日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ソフトウェア品質管理研究会
特別講義
特別講義レポート: 2022年 2021年 2020年 過去のテーマ: 一覧
 

ソフトウェア品質に関するタイムリーな話題を提供します!!

「ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)」では、品質管理の基本的な考え方、手法、これからのソフトウェアに関する重要なテーマ等について、それぞれの分野の専門家による「特別講義」を開催しております。
研究員以外の方もご参加できます(有料)ので、ぜひ、自己研鑽・情報収集の場としてご活用ください。

参加費 1回の参加
(税込価格)
13,200円 会場 オンライン会議システム「Zoom」
全6回一括参加
(税込価格)
72,600円
2022年度特別講義日程
例会
回数
例会開催日 講義内容
 2022年
1 5月20日(金)

特別講義

テーマ 宇宙分野でのソフトウェアのリスク管理の事例
講演者 大久保 梨思子 氏
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発員
2 6月24日(金)

特別講義

テーマ リモートワークにおける「コミュニケーションバグ」をなくすための考え方・組織設計
講演者 池田 朋弘 氏
株式会社メンバーズ 顧問
6 10月14日(金)

特別講義

テーマ エンジニアに必要な図解思考の習慣とは?
講演者 開米 瑞浩 氏
アイデアクラフト 代表
7 11月11日(金)

特別講義

テーマ FAシステム機器開発における品質マネジメントの歴史と手法
講演者 福井 信二 氏
元 オムロン株式会社 執行役員 技術開発本部長
8 12月9日(金)

特別講義

テーマ DXと要求工学
講演者 山本 修一郎 氏
名古屋国際工科専門職大学 情報工学科 教授
 2023年
9 1月13日(金)

特別講義

テーマ アジャイルと品質
講演者 細谷 泰夫 氏
三菱電機株式会社 設計システム技術センター ソフトウェア技術推進部
本研究会 研究コース4「アジャイルと品質」アドバイザー

5月(第1回例会)、6月(第2回例会)、10月(第6回例会)、11月(第7回例会)、12月(第8回例会)、1月(第9回例会)の特別講義のみ参加することもできます。

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

2022年度特別講義(年間申込)

申し込み

2022年度特別講義(各回)
第1回例会   第2回例会   第6回例会   第7回例会   第8回例会   第9回例会
受付終了     受付中     受付中     受付中     受付中     受付中  

第1回例会 特別講義
開催日時 2022年5月20日(金) 10:00~12:00
テーマ 宇宙分野でのソフトウェアのリスク管理の事例
講演者
大久保 梨思子 氏
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 研究開発員
略 歴

2013年から国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構において、ソフトウェア独立検証及び妥当性確認(IV&V)の業務に従事。以来、同構の15以上の人工衛星やロケットのプロジェクトに対してIV&を提供。また、アシュアランスケースを用いたリスクベース検証や故障解析手法の研究開発、及び同構で開発する宇宙機プロジェクトのソフトウェア開発に関わる支援を行う。

研究論文や著書
  • N. Okubo, K. Namihira, H. Umeda, Y. Ueda, M. Katahira and S. Morisaki, "A Novel Framework to Assist the Novice in Defining Failure Modes for System-level Software FMEA," 2020 Annual Reliability and Maintainability Symposium (RAMS), 2020, pp. 1-6, doi: 10.1109/RAMS48030.2020.9153603.
  • STPA Handbook(日本語版) 2021年、共訳 担当範囲:第1章、8章
  • CAST Handbook(日本語版) 2018年、共訳 担当範囲:第3章
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

お申込みは締め切りました

アジェンダ
  1. はじめに
  2. ソフトウェアのリスクおよび決定論的故障とは?
  3. 決定論的故障の宇宙分野での事例
  4. システムおよびソフトウェアのリスクを低減する取り組み事例
  5. 質疑応答
アブストラクト

目に見えない・全てを検証することが極めて難しいソフトウェアにおいて、そのリスクを識別・管理することは、高い信頼性が必要な製品にとって非常に重要になります。しかしながら、ソフトウェアの品質やリスクもまた目には見えないものであるため、捉えることが非常に難しいです。
ソフトウェアの品質が損なわれている状態である決定論的故障とは何か、そして決定論的故障につながる欠陥を開発中に発見することが難しい理由について、宇宙分野での事例を交えて解説します。さらに、近年の宇宙分野における、製品リスク低減のための動向や事例についてご紹介をします。

