Mail News Archives
 検索
   
Mail News Archives
Union of Japanese Scientists and Engineers
1
 
特集2

ソフトウェア品質-正統なソフトウェア品質エンジニアであるために <2017年03月17日>

■ソフトウェア品質管理研究会(SQiP研究会)に入るべき7つの理由「正統な」ソフトウェア品質エンジニアであるために何が必要でしょう?行き当たりばったりではなく実証済みで体系化された品質知識を備え、経験に裏打ちされて技術ス…続きを読む

 
SQC

IoT実現に必要なAI活用ツールとは -JAXAがロケットの診断作業に採用- <2017年03月15日>

 MTシステムはIoT、すなわちInternetofThings実現の手段として活用されています。IoTの目的はモノから得た情報をインターネットで繋ぎ、日常生活や生産活動の質を向上させることですが、そこではAI(人工知能…続きを読む

 
SQC

ポスト・データサイエンス時代
<2017年02月15日>

1ビッグデータは消えた?データサイエンスに最も関連の深い言葉はビッグデータでしょう。しかし最近,数年前と比べて劇的に見かけなくなりました。その代わりに出てきたのが人工知能やIoT,Industry4.0です。ビッグデータ…続きを読む

 
特集2

ソフトウェア品質-『上達の“科学”』とは
<2017年02月03日>

■上達の“科学”とは以前に『上達の法則~効率のよい努力を科学する~』という本を読んだことがあります。内容は、初級者→中級者→上級者とステップアップする方法について、科学的な裏づ…続きを読む

 
TQM

2017年度TQM/SQCセミナーガイドが完成しました
<2017年01月20日>

2017年度のTQM/SQCセミナーガイドが完成しました。以下のリンクからPDFファイルをダウンロードいただけますので、ぜひ2017年度の教育計画などにお役立てください。2017年度TQM/SQCセミナーガイド※上記リン…続きを読む

 
SQC

多目的設計探査の考え方 ―MRJに採用された最先端の設計開発手法とは?― <2017年01月20日>

東北大学流体科学研究所 所長 大林茂 1.データサイエンスと設計 データサイエンスの主な目的は,ビッグデータなどの理解,すなわち知識の獲得だが,モノづくりは,意思決定を重要な要素として含んでいる。古くから,知は…続きを読む

 
SQC

SEM(構造方程式モデリング)の活用 -中間特性を潜在変数化したモデルのご利益- <2016年12月19日>

 共分散構造分析あるいは構造方程式モデリング(SEM:StructuralEquationModeling)と呼ばれる分析法が普及し始めたのは1990年代半ば以降とすると、もう約20年も経過していることになります。とはい…続きを読む

 
SQC

開発上流には統計的品質のリテラシーが必須 ~品質管理(QC)検定1級合格体験記~ <2016年11月24日>

 日科技連主催の品質管理セミナー・ベーシックコース(QC検定1級レベル対応)の第127回(127BC、2015年5~10月)東京クラスを受講させていただきました。おかげさまで、初めての品質管理(QC)検定の受検で1級に合…続きを読む

 
 
1
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.