日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
JSTQB認定テスト技術者資格 Advanced Level 試験
 
テストマネージャ
概要
回数 第7回
開催日

2017年8月26日(土) 10:00~13:00

開催地域

札幌、東京、名古屋、大阪

試験料

21,600円(税込み)

申込
申込期間

2017年5月9日(火)15:00~6月13日(火)15:00  申込受付は終了しました。

[ご注意ください]申込期間の延長はございません。

申込

お申込方法は2段階になります。「全体の流れ」をよくご確認いただきお申込みください。
申込から受験後までの詳細な流れは こちら から必ずご確認ください。

1)

Web申込

~2017年6月13日(火)15:00  申込受付は終了しました。

 
2)

1)にてお申込みが受理されましたら、提出書類を郵送でご提出ください。

~2017年6月20日(火)締切(当日消印有効)  書類提出は締め切りました。

受験資格

次の1と2の条件をすべて満たす者とする。

1. JSTQB認定テスト技術者資格 Foundation Level資格の合格者
2. 業務経験3年(2017年6月13日の時点)以上(業務経歴申請書の提出あり)

注意事項
  • 「振込案内メール」記載の期日までにお振込がない場合には申込は無効になります。
  • お振込み後「受験登録完了メール」が届いた時点で初めて受験登録完了となります。
  • お振込後の受験の取り消しは受け付けません。返金もいたしかねます。
  • お支払い頂いた試験料は、当日受験されなくてもご返金は致しません。
  • 受験地域、受験者の変更はできません。
シラバスはこちらからダウンロードできます(JSTQB公式サイトにリンクします)。
  • ※ 当財団は実施パートナーのため、試験内容の詳細につきましてはJSTQB公式サイト(http://jstqb.jp/index.html)をご確認ください。
全体の流れ
 

Webページから申込。

(受験者)

 

Web登録受理メール

(自動返信)

※この時点では申込は完了しておりません。

 

書類審査通過者に振込案内メールを送信。

(日科技連 JSTQB受付)

※この時点では申込は完了しておりません。

 

振込案内メールに記載の振込先に試験料を入金。

(受験者)

※メールに記載の振込期日内にお振込みください。

 

振込から10日以内に受験登録完了メールを送信。

(日科技連 JSTQB受付)

※受験登録完了メールが届いた時点で初めて受験登録完了となります。

 

受験票と受験のご案内(会場案内図)を試験日の約3週間前に送付。

(日科技連 JSTQB受付)

 

試験日当日 受験票指定の会場にて受験

(受験者)

 

Webページにて合格発表

(試験日から3ヶ月以内)

 

合格者にのみ認定証・シールの送付

(合格発表から2ヶ月以内)

郵送にてお送りする関係資料
  • 受験のご案内(会場案内図)
  • 受験票
 
※受験登録完了された方へ8/4に受験票等の関係書類を発送しました。
 8/21までに未着の方は至急、JSTQB資格試験担当(E-mail:juse-query@juse.or.jp)まで「確認No.」「氏名」を記載の上、メールでお問い合わせください。

Web申込
申込期間

2017年5月9日(火)15:00~6月13日(火)15:00  申込受付は終了しました。

[ご注意ください]申込期間の延長はございません。

書類提出
書類提出期限

2017年6月20日(火)締切(当日消印有効)  書類提出は締め切りました。

日程
回数 試験日 開催地域
第2回 2013年2月16日(土) 札幌、東京、名古屋、大阪
第3回 2014年2月15日(土) 東京(中止)、名古屋、大阪
第4回 2014年8月30日(土) 札幌、東京、名古屋、大阪
第5回 2015年8月29日(土) 東京、名古屋、大阪、福岡
第6回 2016年8月27日(土) 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
第7回 2017年8月26日(土) 札幌、東京、名古屋、大阪
試験結果

JSTQB認定テスト技術者資格Advanced Level<テストマネージャ>第6回 試験結果

過去の合格結果はJSTQB公式Webサイト(http://jstqb.jp/)に掲載されています。

※ 受験時に氏名公開を希望された方のみ

戻る

テストアナリスト
概要
回数 第2回
開催日 終了しました

2017年2月11日(土) 10:00~13:00

開催地域 札幌、東京、大阪
試験料

21,600円(税込み)

