日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ソフトウェア品質保証部長の会(東京)
第12期レポート
第12期 成果発表会(初のオンライン開催)

「ソフトウェア品質保証部長の会」からのメッセージ ~現役品質保証部門長が語る熱き想い~
 

近年、ソフトウェア品質保証部門の担う役割は多様化し、品質保証部門長の持つ悩みも大きく、複雑になってきました。また、最近では、新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に猛威を振るい、働き方や各企業を取り巻く環境や開発状況が大きく変化してまいりました。

そこで、我々、日科技連・SQiPではそのような状況を鑑み、ソフトウェア品質保証部門の長による「ソフトウェア品質保証部長の会」を開催し、有識者による講演やグループディスカッションを通して、品質保証戦略の立案や組織体制の構築、品質保証業務の改善、効果的な品質保証活動の事例の作成、開発現場への普及推進、これからの品質保証の在り方などについて議論を深めてまいりました。

7月26日(月)に開催しました本成果発表会では、初のオンライン開催でしたが、延べ190名以上の方々にご参加いただき、活発に意見交換が行われました。
今回の基調講演として、早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 教授/早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長/国立情報学研究所客員教授/株式会社システム情報 取締役(監査等委員)。株式会社エクスモーション 社外取締役/日科技連 SQiP運営委員会 副委員長の鷲﨑 弘宜 氏に、「パターンQA to AQによるアジャイル品質のマインド、体制、プロセス、技術」と題し、伝統的な品質保証(Quality Assurance)の考え方から、アジャイル品質(Agile Quality)へとチームや組織が変わっていくために必要なパターン集 Quality Assurance to Agile Quality (QA to AQ) の紹介を通じて、アジャイル品質のマインド、体制、プロセス、技術を解説します。また、各パターンの利用事例や活用の実態についてご講演をいただきました。

今期は本成果発表会に引き続き、1年間の集大成として9月に開催される「ソフトウェア品質シンポジウム2021」で、最終発表を行います。成果発表会に参加いただけなかった方は、是非、この機会にご参加ください。

開催概要
日  時 2021年7月26日(月)13:00~16:40
実施形態 オンライン開催
プログラム・発表資料
時間 内容
13:00〜13:10

主催者挨拶

島田 尚徳(一般財団法人日本科学技術連盟 理事)

13:10〜13:20

ソフトウェア品質保証部長の会 活動の紹介

孫福 和彦 氏(株式会社日立ソリューションズ/本会企画委員会委員)

活動紹介資料

13:20~14:20

基調講演

パターンQA to AQによるアジャイル品質のマインド、体制、プロセス、技術

鷲﨑 弘宜 氏(早稲田大学/国立情報学研究所/システム情報/エクスモーション)

14:20〜14:30

休憩

14:30〜15:00

成果発表1

DX時代の品質保証

村岡 伸彦 氏(アクセンチュア株式会社)

発表概要

ライフサイクルを通じた品質保証のために、「開発前工程(企画、PoC)」と「開発後工程(運用・保守、継続的改善、新しい価値提案)」で、品質を作り込む。それを評価し、改善し、新しい価値を提案する。その循環を生み出す活動の枠組み(品質保証スキーム)と、品質を保証するための方法とその指標(品質保証ガイドライン)を考えて、何が必要か、なぜ必要かを提案する。

発表資料

14:55〜15:20

成果発表2

品質保証を腹落ちさせる施策の導出

衣川 潔 氏(株式会社日立ソリューションズ)

発表概要

昨今のソフトウェア開発は、スピード優先になりつつありますが、今なお品質は、ビジネスを成功させるための重要な価値のひとつである。
ソフトウェア開発には、バグの撲滅だけでなく、多様な品質特性を満たすこと、他業界との共創・協業、さらには健全なプロジェクト推進も期待されている。
このような中、開発や品質保証の現場では、「わかっているけど・・・」、「そうはいっても・・・」というつぶやきが多くなっているのではないだろうか。
そこで、ソフトウェアへの期待が変化する中で、これまで積み上げてきた我々の知見にひと味加え、腹落ちして活用できる施策が求められているのではないかと考え、今期の活動を進めてきた。
本発表では、ソフトウェア開発と同様に人依存の要素が大きい交通安全のノウハウを「わかっているけどできない」の解決に活かし、腹落ちできる施策を導いた活動の成果を紹介する。皆さまの品質保証活動の参考になれば幸いである。

