Mail News Archives
 検索
   
Mail News Archives
Union of Japanese Scientists and Engineers
5
 
SQC

実験計画法の実践
<2016年02月10日>

いままで自分の仕事に実験計画法を使ったことがありますか?それはどんな場面で使いましたか?その結果、どんな成果、或いは失敗を経験しましたか?そういった今までの経験を思い浮かべた時、意外と『勉強したことが実務に活きていない!…続きを読む

 
TQM

企業の立場でTQM推進を思う―推進事務局の体験から―(6) <2016年01月26日>

■方針管理の仕組みを強化する①方針管理の重要性を再認識し,その強化に取り組めるようにします。 方針管理とは「経営基本方針に基づき,長(中)期経営計画や短期経営方針を定め,それらを効率的に達成するために,企業組織全体の協力…続きを読む

 
TQM

2016年度TQM/SQCセミナーガイドが完成しました
<2016年01月15日>

2016年の仕事始めから2週間が経ち、皆様のお仕事も落ち着かれてきたのではないかと思います。日科技連におきましても、2016年度に向けての準備が進んでおります。今回は、2016年度版TQM/SQCセミナーガイドが完成いた…続きを読む

 
SQC

「グラフィカルモデリングとは?」 -観察データから因果関係を探索する方法- <2016年01月12日>

グラフィカルモデリング(GM)とは、変数間の因果関係を探索する分析手法です。要因から特性への因果関係を把握するためには実験(とくに実験計画法)が王道です。しかし、実験が困難な場合、あるいは実験の前段階の検討を行いたいとい…続きを読む

 
TQM

企業の立場でTQM推進を思う―推進事務局の体験から―(5) <2015年12月21日>

■よい結果を思い描けるようにする①推進計画で決定した「TQM重点活動」を具体的にイメージできるようにします。 TQMは全員参加の活動です。各部門の一人ひとりが「よい結果を思い描ける」ようにします。 TQM推進の目的と目標…続きを読む

 
SK

商品企画にブレークスルーを生む「仮説」×「統計」
<2015年12月18日>

■1.ユーザーは、自分が欲しいものを知らない? 「ユーザーを調査しても、同じような意見ばかりでヒットにつながらない」といった経験はないでしょうか?たしかにユーザーニーズは重要ですが、ユーザーが「自分のニーズすべてを明確に…続きを読む

 
TQM

【12/9更新】2016年度 TQM・SQCセミナー日程/新規セミナー情報 <2015年12月09日>

「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますが、さりとてものごとの準備や予定は早めに進めておきたいのも事実です。日科技連でも、2016年度事業の開催に向けて、さまざまな準備が進められています。暫定版ではありますが、TQM・S…続きを読む

 
SQC

ビッグデータ時代におけるものづくり品質革新2 -デンソーにおけるデータサイエンス教育の実際- <2015年12月01日>

■デンソーにおける取り組みデンソーでは、異常検知は専門家の仕事であると割りきって、異常検知に取り組む技術者に対する専門家のサポートを強化するという方策をとっている。その一方で、やはり、技術者の要求であるデータ可視化や要因…続きを読む

 
 
5
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.