日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > コミュニティ-ソフトウェア品質保証部長の会(東京)
ソフトウェア品質保証部長の会(東京)

ソフトウェアが私たちの生活の中の頭脳として、製品として必要不可欠なものとなっている昨今、その品質の重要性は高まるばかりです。それに伴い、ソフトウェア品質保証部門の担う役割と責任は、年々増加しています。
また、ソフトウェアの開発期間はその必要性とともにますます短縮され、多くの機能が要求されるようになってきました。
このような状況のもと、様々なプロジェクトに対する最適な品質保証活動や組織全体の中長期的な品質保証戦略がどうあるべきか、ソフトウェア品質保証部門の長は、問題意識を持ちながらも、日々の業務に追われてしまい、なかなか根本的な解決を見いだせないという声をよく耳にします。

そこでSQiPでは、2009年11月からソフトウェア品質保証部門の長による「ソフトウェア品質保証部長の会」を開催し、識者による講演やグループディスカッションを通して、品質保証戦略の立案や組織体制の構築、品質保証業務の改善、効果的な品質保証活動の事例の作成、開発現場への普及推進、これからの品質保証の在り方などについて議論してきました。
そして、その成果を「成果発表会」や「ソフトウェア品質シンポジウム」等で外部に向けて広く発信しています。

コンセプト

ソフトウェア品質保証において部門長としての課題や問題、悩みの助けとなるべく、品質保証戦略の立案や組織体制の構築、品質保証業務の改善、効果的な品質保証活動の事例の作成、開発現場への普及推進などについて、実践的な議論を行い、事例を蓄積し、成果をまとめていきます。

ソフトウェア品質保証部長の会 会則

ミッション

  • 課題の共有と解決策の模索及び成果の展開を通じて、ソフトウェア品質保証活動のレベルアップ及び価値の向上を図る。
  • ソフトウェア品質保証の本質を明らかにし、ソフトウェア品質保証部門の在り方、技術課題、人材育成の改善や深化を図る。
  • ソフトウェア品質という観点で、日本再生のトリガーの役割を果たす。
  • ソフトウェア品質保証において、技術革新の先導役、担い手となる。

ビジョン

世界に誇れる日本のソフトウェア品質保証技術(管理・プロセス・エンジニアリング)の再確立を図る。

参加者のメリット

  • ◇ 品質保証活動に関する部門長レベルの技術交流や情報交換ができます。
  • ◇ 様々な業種の品質保証プロフェッショナルと社外ネットワークが作れます。
  • ◇ 技術や課題、価値観を語り合い、競い合う場として活用することができます。
  • ◇ 豪華な講師陣による講演や参加者による事例発表もあります。

参加者の声

アドバイザー

本会は、次のソフトウェア品質保証に関する第一人者の方々にアドバイザーとしてご協力いただいております(敬称略、順不同)。

  • 西 康晴(電気通信大学)
  • 誉田 直美(日本電気株式会社)
  • 細川 宣啓(日本アイ・ビー・エム株式会社)
  • 保田 勝通(元 株式会社日立製作所)

企画委員

(敬称略、順不同)

  • 野中 誠(東洋大学)
  • 足立 久美(株式会社デンソー)
  • 江口 達夫(セイコーエプソン株式会社)
  • 大島 啓二(元 株式会社日立製作所)
  • 大場 みち子(公立はこだて未来大学)
  • 梯 雅人(株式会社日立製作所)
  • 川原 章義(日本システム株式会社)
  • 佐藤 孝司(日本電気株式会社)
  • 千綿 洋一(元 株式会社ニコン)
  • 永田 哲(元 キヤノン株式会社)
  • 孫福 和彦(株式会社日立ソリューションズ)
第9期

第9期 成果発表会

「ソフトウェア品質保証部長の会」からのメッセージ ~現役、品質保証部門長が語る熱き想い~

近年、ソフトウェア品質保証部門の担う役割は多様化し、品質保証部門長が持つ悩みも大きく、複雑になってきました。
この現状を鑑み「ソフトウェア品質保証部長の会」では、製品分野や組織の形態、人数規模など様々に異なる現場から、悩みや課題、取り組みを持ち寄り、議論を深めてきました。
本成果発表会では「ソフトウェア品質シンポジウム2018」に先駆けて第9期活動中の内容の一部を発表します。
基調講演として、「信頼性」「安全性」「未然防止」などをご専門とし、2014年にデミング賞本賞を受賞された、電気通信大学名誉教授の鈴木 和幸 氏に「未然防止への品質保証」をテーマにご登壇いただきます。
参加費は無料、先着順で申込受付をいたします。下記要領をご確認いただき、お申込ください。皆様からのご参加を心よりお待ちしております。

開催概要
日 時

2018年7月23日(月)13:00~17:40(予定)

会 場

一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル 地下1階講堂

参加費

無料

定 員

100名(先着順)

申込み

終了しました。

プログラム
時間

内容

13:00~13:10

主催者挨拶

茂田 宏和 (一般財団法人日本科学技術連盟 品質経営研修センター 次長)

13:10~13:20

ソフトウェア品質保証部長の会 活動の紹介

孫福 和彦 氏(株式会社日立ソリューションズ/本会企画委員会委員)

13:20~14:20

基調講演

未然防止への品質保証

鈴木 和幸 氏(電気通信大学名誉教授)

14:20~14:30

休憩

14:30~14:55

成果発表1

品質力の伝承 ~QAの経験を開発現場に広めるアイデア ~

周藤 裕和 氏(株式会社ProVision)

