ODC分析研究会/日科技連|ソフトウェア品質|SQiP研究会
日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > 研究会-ODC分析研究会
ODC分析研究会

設立主旨

日本の高い品質のものづくり文化を根底から支える品質管理や品質保証の分野において、検証結果の欠陥分析は重要な技術テーマです。旧来より品質管理において「欠陥」は、除去する対象だけでなく、品質の向上を実現する種として重要視されています。しかし欠陥分析は、日本の企業群や組織でさまざまな取り組みが行われている結果、統一された分析技法の定着を阻害しています。分析技法が標準化されていないことで、「欠陥」そのものでなく欠陥の除去技術や製品の品質評価方法などが組織の壁を越えて議論され難くなっています。これらを解決するためには、欠陥分析に関係する用語や欠陥を分類する属性を統一し、共通の言語で品質を語ることができる場を提供することが必要です。「ODC (Orthogonal Defect Classification、直交欠陥分類)分析研究会」は、企業や組織の枠組みを超えて欠陥分析の議論や研究を行い、その成果を、ものづくりを行う企業に提供し、日本の産業界の発展に貢献して参ります。

ODC分析研究会 会則

第3期 運営委員

(敬称略、順不同)

  • 委員長:佐々木方規 (株式会社ベリサーブ)
  • 委 員:小島 義也 (エプソンアヴァシス株式会社)
        杉崎 眞弘 (SUGIシステムズエンジニアリング)
        瀬能 芳幸 (キヤノン株式会社)
        武田 匡広 (オリンパス株式会社)
        西  康晴 (電気通信大学)
        森  龍二 (株式会社ベリサーブ)
第2期 研究活動報告会

日本の高い品質のものづくり文化を根底から支える品質管理や品質保証の分野において、検証結果の欠陥分析は重要な技術テーマです。旧来より品質管理において「欠陥」は、除去する対象だけでなく、品質の向上を実現する種として重要視されています。しかし欠陥分析は、日本の企業群や組織でさまざまな取り組みが行われている結果、統一された分析技法の定着を阻害しています。分析技法が標準化されていないことで、「欠陥」そのものでなく欠陥の除去技術や製品の品質評価方法などが組織の壁を越えて議論され難くなっています。これらを解決するためには、欠陥分析に関係する用語や欠陥を分類する属性を統一し、共通の言語で品質を語ることができる場を提供することが必要です。そこでSQiPではこの現状を鑑み、「ODC (Orthogonal Defect Classification、直交欠陥分類)分析研究会」を設立し、企業や組織の枠組みを超えて欠陥分析の課題、共通の課題の有無、欠陥分析のギャップなどについて1年間、議論や研究を行ってまいりました。
本研究活動報告会では、第2期の活動の成果を公開いたします。
参加費は無料、先着順で申込受付をいたします。下記要領によりお申込ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催要領
日時 2019年3月20日(水) 13:30~17:00(開場:13:00~)
会場 日本科学技術連盟 本部 ROOM-A
〒163-0704 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル4階
参加費

無料

定員 100名(事前登録制) ※申込は終了しました※
申込み

申込は終了しました

プログラム

※ 都合により、内容が変更になる場合がございます、あらかじめご了承ください。

時間 内容
13:30-13:40 事務連絡
13:40-14:00 第2期活動報告 ODC分析研究会活動サマリー 森 龍二 氏(株式会社ベリサーブ)
14:00-14:40

講演

「ODC分析の適用からえた気づき ~テスト工程からのアプローチ~」
佐々木 方規 氏(株式会社ベリサーブ)
テスト活動でODC分析を適用した結果から、気づきや効果、実際に活動したときのポイントを紹介します。
14:40-14:55

 活動報告(1)

「ソフトウェア品質シンポジウム2018併設チュートリアル「演習で学ぶODC分析の基礎と進め方」の開催報告」
小島 義也 氏 (エプソンアヴァシス株式会社)
ソフトウェア品質シンポジウム2018の併設チュートリアルにて、ODC分析に興味のある方、これから導入を検討している方などを対象に、講義と演習を実施しました。その内容紹介や当日の参加状況などをダイジェストでお伝えします。

休憩
15:10-16:40

 活動報告(2)~(4)

15:10-15:40 活動報告(2)
ODC分析 技術文書WG  杉崎 眞弘 氏 (SUGIシステムズエンジニアリング)
ODC分析について、考案された背景、分析技術コンセプトに始まり、分析手法、評価手法を事例を交えて解説する技術文書を作成したので、その内容について概説する。本書は、これまでODC分析に関するまとまった書籍がない中、試行を志す方々への参考書として、基礎知識、実践手法が学習できるようにまとめたものである。

