日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ソフトウェア品質管理研究会
参加要領・申込
活動期間
例会

5月、6月、7月、8月、9月(「ソフトウェア品質シンポジウム」を含む)、10月、11月、12月、1月、2月の計10回(基礎コースのみ、2回追加実施予定)。原則として、各例会は10:00~18:00。例年実施しております1泊2日の合宿は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大状況を鑑み、実施いたしません。第10回例会(2月)は、分科会の成果発表会です。
特別講義は研究員以外も聴講可能です!6回通してのご参加の場合に割引特典があります。

開催日程
回数 日程
第1回 2021年5月21日(金)
第2回 2021年6月25日(金)
第3回 2021年7月30日(金) ※
第4回 2021年8月27日(金)
第5回 2021年9月9日(木)~10日(金)(予定) ※
第6回 2021年10月8日(金)
第7回 2021年11月12日(金)
第8回 2021年12月10日(金)
第9回 2022年1月7日(金)
第10回 2022年2月25日(金)

※ 例会等の日時・時間帯は都合により変更する場合がございます。

※ 基礎コースは研究員の教育効果を鑑み、7月29日(木)も実施予定です。

※ 第5回例会はソフトウェア品質シンポジウム2021(本会議)への参加となります。

実施形態

オンライン会議システム「Zoom」

※状況を踏まえて、集合形式で開催する場合もあります。
 集合形式の場合は、一般財団法人日本科学技術連盟・東高円寺ビルでの実施となります。

定員

100名(定員になり次第締め切ります、お早めにお申し込みください)

参加費
一般 220,000円(税込)/1名
賛助会員 198,000円(税込)/1名
 
1.

参加費のお支払いにつきまして

  • 請求書を開催通知と一緒に開催の約3週間前にご送付いたします。
  • 参加費は、原則として請求書発行日から2ヵ月以内に指定の銀行口座または郵便振替口座(請求書に記載)にお振込みください。
2.

参加費には、例会活動費、ソフトウェア品質シンポジウム(本会議)参加費も含みます。

3.

参加者の研究成果充実のために、継続参加をおすすめいたします。

4.

原則、第一希望のコースに所属いただきますが、申込多数の場合は、第二希望のコースにご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。

継続参加企業様の特典(サポート価格)

組織の人材教育の継続と、個人のステップアップのために推奨している「複数年参加」を強力にサポートいたします!
組織の持続的成長の核となる継続的な「人づくり」。ぜひ継続企業様の特典をご利用ください。

一般 209,000円(税込)/1名
賛助会員 187,000円(税込)/1名

[対象1]前年度から継続企業・参加者
[対象2]実践コース」の申込者で、2010年度~2020年度に参加実績のある企業または参加者

研究会お申込みに関するキャンセルの取扱いとお願い

研究会にお申込み後、やむを得ない事由により、参加者の都合が悪くなった場合には、できるだけ代理の方のご参加をお願いいたします(ただし、研究会活動期間中での参加者変更、代理出席は不可)。
お客様の都合で参加をキャンセルされる場合にはセミナー受付にE-mailまたは電話にて研究会第1回例会参加の前にご連絡をお願いいたします。その際、ご連絡日により、次のキャンセル料をご負担いただきますこと予めご了承ください。

 
【キャンセル料】
研究会第1回例会開催日の7営業日前~2営業日前 参加費の20%
研究会第1回例会開催前日17:00まで 参加費の50%
研究会第1回例会開催前日17:00以降または
事前のご連絡がなかった場合
参加費の100%
申込方法
  • 下記「申し込み」からお手続きしてください。
  • 原則、第一希望のコースに所属いただきますが、申込多数の場合は、第二希望のコースにご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 申込締切:2021年4月23日(金)まで(予定)
    2021年5月12日(水)まで延長しました!

【必ずご確認ください!】

申し込み
お問い合わせ
SQiP研究会担当
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.