受験資格

次の1と2の条件をすべて満たす者とする。

1. JSTQB認定テスト技術者資格 Foundation Level資格の合格者
2. 業務経験3年(2016年11月22日の時点)以上(業務経歴申請書の提出あり)

シラバスはこちらからダウンロードできます(JSTQB公式サイトにリンクします)。
  • ※ 当財団は実施パートナーのため、試験内容の詳細につきましてはJSTQB公式サイト(http://www.jstqb.jp/index.html)をご確認ください。

申込
申込期間

2016年10月20日(木)15:00~11月22日(火)15:00 申込受付は終了しました。

[ご注意ください]申込期間の延長はございません。

申込方法

お申込方法は2段階になります。「全体の流れ」をよくご確認いただきお申し込みください。

  1. Web 申込
    ~2016年11月22日(火)15:00 申込受付は終了しました。
  2. 1. にてお申込みが受理されましたら、提出書類を郵送でご提出ください。
    ~2016年11月29日(火)締切(当日消印有効) 書類提出は締め切りました。
受験資格

次の1と2の条件をすべて満たす者とする。

1. JSTQB認定テスト技術者資格 Foundation Level資格の合格者

2. 業務経験3年(2016年11月22日の時点)以上(業務経歴申請書の提出あり)

注意事項
  • 「振込案内メール」記載の期日までにお振込がない場合には申込は無効になります。
  • お振込み後「受験登録完了メール」が届いた時点で初めて受験登録完了となります。
  • お振込後の受験の取り消しは受け付けません。返金もいたしかねます。
  • お支払い頂いた試験料は、当日受験されなくてもご返金は致しません。
  • 受験地域、受験者の変更はできません。
 
全体の流れ
 

Webページから申込。

(受験者)

 

Web登録受理メール

(自動返信)

※この時点では申込は完了しておりません。

 

書類審査通過者に振込案内メールを送信。

(日科技連 JSTQB受付)

※この時点では申込は完了しておりません。

 

振込案内メールに記載の振込先に試験料を入金。

(受験者)

※メールに記載の振込期日内にお振込みください。

 

振込から10日以内に受験登録完了メールを送信。

(日科技連 JSTQB受付)

※受験登録完了メールが届いた時点で初めて受験登録完了となります。

 

受験票と受験のご案内(会場案内図)を試験日の約3週間前に送付。

(日科技連 JSTQB受付)

 

試験日当日 受験票指定の会場にて受験

(受験者)

 

Webページにて合格発表

(試験日から3ヶ月以内)

 

合格者にのみ認定証・シールの送付

(合格発表から2ヶ月以内)

郵送にてお送りする関係資料
  • 受験のご案内(会場案内図)
  • 受験票

※受験登録完了された方に1/20に受験票等の関係書類を発送しました。
 1/30までに未着の方は至急、FL受付グループ(E-mail:fl-regist@juse.or.jp)までお問い合わせください。 
Web申込
申込期間

2016年10月20日(木)15:00~11月22日(火)15:00 申込受付は終了しました。

[ご注意ください]申込期間の延長はございません。

書類提出
書類提出期限

2016年11月29日(火)締切(当日消印有効) 書類提出は締め切りました。

日程
回数 試験日 開催地域
第1回 2016年2月13日(土) 札幌、東京、大阪
第2回 2017年2月11日(土) 札幌、東京、大阪

※ 募集開始のご案内はSQiPメールニュース(登録無料)にて配信させていただいております。必要に応じてご活用ください。
  登録はこちら

試験結果

JSTQB認定テスト技術者資格Advanced Level<テストアナリスト>第2回 試験結果

過去の合格結果はJSTQB公式Webサイト(http://jstqb.jp/)に掲載されています。

※ 受験時に氏名公開を希望された方のみ


お問合せ先

受付に関するお問合せ

一般財団法人日本科学技術連盟
AL受付グループ

TEL : 03-5990-5849
FAX : 03-3344-3022

試験に関するお問合せ

一般財団法人日本科学技術連盟
JSTQB資格試験担当

TEL : 03-5378-9813
FAX : 03-5378-9842

※ お電話でのお問合せは 9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)
戻る
資格試験
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.