第2回例会 特別講義
開催日時 2022年6月24日(金) 10:00~12:00
テーマ リモートワークにおける「コミュニケーションバグ」をなくすための考え方・組織設計
講演者
池田 朋弘 氏
株式会社メンバーズ 顧問
略 歴
  • 2013年に㈱ポップインサイトを創業。2016年から全社リモートワーク・全国採用をスタート。80人以上の全国の正社員を完全リモートワークでマネジメント。
  • 2016年に㈱MIKATA(現:イングクラウド)を創業。「在宅ワークス」を立ち上げ、数万人のフリーランス・在宅ワーク希望者を組織化し、インターネット上で「文章作成」「AIデータ生成」などの業務を行う。
  • 2018年より東証一部上場㈱メンバーズの執行役員に就任。コロナを受け、2020年より1,500人以上の社員の大半をリモートワーク・在宅ワークに移行。
研究論文や著書
  • 2020年11月に『テレワーク環境でも成果を出す チームコミュニケーションの教科書』を上梓
その他(学位、表彰、学会活動)
  • 2018年、総務省「テレワーク先駆者百選」に選定
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ
  1. 最近のテレワークに関する議論
  2. テレワーク時代に求められるコミュニケーションスタンス
  3. リモートコミュニケーションの4つの課題と対応方針
  4. チームビルディングに欠かせない2つの取り組み
  5. スムーズな業務進行の2つのコツ
  6. リモート会議の生産性を上げる2つの工夫
アブストラクト

コロナによりリモートワークが急激に拡大して早くも2年が経過し、働き方の一つのパターンとして認識が広がりました。しかし企業のマネジメント・管理職の視点では、「リモートワークだと生産性が下がる」「チームの求心力を維持できない」という危機意識は高く、コロナ禍における一過性の対応策として捉えてしまっているケースも散見されます。このような危機意識は、時間・場所が離れた働き方における「コミュニケーションの難しさ(コミュニケーションバグ)の発生」が主要因の一つです。
本講義では、2016年からリモートワークを導入して全国採用を行い、正社員・業務委託など様々な働き方で数千人との仕事経験・雇用経験を踏まえ、リモート時代にどのようなコミュニケーションスタンス・組織設計の考え方が必要かについて、具体的な取組・事例を交えてご紹介します。

第6回例会 特別講義
開催日時 2022年10月14日(金) 10:00~12:00
テーマ エンジニアに必要な図解思考の習慣とは?
講演者
開米 瑞浩 氏
アイデアクラフト 代表
略 歴

1980年代末からソフトウェア開発に従事し、組み込み系システム開発やWebサイト開発を経験する。その過程でコミュニケーションの難しさに悩んだことから図解して説明する方法を工夫したところそれが好評を得たことから、ノウハウの形式知化・トレーニングプログラム化を開始。2003年から、個人事業により主にエンジニア向けの図解思考・図解コミュニケーショントレーニングと、わかりにくいドキュメントを改善するドキュメント・コンサルティングを行っている。

研究論文や著書
  • エンジニアのための図解思考 再入門講座 (翔泳社、2010年)
  • <文章嫌いではすまされない!> エンジニアのための 伝わる書き方講座 (技術評論社、2014年)
  • エンジニアを説明上手にする本 (翔泳社、2016年)
  • SQLの苦手を克服する本 (技術評論社、2019年)
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ
  1. エンジニアに図解思考が必要な理由とは?
  2. イメージビジュアルとロジック図解の違いとは?
  3. 問題固有の構造を可視化する
  4. メカニズム、ガイドライン、インストラクションを区別する
  5. G/P/Sの構造に注目する
  6. カテゴリーとサマリーを考える
  7. しくみ・事象・対処のパターン
  8. 不適切状態・トリガー・アクシデントのパターン
アブストラクト

複雑な問題を考え解決策を探るためには「問題を図に表して考える」ことが非常に有効です。それを「図解思考力」と名づけるとして、その力はどうすれば身につけられるのでしょうか。その一部は一般にロジカルシンキングと呼ばれているスキルと同じですが、それに加えていくつか意識して習慣化すべきポイントがあります。
本講義では、エンジニア業務において特に有効な図解思考のポイントを紹介してまいります。

第7回例会 特別講義
開催日時 2022年11月11日(金) 10:00~12:00
テーマ FAシステム機器開発における品質マネジメントの歴史と手法
講演者
福井 信二 氏
元 オムロン株式会社 執行役員 技術開発本部長
略 歴

1984年 立石電機株式会社(現オムロン株式会社)入社以降、PLC(Programable Logic Controller)を中心としたFAシステム機器のソフトウェア開発に従事。自ら開発プロジェクトリーダとして、FA機器の大規模ソフトウェア開発プロジェクトのマネジメントを行うとともに、社内組織のソフトウェアプロセス改善をリードしてきた。2009年からは同社イギリスのソフトウェア開発部門を立ち上げ、日本との共同開発を行うなど、国際間の共同プロジェクトマネジメントについても経験が豊富である。
2008年には、SQiP国際小委員会の主査として4th World Congress of Software Quality委員を担当。

