日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ソフトウェア品質管理研究会
特別講義
特別講義レポート: 2021年 2020年 2019年 過去のテーマ: 一覧
 

ソフトウェア品質に関するタイムリーな話題を提供します!!

「ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)」では、品質管理の基本的な考え方、手法、これからのソフトウェアに関する重要なテーマ等について、それぞれの分野の専門家による「特別講義」を開催しております。
研究員以外の方もご参加できます(有料)ので、ぜひ、自己研鑽・情報収集の場としてご活用ください。

参加費 1回の参加 13,200円(税込) 会場 オンライン会議システム「Zoom」
全6回一括参加 72,600円(税込)

※消費税は参加費に加え、特別講義終了時の消費税率を適用させていただきます。

2021年度特別講義日程
例会
回数
例会開催日 講義内容
 2021年
1 5月21日(金)

特別講義

テーマ ソフトウェア開発の真のボトルネックとは何か?
講演者 講演者:岸良 裕司 氏
(Goldratt Japan CEO)
2 6月25日(金)

特別講義

テーマ ユーザーモデルを活用したコミュニケーションの理論と実践
講演者 小澤 一志 氏
(ユーザーモデリングラボ 代表)
3 10月8日(金)

特別講義

テーマ パタンと品質
講演者 原田 騎郎 氏
(株式会社アトラクタ Founder 兼 CEO)
4 11月12日(金)

特別講義

テーマ プロダクトライン開発の考え方 – 共通性を確立して可変性を確保する
講演者 林 好一 氏
(Y’s Workshop 代表 兼 ソフトウェアプロセスエキスパート)
5 12月10日(金)

特別講義

テーマ システム視点からの信頼性と人の思い込みのリスク
講演者 田中 健次 氏
(国立大学法人電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授)
 2022年
6 1月7日(金)

特別講義

テーマ 機械学習の品質マネジメント(仮)
講演者 大岩 寛 氏
(国立研究開発法人 産業技術総合研究所
 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター ソフトウェア品質保証研究チーム長)

5月(第1回例会)、6月(第2回例会)、10月(第6回例会)、11月(第7回例会)、12月(第8回例会)、1月(第9回例会)の特別講義のみ参加することもできます。

各回でお申込いただくよりも、全6回一括でのお申込が大変お得です。希望の方はこちらからお申込ください。

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

2021年度特別講義(年間申込)

多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました!
各特別講義は現在も申込受付中です。下記をご参照・お申込ください。

2021年度特別講義(各回)
第1回例会   第2回例会   第3回例会   第4回例会   第5回例会   第6回例会
  終 了     終 了     終 了     受付中     受付中     受付中  

第1回特別講義
開催日時 2021年5月21日(金)10:00~12:00
テーマ ソフトウェア開発の真のボトルネックとは何か?
講演者
岸良 裕司 氏
(Goldratt Japan CEO)
略 歴

全体最適のマネジメント理論TOC(Theory Of Constraint:制約理論)をあらゆる産業界、行政改革で実践し、活動成果の1つとして発表された「三方良しの公共事業」はゴールドラット博士の絶賛を浴び、07年4月に国策として正式に採用される。
幅広い成果の数々は、国際的に高い評価を得て、08年4月、ゴールドラット博士に請われて、イスラエル本国のゴールドラット・コンサルティング・ディレクターに就任。博士の側近中の側近として、世界各国のゴールドラット博士のインプレメンテーションを、トップエキスパートとして、知識体系を進化させ、また、ゴールドラット博士の思索にもっとも影響を与えた一人と言われている。そのセミナーは、楽しく、わかりやすく、実践的との定評がある。著作活動も活発で、笑いながら学べ、しかも、ものごとの本質を深く見つめるユニークなスタイルで読者の共感をよび、ベストセラーを多数出版している。海外の評価も高く、様々な言語で、本が次々と出版されている。

研究論文や著書

『最短で達成する 全体最適のプロジェクトマネジメント』(中経出版)
『優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか』(ダイヤモンド社)
『ザ・ゴール コミック版』(ダイヤモンド社)
『子どもの考える力をつける3つの秘密道具』(ナツメ社)
『考える力をつける3つの道具』(ダイヤモンド社)
『全体最適の問題解決入門』(ダイヤモンド社)
『職場の理不尽』(新潮社)
『よかれの思い込みが会社をダメにする』(ダイヤモンド社)
『過剰管理の処方箋』(かんき出版)
『三方良しの公共事業改革』(建設通信新聞社)
『出張直前!一夜漬けのビジネス英会話』(中経出版)
他、国際学会発表実績多数

その他(学位、表彰、学会活動)
  • 東京大学MMRC 非常勤講師
  • 国土交通大学 非常勤講師
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申込受付は終了しました。