発表資料

PM気質自己診断シート(マクロつきExcelファイル)

15:30〜15:40

休憩

15:20〜15:45

成果発表3

品質課題を解決する自動化の勧め~品質ガードレールのその先へ~

岸谷 信一 氏(株式会社ProVision)

発表概要

ソフトウェア品質保証における“自動化”というと、ソフトウェアテストの自動化が真っ先に検討されると思われる。しかし、ソフトウェアテストは品質保証活動における取り組みの一つでありテストの自動化による効果も、効率化やコスト適正化などピンポイントな結果になる傾向があると思われる。
そこで本活動では、視点を広げてソフトウェア開発およびその後のシステム運用をスコープとした品質保証活動全体の自動化とその効果について議論を進めてきた。
今期はコンセプやアウトライン段階の提案になっているが、これをきっかけに皆さまと一緒に品質保証活動の自動化について意見交換ができれば幸いである。

発表資料

15:45~15:55

休憩

15:55〜16:20

成果発表4

ゲームを使った人財育成

山田 佳則 氏(株式会社日立ソリューションズ・クリエイト)

発表概要

高い品質保証スキルを持ったベテランQAの知識を伝承する際、マニュアル、観点表やチェックリストなど形式知としての伝承が行われている。
しかし、ベテランQAが過去の失敗や大規模障害といった実際の経験から得た知識は非常に有用性が高いにも関わらず、形式知化することが困難で多くの企業で課題となっている。
私たちは、現在、教育分野で注目されているゲーミフィケーションが知識の伝承に活用できるのではないかと考え、現実世界では許されない失敗や、若年層が経験できない大きな成功体験をゲームの世界で経験し、思考の過程やベテランを交えた振り返りの場を通じて得た体感(身体知)が、効果的な人財育成に繋げるための工夫点について検討し、本発表にてその内容を紹介する。

発表資料

17:10〜17:15

終了挨拶

早崎 伸二 氏(ネバーランド/本会企画委員)

講演のご紹介
講演タイトル

パターンQA to AQによるアジャイル品質のマインド、体制、プロセス、技術

概要

アジャイル開発における品質保証は、特定の段階で特定の人々のみが取り組むというよりも、専門家を交えつつロードマップ策定から日々のモニタリングに至るあらゆる段階でチーム全体となって取り組む活動となります。本講演では、伝統的な品質保証(Quality Assurance)の考え方から、アジャイル品質(Agile Quality)へとチームや組織が変わっていくために必要なパターン集 Quality Assurance to Agile Quality (QA to AQ) の紹介を通じて、アジャイル品質のマインド、体制、プロセス、技術を解説します。また、各パターンの利用事例や活用の実態についても取り上げます。

講演者紹介

鷲﨑 弘宜 氏

(早稲田大学 教授・
 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長)

【経歴】

  • 早稲田大学 研究推進部 副部長
    グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所所長・教授
  • 国立情報学研究所客員教授、株式会社システム情報 取締役(監査等委員)
  • 株式会社エクスモーション 社外取締役

【その他】

  • ビジネスと社会のためのソフトウェアエンジニアリングの研究、実践、社会実装に従事。
    その一環としてアジャイル開発のプロセスやプラクティスの分析を進め、2014年からJoseph YoderやRebecca Wirfs-Brockらのアジャイル品質保証パターンのプロジェクト "Shifting from Quality Assurance to Agile Quality (QA to AQ)"に参画。2019年からはアジャイル開発と従来のソフトウェア工学の間の分断、さらにはビジネスとITの間の分断が起きているという問題意識のもと、DX時代のオープンイノベーションに役立つデザイン思考やビジネス・価値デザインからアジャイル開発、さらには堅実なソフトウェア製品・サービスの開発・保守の方法論までを系統立てた枠組みとしてSE4BS(Software Engineering for Business and Society)の構築を有志で開始。
コミュニティ
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.