日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > 研究会-ソフトウェア品質管理研究会 > 成果報告 > 第33年度(2017年度)分科会成果報告
ソフトウェア品質管理研究会
第33年度(2017年度)分科会成果報告
研究コース1「ソフトウェアプロセス評価・改善」
研究コース2「ソフトウェアレビュー」
研究コース3「ユーザエクスペリエンス(UX)」
研究コース4「ソフトウェアテスト」
研究コース5「欠陥エンジニアリング」
研究コース6「要求と仕様のエンジニアリング」
演習コースⅠ「ソフトウェア工学の基礎」
演習コースII「ソフトウェアメトリクス」
演習コースIII「セーフティ&セキュリティ開発」
基礎コース「ソフトウェア品質保証の基礎」
実践コース「品質技術の実践」
戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.