けた一助としてご活用ください。

    ※本シートをそのままご活用いただいたり、事業内容や開発の実態に合せてカスタマイズしてご利用いただいたりできるように、excel形式で公開しています。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

その他
お問い合わせ
ソフトウェア品質保証プロフェッショナルの会(旧ソフトウェア品質保証部長の会)担当
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip-cqo-jimu@juse.or.jp
 
戻る
コミュニティ
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.