Mail News Archives
 検索
   
Mail News Archives
Union of Japanese Scientists and Engineers
5
 
TQM

【12/9更新】2016年度 TQM・SQCセミナー日程/新規セミナー情報 <2015年12月09日>

「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますが、さりとてものごとの準備や予定は早めに進めておきたいのも事実です。日科技連でも、2016年度事業の開催に向けて、さまざまな準備が進められています。暫定版ではありますが、TQM・S…続きを読む

 
SQC

ビッグデータ時代におけるものづくり品質革新2 -デンソーにおけるデータサイエンス教育の実際- <2015年12月01日>

■デンソーにおける取り組みデンソーでは、異常検知は専門家の仕事であると割りきって、異常検知に取り組む技術者に対する専門家のサポートを強化するという方策をとっている。その一方で、やはり、技術者の要求であるデータ可視化や要因…続きを読む

 
TQM

企業の立場でTQM推進を思う―推進事務局の体験から―(4) <2015年11月24日>

今回は,TQM推進事務局のノウハウ・推進ツールのすべてを公開します。 ■全員参加の仕掛けを考える①何よりも全員参加です。そのための仕掛けをあれこれ考えます。 もちろんトップの並みならぬ決意と強固なリーダーシップ…続きを読む

 
SQC

ビッグデータ時代におけるものづくり品質革新1 -デンソーにおけるデータサイエンス教育の実際- <2015年11月06日>

■はじめに近年、各方面から注目を集めているビッグデータだが、現状はシステム的な側面だけが先行し、企業にとって投資に見合った成果を引き出しているかは疑問である。これは、解析者である「データサイエンティスト」と呼ばれる人材が…続きを読む

 
TQM

企業の立場でTQM推進を思う―推進事務局の体験から―(3) <2015年10月20日>

■TQM推進計画を具体化する①TQM導入の目的・目標をしっかり認識した推進計画が重要です。 目先のことに追われ,ともするとTQMのためのTQMになってしまいます。TQM活動を経営計画の中でしっかりと位置付けして,目的を失…続きを読む

 
SK

言語データの持つ可能性2
<2015年10月16日>

今日、「モノづくり」だけでなく「コトづくり」が重要だと言われてきています。単にいいモノ、いいサービスは世の中にあふれており、改善により品質(当たり前の品質)向上をしても他社との差別化が難しくなってきています。このような時…続きを読む

 
特集1

開催レポート:「未来の顧客価値」を起点にした新製品・サービス開発手法セミナー <2015年10月09日>

去る2015年10月2日(金)、『「未来の顧客価値」を起点にした新製品・サービス開発手法セミナー』が開催されました。本セミナーは、製品・サービスのコモディティ化、価格に争点を置くことによる競争激化などの状況を受け、新しい…続きを読む

 
SK

製品のデザインプロセスをデザインする
<2015年10月09日>

日本では、「デザイン」という言葉に対して、物の造形・形状や色彩などを作り込むこと、というイメージが強かったと思われます。たとえば80年代には「DCブランド=Desiner's&Character'…続きを読む

 
 
5
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.