15:40-16:10 活動報告(3)
ODC分析 教育ガイドラインWG  瀬能 芳幸 氏(キヤノン株式会社)
教育ガイドラインチームでは、そもそもODCはどう役立つのか、実際に現場に導入する際どの様な事に気を付ければよいのか、分類分析はどうすればよいのか、どう教育すればよいのかを検討した。議論の中で出た知見を教育ガイドライン(案)としてまとめたので説明する。

16:10-16:40 活動報告(4)
ODC属性 日本語適訳化WG  武田 匡広 氏 (オリンパス株式会社)
ODCの属性名およびその解説については、標準的な日本語訳が存在しない。
そのため組織により言葉の定義は様々であり、中には誤った解釈を採用している事例も見受けられる。日本語適訳化WGではこれら言葉の問題を解決するため、ODCの理念を表現しつつ、日本語として理解容易な対訳を検討したので、その結果を報告する。
16:40-17:00 クロージング  佐々木 方規 氏(株式会社ベリサーブ)
第1期
第1回例会開催・キックオフ!

2017年10月16日(月)に日本科学技術連盟・東高円寺ビルにおいて、各企業から総勢16名のメンバーが集まり、第1回例会を開催しました。

自己紹介に続き、いくつかのチームに分かれて、欠陥分析の課題、共通の課題の有無、欠陥分析のギャップなどについて意見交換を行いました。

今期は、ODC属性分析を利用して、ODC属性の研究会発信の標準策定をめざし、活動してまいります。


<第1期参加会社>13社(順不同)

アルプスシステムインテグレーション株式会社、アンリツエンジニアリング株式会社、
株式会社オープンストリーム、オリックス・システム株式会社、
カルソニックカンセイ株式会社、キヤノン株式会社、キヤノンITソリューションズ株式会社、
株式会社セゾン情報システムズ、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社、
株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ、ブラザー工業株式会社、楽天株式会社、
株式会社リコー テクノロジーセンター

アカデミックアドバイザ:西 康晴 氏 電気通信大学

~活発に意見が交わされました~
~第1期研究員・運営委員のみなさま、半年間よろしくお願いします~

第2期
2018年5月・キックオフ!
開催要領
参加対象
募集概要
  • 欠陥分析を用いた品質改善、プロセス改善でお悩みの方。
  • ODC分析を基礎からの理解を希望し、業務に適用を実施または検討している方。
  • 業務として参加できる方(研究会は平日就業時間内で実施しますが、必須ではありません)。

【参加条件】※下記「分析パターン」はODC分析研究会として公開します。
1)ODC分析に必要な欠陥情報を持ち寄れる方 (下記の注意事項も参照してください)
2)ODC分析研究成果としての分析パターンを提供していただける方


注意事項:
欠陥情報は、機密事項については必要ありません。
ODC分析を実施でき、ODC分析パターンを抽出できる要素のみ提供していただきます。

参加費 無料(ただし、研究会会場までの交通費、交流会費などはご自弁ください。)
活動について

2018年5月~2019年3月

  • 隔月・平日
  • 時間は13:30~16:30、3時間程度を予定。
開催場所 日本科学技術連盟 東高円寺ビル (東京都杉並区高円寺南 1-2-1)
募集人数

正会員を募集します、15名前後 (1組織からの参加は2名まで(運営委員を除く))

開催日 第1回 2018年5月16日(水)13:30~16:30(第2期キックオフ)、その後・交流会を予定
募集期間 2018年3月29日(木)~4月16日(月) 第2期の申込みは締め切りました
申し込み方法

ODC分析研究会会則」を必ずお読みいただき、主旨にご賛同いただけましたら、お申込手続きください。
お申込は、下記内容を明記の上、E-mailにて申し込みください。


件名:ODC分析研究会第2期参加申込
  1. 氏名
  2. 会社名
  3. 所属・役職
  4. 本研究会に参加し、研究されたいこと
  5. 本研究会に期待すること

※申込は先着順ではございませんが、募集定員になり次第、締め切らせていただきます。
※1組織からの申込が多数となった場合は、募集人数の都合により、調整させていただく場合がございます。

申し込み先 一般財団法人日本科学技術連盟 ODC分析研究会担当
E-mail:sqip@juse.or.jp
第2期 年間スケジュール(予定)

※ 原則として隔月/1回開催予定です。

回数 開催日 内容
第1回 2018年5月16日(水)13:30〜16:30(予定) 第2期キックオフ
第2回 2018年7月20日(金)13:30〜16:30(予定) 討議
第3回 2018年9月27日(木)13:30〜16:30(予定) 討議
第4回 2018年11月19日(月)13:30〜16:30(予定) 討議
第5回 2019年1月15日(火)13:30〜16:30(予定) 討議
第6回 2019年3月20日(水)13:30〜16:30(予定) 研究成果報告会


「ODC」については、以下のWeb資料をご参照ください

お問い合わせ
ODC分析研究会担当
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
戻る
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.