▲ PAGE TOP
日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > 研究会-ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質管理研究会 【SQiP研究会】2020年4月~2021年2月 ソフトウェア品質技術の領域を拡大し実践する一年
OPEN DAY - 派遣・参加の不安は期待へ、疑問は確信に変わる!

- 企業・組織の教育担当者、派遣を決定する管理者の方々、
本研究会にご興味をお持ちの方に向けた一大イベントです! -

ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)は、日本で唯一のソフトウェア品質管理全般を扱う研究会です。毎年、「ソフトウェア開発の現場を活性化させたい」、「ソフトウェア品質を向上させたい」、「最先端の品質技術を習得したい」といった技術者、約100名にご参加いただいております。本研究会の活動をより知っていただくための特別企画として『OPEN DAY』を開催いたします。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止策と皆様の健康と安全を第一に考え、例年、集合形式で実施しておりましたが、今年はオンライン(Zoom)で開催いたします。

本研究会では、どのようにソフトウェア品質技術を取り入れ、現場で活用(人材育成)しているか、等を各コースの指導講師からご紹介いたしますので、ぜひ皆様からのご参加をお待ちしております。

集合形式で実施していた内容を今年はオンライン(Zoom)形式で開催します!
開催要領
日 時 2020年11月30日(月)15:00~17:00(アクセス可能時間14:30~)
形 式 オンライン(Zoom)開催
参加費 無料
対 象 各企業、組織の教育担当者、管理職の方々を中心に
・本研究会を社内の教育計画の一環として派遣をご検討されている方
・本研究会をよくご存じでない方
申込み

申し込み

プログラム
日 時 内 容
15:00~15:10

次年度SQiP研究会開催(募集)/本日の進め方/事務連絡

一般財団法人日本科学技術連盟 本研究会担当
15:10~15:20

委員長挨拶/SQiP研究会のご紹介

小池 利和 氏(ヤマハ/本研究会運営小委員会委員長)
15:20~15:25

研究コース1「ソフトウェアプロセス評価・改善」

山田 淳 氏(東芝/本コース主査)
15:25~15:30

研究コース2「ソフトウェアレビュー」

中谷 一樹 氏(TIS/本コース主査)
15:30~15:35

研究コース3「ソフトウェアテスト」

喜多 義弘 氏(長崎県立大学/本コース主査)
15:35~15:40

研究コース4「アジャイルと品質」

永田 敦 氏(サイボウズ/本コース主査)
15:40~15:45

研究コース5「人工知能とソフトウェア品質」

石川 冬樹 氏(国立情報学研究所/本コース主査)
15:45~15:50

研究コース6「セーフティ&セキュリティ」

金子 朋子 氏(国立情報学研究所/本コース主査)
15:50~15:55

演習コースⅠ「ソフトウェア工学の基礎」

猪塚 修 氏(横河ソリューションサービス/本コース主査)
15:55~16:00

演習コースⅡ「ソフトウェアメトリクス」

小池 利和 氏(ヤマハ/本研究会運営小委員会委員長)
16:00~16:05

演習コースⅢ「UX(User Experience)」

金山 豊浩 氏(メンバーズ/本コース主査)
16:05~16:10

基礎コース「ソフトウェア品質保証の基礎」

岩井 慎一 氏(デンソー/本コース主査)
16:10~16:15

実践コース「品質技術の実践」

飯泉 紀子 氏(日立ハイテク/本コース主査)
16:15~16:20 小休憩・移動時間
16:20~17:00

各コースへの質疑応答時間

・各コースのブレイクアウトルームを設定いたします。
・ご自身のお好きなルームへご移動してください。
17:00~ 解散

※都合により、プログラム内容、登壇者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


【過去『OPEN DAY』の講演資料を公開中!】

ご参加にあたって

①今年は、オンライン(Zoom)で開催いたします。事前に以下のZoomテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを必ず実施してください。

 事前テスト:https://zoom.us/test

②アプリケーションからご参加いただく場合は、最新版のアプリケーションにバージョンアップしてください。
バージョンアップ:https://zoom.us/download#client_4meeting

③Zoomのアプリケーションがインストールできない方は、ブラウザからでもご参加いただけます。ブラウザから参加される方は、下記に従って、アクセスしてください。

<ブラウザからの参加手順>

お知らせいたしますURLをブラウザ(Google chrome/Microsoft edge)に張り付けてください。「ミーティングを起動」をクリックいただくと、ページ下部に「Zoomクライアントで問題が発生していますか?ブラウザから参加してください」と表示されますので、クリックしてご参加ください。

