日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ソフトウェア品質管理研究会
特別講義
特別講義レポート: 2020年 2019年 2018年 過去のテーマ: 一覧
 

ソフトウェア品質に関するタイムリーな話題を提供します!!

「ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)」では、品質管理の基本的な考え方、手法、これからのソフトウェアに関する重要なテーマ等について、それぞれの分野の専門家による「特別講義」を開催しております。
研究員以外の方もご参加できます(有料)ので、ぜひ、自己研鑽・情報収集の場としてご活用ください。

参加費 1回の参加
(税抜価格)
12,000円(税抜) 会場
一般財団法人日本科学技術連盟 東高円寺ビル
東京都杉並区高円寺南1-2-1
地下鉄丸の内線「東高円寺」駅下車、徒歩約5分
 案内図はこちら
全6回一括参加
(税抜価格)
66,000円(税抜)

※消費税転嫁対策措置法の総額表示義務の特例により税抜価格表示としています。
※消費税は参加費に加え、特別講義終了時の消費税率を適用させていただきます。

2020年度特別講義日程
例会
回数
例会開催日 講義内容
 2020年
1 4月24日(金)

特別講義

テーマ プロダクトマネジメント
講演者 関 満徳 氏
(グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社 プロダクトオーナー支援スペシャリスト)
2 5月2日(金)

特別講義

テーマ レジリエンス・セーフティ&セキュリティ
講演者 野本 秀樹 氏
(有人宇宙システム株式会社 IV&V研究センター センター長)
3 6月25日(木)
 ~26日(金)
合宿
4 9月10日(木)
 ~11日(金)
ソフトウェア品質シンポジウム2020 本会議(会場:東洋大学(東京・文京区))(予定)
5 10月16日(金)

特別講義

テーマ プロジェクトマネジメント
講演者 依頼中
6 11月13日(金)

特別講義

テーマ ソフトウェアエンジニアリングの実践と技術者の育成
講演者 荒木 啓二郎 氏
(独立行政法人 国立高等専門学校機構 熊本高等専門学校 校長)
7 12月11日(金)

特別講義

テーマ アジャイル開発とメトリクス
講演者 荻野 恒太郎 氏
(楽天株式会社/本研究会 研究コース4 副主査)
 2021年
8 1月8日(金)

特別講義

テーマ ブロックチェーン
講演者 依頼中
9 2月26日(金) 分科会成果発表会

4月(第1回例会)、5月(第2回例会)、10月(第5回例会)、11月(第6回例会)、12月(第7回例会)、1月(第8回例会)の特別講義のみ参加することもできます。 年間(全6回)を通して、お申込みを希望される方は、下記、「年間申込み」よりお申込みください。

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

2020年度特別講義(年間申込み)

申し込み

2020年度特別講義(各回)
第1回例会   第2回例会   第5回例会   第6回例会   第7回例会   第8回例会
  受付中     受付中     受付中     受付中     受付中     受付中  

第1回特別講義
開催日時 2020年4月24日(金) 15:15~17:15
テーマ プロダクトマネジメント
講演者
関 満徳 氏
(グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社 プロダクトオーナー支援スペシャリスト)
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

