Mail News Archives
 検索
   
Mail News Archives
Union of Japanese Scientists and Engineers
1
 
SK

TQMと顧客満足と商品企画
<2017年12月18日>

1.顧客のニーズが見えない  商品開発がしづらい時代になっています。およそ20年前は、ものを作れば売れる時代であり、商品の問題や課題は、改善や改良によって解決、達成できていました。これにより、企業は売上を伸ばし…続きを読む

 
SQC

応答曲面法の注意点と多目的設計探査
<2017年11月28日>

実験計画法の手法である応答曲面法は、 ①応答曲面用実験の計画②応答曲面関数の導出③応答曲面関数を利用した最適解探索 という手法の体系です。①では、中心複合計画やD最適計画など、よく知られる直交表とは異…続きを読む

 
SQC

回帰分析の試用と使用
<2017年10月27日>

1、回帰分析はよく利用される手法だが注意が必要である。回帰分析は統計的手法の中で最もよく用いられるものの一つである。これは主に以下の目的で用いられる。*予測(知りたい値の把握)、*制御(望む値の実現)予測を目的に使用する…続きを読む

 
TQM

TQMによる営業プロセスの構造改革 トヨタホーム  後藤裕司常務に聞く(後編) <2017年10月20日>

(前編はコチラ)――TQM活動を進めていく「バイブル」とされるTSSの要点はなんですか。後藤:簡単にいえば、商談プロセスの標準モデルです。これさえあれば、若手の営業スタッフも自信を持ってお客様と商談できるレベルを目指しま…続きを読む

 
TQM

TQMによる営業プロセスの構造改革 トヨタホーム  後藤裕司常務に聞く(前編) <2017年10月20日>

​(聞き手は、ジャーナリスト伊藤公一氏)――トヨタグループにおける貴社の存在意義をどのように受け止めておられますか。後藤:当社の源流を遡ると1975年に新設されたトヨタ自動車工業(株)の住宅事業部に行き着きます。その後、…続きを読む

 
TQM

営業部門でTQMはどのように展開できるのか? アイホン 寺尾浩典常務に聞く(後編) <2017年10月11日>

​​(前編はコチラ)――貴社の唱える「物件受注プロセス管理」とはどのようなシステムですか。寺尾:これまでにも物件受注に役立てるためのシステムはありました。しかし、それはあくまでも見積りを作ったり、数字の集計や報告をしたり…続きを読む

 
TQM

営業部門でTQMはどのように展開できるのか? アイホン 寺尾浩典常務に聞く(前編) <2017年10月11日>

(聞き手は、ジャーナリスト伊藤公一氏)――貴社の主力商品のインターホンはそれを取り付ける住宅や施設の動きに左右されますが、昨今の市場をどう捉えていますか。寺尾:需給の面から見ると、新築マーケットは長期的に縮小していくでし…続きを読む

 
TQM

QCサークルリーダーやリーダー候補者へお勧め!-品質管理セミナー入門コースのご案内 <2017年10月02日>

今、まさにIoTやビッグデータのウェーブが職場や工場をも飲み込み、センサー機器やIT設備の向上により、リアルタイムで取れるデータの量が飛躍的に増加しています。これからのQCサークル活動では、QC七つ道具以外にも統計をベー…続きを読む

 
 
1
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.