アジェンダ

ソフトウェアが産業界のボトルネックになりつつあり、一部には開発プロジェクトの破綻のせいで経営危機に陥る会社も出てきています。今回のセミナーではソフトウェア開発における真の制約とは何かを明らかにし、そこに取り組むことで、目覚ましい成果を出すシンプルなロジックと事例をご紹介します。内容は以下の通りです。

  • 的外れなカイゼンが組織にもたらす深刻なダメージ
  • ソフトウェア開発の真のボトルネックとは?
  • 生産性を10倍に上げ、品質を向上できる理由とロジック
  • 数万人が関わり、数十か国をまたがる先端技術開発における目覚しい事例

特別な準備はいりません。組織を良くしたい。プロジェクトを良くしたいという思いだけ持ってきていただければ結構です。講義はわかりやすく実践的にしていきます。

第2回特別講義
開催日時 2021年6月25日(金)10:00~12:00
テーマ ユーザーモデルを活用したコミュニケーションの理論と実践
講演者
小澤 一志 氏
(ユーザーモデリングラボ 代表)
略 歴

富士ゼロックスの研究開発部門を退職後、心理統計(多変量解析)・認知工学をベースとしたインサイトモデル(ユーザーモデル・心理モデル)及びCX/UXの評価方法の研究に取り組みながら、これらの技術や研究成果を活用したサービス事業の開発支援やコンサルティングを行うための場とすべく、「ユーザーモデリングラボ」を起業。
現在は、慶応義塾大学SFC研究所に研究員として所属しつつ、複数のベンチャー企業にジョインして新しいサービス事業の開発・支援やコンサルティングに従事。

その他(学位、表彰、学会活動)

ヒューマンインターフェース学会会員

参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申込受付は終了しました。

アジェンダ
  1. ユーザーモデルとは
  2. ユーザーモデルの着眼点
  3. ユーザーモデルを作るためのステップ
  4. ユーザーモデルを活用するために
  5. ユーザーモデルの活用事例
  6. まとめ
アブストラクト

企業にとって、お客さまと有効なコミュニケーションを取ろうとするならば、お客さまをよく知ることは最も重要なことであり、ビジネスの形式がB2Cであれ、B2Bであれ、コミュニケーションの主体が“人”であることも基本的には変わりはありません。
また、そのコミュニケーションの向上を目的としたメディアやソフトウェアの開発を考える際に、その出来栄えの善し悪しを決めるのは、あくまでもそのメディアの受け取り手でありソフトウェアの利用者である人ですので、コミュニケーションの主体である人の多様性は、そのコンテキストに応じて、コンテンツを作り分け、工夫を凝らし、コミュニケーションの取り方をその人に合わせて最適化する必然性を生みます。
本講義では、ユーザーモデルという考え方を用いて“人”を理解し、そのコミュニケーションに活用する手法や事例についてご紹介してまいります。

第3回特別講義
開催日時 2021年10月8日(金)10:00~12:00
テーマ パタンと品質
講演者
原田 騎郎 氏
(株式会社アトラクタ Founder 兼 CEO)
略 歴

アジャイルコーチ、ドメインモデラ、サプライチェーンコンサルタント。
認定スクラムプロフェッショナル。 外資系消費財メーカーの研究開発を経て、2004年よりスクラムによる開発を実践。ソフトウェアのユーザーの業務、ソフトウェア開発・運用の業務の両方を、より楽に安全にする改善に取り組んでいる。認定スクラムトレーナー(CST-R)。

参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申込受付は終了しました。

アジェンダ
  1. パタン(パターン)とは何か?
     ・パタン、パタンランゲージの背景
  2. ソフトウェア開発におけるパタンの活用
     ・設計パターンとして
     ・組織パターンとして
     ・パタンランゲージとしてのスクラム
  3. プロダクトにおける品質の課題
  4. 品質保証からアジャイル品質への変化
     ・利用者品質をパターンで記述してみる
     ・品質ゲートから継続的な品質管理活動へ
  5. スクラムによる開発での適用の試み
  6. まとめ
第4回特別講義
開催日時 2021年11月12日(金)10:00~12:00
テーマ プロダクトライン開発の考え方 – 共通性を確立して可変性を確保する
講演者
林 好一 氏
(Y’s Workshop 代表 兼 ソフトウェアプロセスエキスパート)
略 歴

ソフトウェアプロセスの分野での支援が主な業務であり、2003年からソフトウェアプロダクトライン開発を対象に加え、関連する調査研究、定義・モデリング、教育、メンタリングや課題識別・解消等の支援活動を行なう。またコミュニティ活動にも積極的に参加し、ワークショップ、セミナー、カンファレンス、勉強会等の企画、運営、そして成果の広報に携わる。2014年からは Automotive SPICE に沿ったプロセス改善にも従事している。
1983年から2019年まで株式会社SRA勤務、以後個人事業主とDNV ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社契約社員の二足のわらじを履く。

