Mail News Archives
 検索
   
SQC(統計とビッグデータ)
1
 
SQC

応答曲面法の注意点と多目的設計探査
<2017年11月28日>

実験計画法の手法である応答曲面法は、 ①応答曲面用実験の計画②応答曲面関数の導出③応答曲面関数を利用した最適解探索 という手法の体系です。①では、中心複合計画やD最適計画など、よく知…続きを読む

 
SQC

回帰分析の試用と使用
<2017年10月27日>

1、回帰分析はよく利用される手法だが注意が必要である。回帰分析は統計的手法の中で最もよく用いられるものの一つである。これは主に以下の目的で用いられる。*予測(知りたい値の把握)、*制御(望む値の実現)予…続きを読む

 
SQC

BC-News(4)-ベーシックコース講師からのメッセージ-
<2017年09月29日>

※当ページに掲載されている記事は、2007年から品質管理セミナーベーシックコースご卒業生に配信しているメールマガジン「BC-News」からの抜粋です。※各記事のご執筆者は、ベーシックコースご卒業後に当コ…続きを読む

 
SQC

椿 広計氏、永田 靖氏 対談:AI時代の管理技術のあり方を問う(下) <2017年09月26日>

◇ビッグデータで何ができるか永田:私は、実験計画法などを使ったオーソドックスな統計的品質管理活動に関わってきました。最近では非常に大きなデータ、いわゆるビッグデータへの対処を含めて、今後、どのようにSQ…続きを読む

 
SQC

椿 広計氏、永田 靖氏 対談:AI時代の管理技術のあり方を問う(上) <2017年09月22日>

◇解釈するのは人間永田:最近、AI(人工知能)やIoT、ビッグデータなどが流行になっています。これらを従来の管理技術あるいは情報管理システムにどのように組む込むことができるかが課題となっています。統計セ…続きを読む

 
SQC

QC入門コースからQCベーシックコースへのステップアップ <2017年08月04日>

 当社は、2013年からTQMを導入し始めて以降、「QC的ものの見方・考え方教育」および「QC手法の教育」を実施してきました。さらに、それらの教育の習得を確実なものにするため、60歳以上を除く社員全員が…続きを読む

 
SQC

“貴社に品質管理のエキスパートを!”
<2017年07月24日>

企業は人 企業を取り巻く環境は、内外ともに大きく変化しています。そのような中で、環境の変化に対応し、置かれた状況を分析し、さらに自らの強みを活かすように経営の戦略や目標を定め、その確実な実現に向け仕事の…続きを読む

 
SQC

ビッグデータ解析の世界へ -QC検定1級レベルからのステップアップ- <2017年05月23日>

 社外の方とお会いする際、私が所属しているZΣ推進部について、「ZΣとは何ですか?」とよく聞かれます。ZΣのZは弊社の社名からとり「ゼオン流」、Σは「足し…続きを読む

 
 
1
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.