日科技連ホームページへ
SQiP研究会
SQiP研究会とはサイトマップお問い合わせ
ホーム > 研究会-ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質管理研究会 【SQiP研究会】2022年5月~2023年2月 ソフトウェア品質技術の領域を拡大し実践する一年
趣旨

2022年で38年目、歴史と伝統を誇る「ソフトウェア品質管理研究会」は、ソフトウェア品質管理への入門としての位置づけから、高い管理技術、開発技術を目指した議論・学習できる場として、幅広い要請に応える内容と斯界の第一人者を指導者として、高い評価を得ております。毎年、各企業からソフトウェア品質の向上を目指し、約100名を超える方々が参加されています。

特に、本研究会のメインの活動であります、分科会活動では、「問題発見」、「解決手段」、「実践」という3つの視点からソフトウェア品質技術を研究、調査、実践します。

ソフトウェア品質管理技術を、企業の枠組みを超えて交流させることにより、参加組織の、また、産業界の品質管理活動の改善・充実に貢献していきます。

ますます充実するソフトウェア品質管理研究会へのご参加をご検討ください。

 
【 職場での実践 】
  • 相談ができる(指導陣)
  • 心の支えになる(研究員)
  • 一生付き合える仲間(指導陣・研究員)
 
【 研究員の職場の問題発見 】
  • 最先端を知る(特別講義・指導陣)
  • 他社からの新たな視点(研究員)
  • 客観的な意見(指導陣・研究員)
【 解決手段 】
  • 専門的知識(指導陣)
  • 豊富な実践経験(指導陣)
  • 深く考える(指導陣・研究員)
第38年度(2022年度)本研究会は「Zoom」で開催します!

新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、ご派遣いただきます企業の皆様やご参加いただきます皆様が安心して本研究会で研究活動ができるよう、「オンライン(Zoom)」で開催をさせていただきます。

2020年からの2年間、オンラインで実施してきたノウハウをもとに、本研究会の更なる進化を目指して活動していきます。

継続参加はもちろん、これまで遠方等の理由により、派遣・参加が難しかった企業の皆様にも本研究会の良さを知っていただき、一緒に活動ができればと思いますので、この機会にぜひ、派遣・参加をご検討いただければ幸いです。皆様からのお申込み心よりお待ちしております。

※状況を踏まえて、集合形式で開催する場合もあります。

オンラインでのメリット

❶様々なツールを駆使し、「いつでも」、「どこでも」演習・研究活動ができる。
❷これまで派遣・参加が難しかった方でも一緒に議論ができる。
❸対面と変わらず、斯界の第一人者から助言、アドバイスが受けられる。
❹定例会以外にも指導や議論のためのミーティングが実施できる。  …etc

使用するツール

▶︎ Zoom(必須)

本研究会では、特別講義、分科会活動ともにビデオ会議システム「Zoom」を使用します。事前にアプリケーションのインストール(※)をしていただき、テストサイトにて、スピーカーとマイクのテストを行ってください。


▶ メーリングリスト(ML)、Miro、Google Jamboard、Kintone 等

演習、研究活動を進めていく上で、各コースで準備するツールを使用します。具体的に使用するツールは、指導講師と参加者で相談の上、決定いたします。

(※)セキュリティの都合上、アプリケーションのインストールができない方でもブラウザ上で参加できますので、ご安心ください。
   ブラウザからの参加方法は、Zoomのヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
   また、お申込後にお渡しする「Zoomガイドライン」でもご確認いただけます。

「開催レポート」OPEN DAY - 派遣・参加の不安は期待へ、疑問は確信に変わる!

- 企業・組織の教育担当者、派遣を決定する管理者の方々、
本研究会にご興味をお持ちの方に向けた一大イベントです! -

ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)は、日本で唯一のソフトウェア品質管理全般を扱う研究会です。毎年、「ソフトウェア開発の現場を活性化させたい」、「ソフトウェア品質を向上させたい」、「最先端の品質技術を習得したい」といった技術者、約100名にご参加いただいております。本研究会での活動を皆様に知っていただくべく、毎年、特別企画『OPEN DAY』を開催しております。

当日、ご都合が悪く、出席できなかった方向けに、昨年度撮影いたしました各コース紹介動画を公開しておりますので、ぜひ、下記、申込ボタンをよりお申込ください(閲覧無料)。

なお、次年度本研究会のお申込開始は、2022年1月下旬を予定しております。ぜひ、動画をご覧いただき、派遣・参加のご検討ください。

動画公開中!
期 間 2021年11月~2022年4月中旬(予定)※
公開内容 各コースの活動紹介動画(全11コース)
閲覧料 無料
対 象 各企業、組織の教育担当者、管理職の方々を中心に
・本研究会を社内の教育計画の一環として派遣をご検討されている方
・本研究会をよくご存じでない方
申込み

申し込み

※各コースの活動紹介動画は、2020年11月に作成したものとなります。分科会テーマ名、指導講師が変更になる場合がございます。

動画の閲覧方法

①上記申込ボタンより、必要事項をご入力の上、お申込ください。

②お申込後に届きます「自動返信メール」に記載のURLにアクセスいただきますと、各コースの活動紹介動画が閲覧できます。

③「自動返信メール」の情報は申込者限定となります。無断で転送、共有は固くお断りいたします。

過去の講演者・講演資料公開中!

※講演者の所属・役職は、登壇時点のもの

テーマ:ソフトウェア品質:私たちがこれまでに為し得てきたことと、これから為すべきこと

講演者:野中 誠 氏
東洋大学 教授/ソフトウェア品質(SQiP)運営委員会委員長

テーマ:SQiP研究会の存在意義について「正統なソフトウェア品質エンジニアであるためにSQiP研究会に入るべき7つの理由」

講演者:鷲﨑 弘宣 氏
早稲田大学 教授/本研究会運営委員会副委員長/日科技連ソフトウェア品質委員会(SQiP)副委員長

テーマ:AIの品質問題、そこから考えるソフトウェア品質技術の深化

講演者:石川 冬樹 氏
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 准教授
先端ソフトウェア工学・国際研究センター 副センター長
機械学習工学研究会(MLSE) 主査
AIプロダクト品質保証コンソーシアム 副運営委員長)
本研究会「人工知能とソフトウェア品質」コース 主査

テーマ:セーフティ&セキュリティ入門 ~SQiP分科会活動から本がうまれた!~
講演者:金子 朋子 氏
国立情報学研究所 特任准教授/本研究会「セーフティ&セキュリティ」コース 主査

お問い合わせ
SQiP研究会担当
電話番号 03-5378-9813    ファックス番号番号 03-5378-9842    メール sqip@juse.or.jp
 
研究会
ソフトウェア品質管理研究会
ソフトウェア品質知識体系ガイド
ソフトウェア品質シンポジウム
ソフトウェア品質保証部長の会 10周年記念サイト
 
 
日本科学技術連盟

SQiPは、ソフトウェア品質管理技術・施策の調査・研究・教育を通じて、実践的・実証的な
ソフトウェア品質方法論を確立・普及することにより、ソフトウェア品質の継続的な向上を目指します。

 
 
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.