Mail News Archives
 検索
   
SK/RE(企画・開発・信頼性)
1
 
SK

設計者の困りごと、 「DRBFMワークシートをどう書いたら良いか分からない」を解消するために <2022年04月14日>

なぜお客様に迷惑をかける品質問題を起こすのか? 技術の成熟期に入り、品質管理の面から完璧に近いシステムを持っているものの、依然として品質問題は発生しています。「一生懸命やっても成果が上がらない」 ・・…続きを読む

 
SK

【動画公開、講演資料ダウンロード】『信頼性試験を成功に導く3つの側面』 開催レポートのご案内 <2022年03月22日>

2021年10月7日(木)無料オンライン講演会『信頼性試験を成功に導く3つの側面』が開催されました。今回はZoomウエビナーにて、200名を超える多くの方々にご参加いただきました。なお、本講演は「信頼…続きを読む

 
SK

『未然防止手法DRBFMの“こころ”と実践的な進め方、書き方を学ぶ』 開催レポート <2022年03月16日>

2022年2月18日(金)無料オンライン講演会『未然防止手法DRBFMの“こころ”と実践的な進め方、書き方を学ぶ』が開催されました。今回はZoomウェビナーにて、800名を超え…続きを読む

 
SK

ブレークスルー発想を獲得するための最適アプローチ探索
<2021年11月18日>

私たちが解決すべき課題の中には、時に解決困難な矛盾(二律背反)を抱えるものがあります。そのような時には、その解決のための革新的な“ブレークスルー発想”が必要となります。しかし、…続きを読む

 
SK

未然防止とは ―vol.3ー:未然防止の考え方を問題解決に繋げる <2021年08月05日>

■未然防止の考え方を問題解決に繋げる 私たちはお客様や客先から不具合(品質問題)を指摘されると、自社の工程を見直して、決められた仕事が正しく行われていたのかどうかをチェックし、正しく行われていなかった…続きを読む

 
SK

開発段階で品質のばらつきをコントロールし、お客さまの満足を獲得する <2021年08月03日>

 製品品質について考えるとき、先ずは製品の故障、すなわち、使用中に壊れたり、機能を失ったりすることを防ぐ必要があります。そのために、私たちは、技術者としての知見や経験をもとに想像力を働かせながら、開発…続きを読む

 
SK

未然防止とは ―vol.2ー
<2021年07月30日>

 先回、未然防止はカップの黄色い部分の問題を発見することだと説明しました。カップの黄色い部分とは、お客様の期待と与えられた目標のギャップです。ここには設計担当者は気づいていないのですから、それに気づく…続きを読む

 
SK

故障解析-新たな産業改革対応と新製品開発に必須な故障解析技術ー <2021年07月21日>

■故障解析の価値ICTの発達により、逐一データ化し、そうしたビッグデータをインターネット等を通じて集約した上で分析・活用することにより、新たな経済価値が生まれています(第4次産業革命)。また、AIにビ…続きを読む

 
 
1
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2021 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.