14:55~15:20

成果発表2

ITサービス時代の品質保証 PartⅢ
~顧客価値向上を実現するためのITサービス開発における品質保証を考える~

佐藤 孝司 氏(日本電気株式会社)

15:20~15:45

成果発表3

ソフトウェア開発における品質意識のモノサシづくり - 活用編 -

広坂 伸太郎 氏(日本システム株式会社)

15:45~16:10

成果発表4

進化論・組織論 -品質保証能力成熟度モデルの構築 - PartⅢ
QMMi:Quality assurance capability Maturity Model Integration

川田 葉子 氏(株式会社構造計画研究所)

16:10~16:20

休憩

16:20~16:45

成果発表5

IoT時代の品質保証

内海 俊行 氏(東芝デジタルソリューションズ株式会社)

16:45~17:10

成果発表6

セキュリティ品質を考慮したSDLにおけるQAの役割(テスト・評価編)

二川 勇樹 氏(株式会社モバイルインターネットテクノロジー)

17:10~17:35

成果発表7

QAの価値向上 - 企業が儲かり、皆がハッピーになれるQA -

成田 泉 氏(株式会社mediba)

17:35~17:40

終了の挨拶

足立 久美 氏(株式会社デンソー/本会企画委員会委員)

基調講演のご紹介
講演タイトル

未然防止への品質保証

概要

品質管理の理念は、QCDのバランスが取れた品質と信頼性の高い商品やシステムを、現実を直視しつつ科学的な方法に立脚して生み出し、これを市場に提供して社会の反映に貢献することにあります。IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence)、ビッグデータをはじめとする第4次産業革命の時代においてもこの理念は一貫してなければなりません。
例えば、自動運転などのIoTによって実現される社会基盤においては、ネットワークセキュリティの脆弱性に起因するアクシデントを未然防止しえなければ、この社会は成り立ちません。
本講演では、日本が生んだ品質管理と品質保証を基本とする未然防止への3つの鍵-「動機付け」・「予測への七視点」・「源流管理」について言及します。

講演者紹介

鈴木 和幸 氏(電気通信大学名誉教授)


【経歴】
  • 東京工業大学 大学院理工学研究科 博士課程修了、工学博士
  • 東海大学講師に着任後、電気通信大学 助教授、教授を経て、現在、電気通信大学大学院 情報学専攻 特任教授、同大学名誉教授。
  • 社団法人日本品質管理学会会長(2009年10月~2011年10月)
  • 日本信頼性学会会長(2012年6月~2014年6月)

【受賞】
  • 2017年:IEEE Reliability Society, Japan Chapter, 信頼性技術功績賞 受賞
  • 2014年:デミング賞本賞受賞、日経品質管理文献賞受賞
  • 1999年:The Wilcoxon Prize 受賞(アメリカ品質学会・アメリカ統計学会)
  • 1995年、2003年、2006年、2013年:日本信頼性学会 高木賞受賞 等

【著書】
  • 信頼性・安全性の確保と未然防止(日本規格協会, 2013)
  • 信頼性データ分析(日科技連出版社, 2009)
  • 信頼性七つ道具(日科技連出版社, 2008)
  • 未然防止の原理とそのシステム(日科技連出版社, 2004)等 多数
第9期 開催要領
参加資格

ソフトウェア品質を担当する部門の部門長

  • * 役職は“品質保証部長”に限らず、開発の部門長でもご参加いただけます。
    原則として部長職以上の方とさせていただきますが、部長相当職が存在しない場合は、ソフトウェア品質保証に関する権限をもった最終責任者であれば、課長相当職でもご参加いただけます。
参加費 無料(ただし、合宿については、宿泊費等の実費をご負担いただきます)
活動について

2017年10月4日~2018年9月(予定)

  • 月1回のペースで実施を予定。
  • 時間は18:30~21:00を予定。
開催場所 日本科学技術連盟 東高円寺ビル (東京都杉並区高円寺南 1-2-1)
募集人数

*第9期の申込は終了しました。

開催日 第1回 10月4日(水)18:30~(第9期キックオフ)
*原則として、月1回・第1水曜日に開催予定。
申し込み方法

下記内容を明記の上、E-mailにて申し込みください。

  1. 氏名(フルネーム)
  2. 会社名
  3. 所属・役職
  4. ソフトウェア品質保証部門長としての課題や問題、悩み
  5. ソフトウェアの品質・開発に関わられたご経験から、お持ちの情報、強みの分野やご興味の対象など
申込先 *第9期の申込は終了しました。
第9期 年間スケジュール(予定)

※ 原則として第1水曜日に実施予定です。

回数 開催日 内容
第1回 2017年10月4日(水) 第9期キックオフ
第2回 2017年11月10日(金)~11日(土) 合宿/テーマの選定
第3回 2017年12月6日(水) 講演+討論
第4回 2018年1月10日(水) 講演+討論
第5回 2018年2月7日(水) 講演+討論
第6回 2018年3月7日(水) 講演+討論
第7回 2018年4月4日(水) 講演+討論
第8回 2018年5月9日(水) 講演+討論
第9回 2018年6月6日(水) 中間発表
第10回 2018年7月4日(水) 講演+討論
第11回 2018年7月23日(月) 成果発表会
- 2018年8月 グループ別討論(臨時)
第12回 2018年9月13日(木)〜14日(金)(予定) SQiPシンポジウム2018発表

※開催日は、変更になる場合がございます。

過去の活動
お問い合わせ
ソフトウェア品質保証部長の会担当
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
戻る
コミュニティ
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.