第2回特別講義
開催日時 2020年5月22日(金) 10:00~12:00
テーマ レジリエンス・セーフティ&セキュリティ
講演者
野本 秀樹 氏
(有人宇宙システム株式会社 IV&V研究センター センター長)
略 歴
1996年:
日本初のソフトウェアIV&V事業を宇宙ステーション計画において開始し、NASAなどと共同研究。
2005年
-2006年:
MIT航空宇宙研究所ナンシー・レブソン研究室客員研究員。
2014年:JAXAにおいて、レジリエンス・エンジニアリングを立ち上げ、次世代宇宙ステーション補給機のアーキテクチャを設計。
2018年:工学博士(日本大学)
現在:有人宇宙システム株式会社IV&V研究センターセンター長
研究論文や著書
  • 野本; 道浦; 片平; 石濱, "FRAM(機能共鳴分析手法)による成功学に基づく安全工学", SEC Journal 53号,ISSN: 1349-8622, pp.42-49, 2018
  • 野本 秀樹:IOT時代の安全性検証技術 Resilience Engineeringの適用;日経BPオンライン,2016.
  • 野本 秀樹:安全におけるモデル化手法―STAMPとFRAM;日本機械学会誌,Vol.119,No.1177,pp.675-678,2016.
  • H. Nomoto, S. Ueda, R. Ujiie: Risk Assessment based on Resilience Engineering for Adaptive GNC System; International Symposium on Space Technology and Science 2015, 2015.
  • H. Nomoto, S. Ueda, S. Takata, T. Kasai, T. Fukatsu, R. Kobayashi, M. Nogami, Y. Wakabayashi: RESILIENT REDUNDANCY - Design Study of the New HTV (H-II Transfer Vehicle); The 7th International Association for Advancement of Space Safety Conference, Space Safety is No Accident, ISBN978-3-319-15981-2, pp.529-536, 2014.
  • S. Ueda, H. Nomoto, T. Kasai: A study on new GN&C and propulsion system architecture by resilience engineering approach; 9th International ESA Conference on Guidance, Navigation & Control Systems, 2014.
その他
  • 工学博士
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です。

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

第5回特別講義
開催日時 2020年10月16日(金) 10:00~12:00
テーマ プロジェクトマネジメント
講演者
依頼中
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です。

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

第6回特別講義
開催日時 2020年11月13日(金) 10:00~12:00
テーマ ソフトウェアエンジニアリングの実践と技術者の育成
講演者
荒木 啓二郎 氏
(独立行政法人 国立高等専門学校機構 熊本高等専門学校 校長)
略 歴

1976年:九州大学工学部 卒業
1978年:九州大学大学院工学研究科 修士課程 修了
1978年:九州大学工学部 助手
1984年:九州大学工学部 助教授
1988年〜1989年:ドイツ連邦共和国 Passau大学 訪問研究者
1993年:奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授
1996年4月~2018年3月:九州大学:教授
2012年4月〜2016年3月:九州大学大学院システム情報科学研究院 副研究院長
2013年5月〜2017年3月:アーキテクチャ指向フォーマルメソッド研究センター長
2014年4月〜2016年3月:九州大学工学部電気情報工学科 学科長
2016年4月~2018年3月:九州大学大学院システム情報科学研究院長
2018年4月:九州大学 名誉教授
2018年4月:熊本高等専門学校 校長(現在に至る)

ソフトウェア工学、形式手法に基づくソフトウェア開発法、IT 人材育成などに従事。
IEEE Fukuoka Section Chair、ソフトウェア技術者協会 代表幹事、情報処理学会九州支部長、プロジェクトマネジメント学会九州支部長、IPA 参与(非常勤)、VDM 研究会会長、
International Conference on Integrated Formal Methods (1999年)プログラム委員長、International Symposium on Formal Methods Europe (2003年)プログラム委員長、International Colloquium on Theoretical Aspects of Computing (2004年)プログラム委員長、International Conference on Formal Engineering Methods (2008年)大会委員長、IEEE Region 10 Conference(2010年)実行委員長、など多数歴任。

研究論文や著書

  • 荒木、張:プログラム仕様記述論, オーム社, 2002年
  • 荒木、他(訳):ソフトウェア開発のモデル化技法, 岩波書店, 2003年
  • 荒木(監修)、石川(著):VDM++ による形式仕様記述, 近代科学社, 2011年 等多数。

その他
  • 工学博士(1982年)
  • 日本学術会議連携会員
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です。

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

第7回特別講義
開催日時 2020年12月11日(金) 10:00~12:00
テーマ アジャイル開発とメトリクス
講演者
荻野 恒太郎 氏
(楽天株式会社/本研究会 研究コース4 副主査)
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です。

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

第8回特別講義
開催日時 2021年1月8日(金) 10:00~12:00
テーマ ブロックチェーン
講演者
依頼中
参加費

12,000円/1名(一般・賛助会員ともに)※税抜き

※ SQiP研究会の研究員の方は会費に含まれていますので、お申込みは不要です。

参加申込み

申し込み

アジェンダ

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

アブストラクト

※講演内容の詳細が確定したら、随時Webに掲載します。

戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.