④本イベント参加後は、マイク/カメラの設定を下記のとおり設定してください。

時間 形態 Zoom マイク/カメラ
15:00~15:20 リアル説明 ・メインルームでご説明いたします。 ミュート/OFF
15:20~16:20 録画 ・メインルームでご説明いたします。 ミュート/OFF
16:20~17:00 リアル説明
・各コースのブレイクアウトルームを設定いたしますので、ご自身のお好きなルームへご移動ください。
ミュート/ON
  • ※15:00~16:20は基本的に聴講いただく形となりますので、マイクは「ミュート」、カメラは「OFF」にしてください。
  • ※16:20~17:00は相互ディスカッションの場となりますので、お話をされる際は、マイクのミュートを解除、カメラをONにしてください(カメラONは必須ではございません)。
第37年度(2021年度)ソフトウェア品質管理研究会 コースのご紹介

(敬称略)

研究コース1「ソフトウェアプロセス評価・改善」
主 査:山田 淳(東芝)
副主査:田中 桂三(オムロン)
アドバイザー:中森 博晃(パナソニック)
研究コース2「ソフトウェアレビュー」
主 査:中谷 一樹(TIS)
副主査:上田 裕之(DTSインサイト)
アドバイザー:安達 賢二(HBA)
研究コース3「ソフトウェアテスト」
主 査:喜多 義弘(長崎県立大学)
副主査:上田 和樹(日本ナレッジ)
アドバイザー:秋山 浩一(富士ゼロックス)
研究コース4「アジャイルと品質」
主 査:永田 敦(サイボウズ)
副主査:山口 鉄平(freee/アジャイルチームを支える会)
    荻野 恒太郎(楽天)
アドバイザー:細谷 泰夫(三菱電機)
研究コース5「人工知能とソフトウェア品質」
主 査:石川 冬樹(国立情報学研究所)
副主査:栗田 太郎(ソニー)
    徳本 晋(富士通研究所)
研究コース6「セーフティ&セキュリティ」
主 査:金子 朋子(国立情報学研究所)
副主査:高橋 雄志(日本AIシステムサービス)
アドバイザー:佐々木 良一(東京電機大学)
演習コースⅠ「ソフトウェア工学の基礎」
主 査:猪塚 修(横河ソリューションサービス)
副主査:鷲﨑 弘宜(早稲田大学 / 国立情報学研究所 / システム情報 / エクスモーション)
    長谷川 裕一(Starlight & Storm)
演習コースⅡ「ソフトウェアメトリクス」
主 査:小池 利和(ヤマハ/本研究会運営小委員会 委員長)
副主査:小室 睦(プロセス分析ラボ)
    柏原 一雄(デンソークリエイト)
演習コースⅢ「UX(User Experience)」
主 査:金山 豊浩(メンバーズ)
副主査:三井 英樹(Weblysts.com)
    村上 和治(東京海上日動システムズ)
基礎コース「ソフトウェア品質保証の基礎」
主 査:岩井 慎一(デンソー)
副主査:相澤 武(インテック)
    真野 俊樹(SQA総合研究所)
実践コース「品質技術の実践」
主 査:飯泉 紀子(日立ハイテク)
副主査:足立 久美(デンソー)
アドバイザー:本研究会の全指導講師

*分科会テーマ名、指導講師は変更になる場合がございます。


SQiP研究会では「問題発見」、「解決手段」、「実践」という3つの視点からソフトウェア品質技術について企業の枠組みを超えて議論できる場として、皆様の品質管理(品質保証)活動に貢献いたします。


 
【 職場での実践 】
  • 相談ができる(指導陣)
  • 心の支えになる(研究員)
  • 一生付き合える仲間(指導陣・研究員)
 
【 研究員の職場の問題発見 】
  • 最先端を知る(特別講義・指導陣)
  • 他社からの新たな視点(研究員)
  • 客観的な意見(指導陣・研究員)
【 解決手段 】
  • 専門的知識(指導陣)
  • 豊富な実践経験(指導陣)
  • 深く考える(指導陣・研究員)
お問い合わせ
SQiP研究会担当
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.