研究論文や著書
  • Introduction of the Software Configuration Management Team and Defect Tracking System for Global Distributed Development, ECSQ 2002, pp 217-225
  • Quality and Productivity Improvement by Mutual Technology Transfer, 3rd World Congress for Software Quality
参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ
  1. FAシステムの変遷と時代ごとに求められる品質特性
  2. 基本となる品質マネジメント手法
  3. 時代にあわせた品質マネジメント手法の進化の歴史
  4. 最新の品質マネジメント実践事例
  5. 今後のFAシステムの品質マネジメントの展望
アブストラクト

Industry 4.0に代表されるように、現代におけるFAシステムは大規模化、高度化している。求められる品質特性もより複雑になり、対応するための品質マネジメント手法も複合化している。今から品質マネジメントを学ぶ者にとっては要求品質とマネジメント手法の対応付けが困難な状況である。
本講義では、FAシステム発展の歴史を振り返り、それぞれの時代に求められた要求品質とその対応のために進化させてきた品質マネジメント手法を振り返ることで、品質マネジメントの原理原則に立ち戻ってその必要性と押さえどころを解説する。また、これらの品質マネジメント手法を組み合わせた最新の開発事例を紹介する。

第8回例会 特別講義
開催日時 2022年12月9日(金) 10:00~12:00
テーマ DXと要求工学
講演者
山本 修一郎 氏
名古屋国際工科専門職大学 情報工学科 教授
略 歴

NTT研究所で、ソフトウェア開発支援環境の構築に取り組み、当時最先端のグラフィクスワークステーションで動作するソフトウェア開発支援環境、分散型情報システム向け高性能トランザクション処理モニタ、Webデータベース連携ミドルウェア、ICカード情報流通プラットフォームなどの実用化に取り組んだ。その後、株式会社NTTデータで、要求工学、ユビキタスコンピューティング、オープンイノベーションの研究開発に従事。名古屋大学では、ディペンダビリティコンピューティング、エンタープライズアーキテクチャ、DXの研究を進めた。

研究論文や著書
  • 『要求定義・要求仕様書の作り方』(2006)
  • 『ゴール指向による!システム要求管理技法』(2007)
  • 『CMCで変わる組織コミュニケーション』(2007)
  • 『現代エンタープライズ・アーキテクチャ概論 - ArchiMate入門』(2016)
  • 『ITサービスマネジメントの技法』(2017)
  • 『要求開発の基礎知識 -要求プロセスと技法入門-』(2019)
  • 『DXの基礎知識 -具体的なデジタル変革事例と方法論-』(2020)
その他(学位、表彰、学会活動)

名古屋大学博士(工学)(2000)「3層アーキテクチャに基づくWWW情報システム開発方式の研究」
NTT社長表彰(2001)、情報処理学会業績賞(2001)、電子情報通信学会業績賞(2002)、逓信協会前島賞(2003)を受賞
電子情報通信学会知能ソフトウェア工学研究会専門委員長(2000-2002)、電子情報通信学会フェロー(2020)、
人工知能学会知識流通ネットワーク研究会主査(2008-2020)、プロジェクトマネジメント学会中部支部長(2016-2019)

参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ
  1. 日本企業のDX戦略事例
  2. デジタル産業とソフト開発
  3. 要求工学の未来
アブストラクト

我が国では、大企業によるDXの推進競争が活発化しています。また、経産省が2021年8月に公開した『DXレポート2.1』では、デジタル産業の創出が嘱望されています。
本講義では、これらの取組みを紹介するとともに、DXとコロナ禍がもたらす要求工学の未来について、展望します。

  1. 日本企業のDX戦略事例
    経産省と東証が認定するDX銘柄から、日本で活発化する大企業のDX戦略事例を紹介する。一方で、DX推進指標などの報告書から中小企業のDX推進が急務であることを明らかにする。
  2. デジタル産業とソフト開発
    経産省が進めるデジタル産業政策のポイントをデジタルプラットフォームの視点から解説する。また、IPAのDX実践手引書のスサノオフレームワークなどによるソフト開発の在り方を説明する。
  3. 要求工学の未来
    海外におけるDXとアジャイル開発、システム安全などの研究事例から、要求工学の未来を展望する。
第9回例会 特別講義
開催日時 2023年1月13日(金) 10:00~12:00
テーマ アジャイルと品質
講演者
細谷 泰夫 氏
三菱電機株式会社 設計システム技術センター ソフトウェア技術推進部
本研究会 研究コース4「アジャイルと品質」アドバイザー
略 歴

主に通信システムに関連するソフトウェア開発に従事。
2016年からは全社の事業におけるソフトウェア開発現場の改善を支援。
社外活動として、アジャイル開発、派生開発、テスト、レビュー等のコミュニティ活動に取り組んでいる。

研究論文や著書

『わかりやすいアジャイル開発の教科書』(共著)

その他(学位、表彰、学会活動)

ソフトウェア品質シンポジウム委員会 委員
ソフトウェア品質管理研究会 指導講師

参加費

13,200円/1名(一般・賛助会員ともに)※税込

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.