研究論文や著書
  • 共訳:Klaus Pohlら著、『ソフトウェアプロダクトラインエンジニアリング―ソフトウェア製品系列開発の基礎と概念から技法まで』、エスアイビーアクセス、2009年
その他(学位、表彰、学会活動)
  • 日本SPIコンソーシアム(JASPIC)プロダクトライン分科会リーダ
  • Software Product Line Conference 2011 Tutorial Co-Chair
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ

プロダクトライン開発 (PLE) とは、広義の派生開発であり、共通性を持つ複数のシステムを視野に入れる開発方法である。単品開発とは異なり、再利用を強く意識する。そのため、複数システム間の共通性を識別する。他方、システムごとに異なる点は可変性として識別し、各システムで追加変更削除が可能になる仕組みを設ける。
本講義では、PLE の基本的な考え方を、以下の順を追って解説する。


  • PLE を志向する動機
  • 共通性と可変性 − 複数システムを意識した仕様
  • フィーチャモデル – 共通性と可変性の表現、利用
  • PLE のプロセスと体制
  • PLE にまつわる神話
第5回特別講義
開催日時 2021年12月10日(金)10:00~12:00
テーマ システム視点からの信頼性と人の思い込みのリスク
講演者
田中 健次 氏
(国立大学法人電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授)
略 歴

1982年:京都大学理学部(数学科)卒業

1987年:東京工業大学大学院システム科学専攻博士課程修了
茨城大学工学部情報工学科助手を経て、電気通信大学大学院情報システム学研究科助教授・教授、改組により現職へ。

この間、米国ニューヨーク州立大学G. Klir 教授の下でシステム論を、英国マンチェスター大学J. Reason教授の下で組織のリスクマネジメント論を研究。信頼性へのシステム論的アプローチや、行動心理を取り入れたリスクマネジメントなど、融合的な研究を推進し、プラント制御、医療安全、自動運転などの分野で人間-機械系の設計・運用に展開している。

研究論文や著書
  • 田中健次:『システムの信頼性と安全性』(朝倉書店)(2014).
  • 田中健次:「グレイゾーンにおける現場技術者と設計推進者との協調とは」、品質 47巻1号, pp.39-44 (2017).
  • Y. Nakajima, K.Tanaka: “Effects of Active and Passive Secondary Tasks in a Take-over Situation during Automated Driving,” Proc. of IEEE Int. Conf. on System, Man, and Cybernetics (IEEE-SMC) pp.1161-1166 (2017).
  • 田中健次:「安全保証と危険回避の使い分けに関する一考察 -使用説明書と警告表示のあり方-」,第41回 信頼性・保全性シンポジウム, pp.373-378 (2011).
  • K. Tanaka, G. J. Klir: “A Design Condition for Incorporating Human Judgement into Monitoring System,” Reliability Engineering and System Safety, Vol.65, No.3, pp.251-258 (1999).
その他(学位、表彰、学会活動)
  • 学位:理学博士(東京工業大学)
  • 表彰:日経品質管理文献賞(2015)(『システムの信頼性と安全性』朝倉)
    日本信頼性学会2012年度優秀記事コラム賞(2013)
    日科技連 第41回(2011年度)信頼性・保全性シンポジウム 特別賞(2012)
    日本設備管理学会論文賞(2002)、品質管理誌QC賞(2002)
    日本プラントメンテナンス協会PM優秀論文賞(1993)
  • 学会活動:日本品質管理学会 理事・監事、医療の質・安全学会 理事
    経産省消費経済審議会製品安全部会事故判定第三者委員会 委員
    関西電力安全検証委員会 委員
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ
  1. 人と人との関連から信頼性を視る
  2. モノとモノとの関連から信頼性を視る
  3. 人とモノとの関連から信頼性を視る
アブストラクト

システムの信頼性を考えるとき、対象となるシステムのみを隔離・抽出して信頼性を評価することはできない。設計者・運用者・ユーザーなど関わる多くの人との関係、さらに他のシステムとの繋がりなど、多様な要素が関連する中で現実の状況を予測する必要がある。複数エージェントが絡むシステムの信頼性を脅かす問題がどこに存在するのか、特に人の活動や知識がもたらす問題に着目し、考えてみたい。
人と人との関連では、多重チェックの落とし穴や設計‐運用間での情報共有の失敗事例などを、モノとモノとの関連では、創発性がもたらす見落としやすい問題、創発故障を紹介する。そして人とモノとの関連では、人が陥る過信・不信の問題、人の勝手な思い込みや、効率性を追究するが故に犯すエラーや判断ミスなどと共に、逆に、高信頼性を得るための、人を育てる設計の可能性も考えてみたい。

第6回特別講義
開催日時 2022年1月7日(金)10:00~12:00
テーマ 機械学習のマネジメント(仮)
講演者
大岩 寛 氏
(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 サイバーフィジカルセキュリティ研究センター ソフトウェア品質保証研究チーム長)
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.