事業詳細
セミナー
ライブ配信

設計開発における不具合未然防止のための知識活用セミナー

不具合発生メカニズムに関する知識マネジメントを実践的に学ぶ!

セミナー概要

製品や工程の設計ミスによるトラブルに対して、その未然防止がうまくいかない理由として、組織が保有する過去の経験や情報が、設計に再利用可能な知識になってないことや、忙しい現場業務において、知識を活用した効果的な未然防止活動の仕組みや、FMEA・FTAなどの信頼性手法がうまく組み込まれていないことが挙げられます。
本セミナーでは、ストレス-ストレングスモデル(SSM)という不具合に関する知識の構造化表現モデルを用いて、不具合事例、試験・解析報告書などに眠っている失敗経験や情報を構造的・体系的に知識化し、その知識を設計現場におけるトラブル未然防止活動に効果的に活用する手法を具体的にわかりやすく説明します。

特徴

● SSMを用いた知識の整理・活用方法について解説します。
● 実際の設計現場におけるSSM実践事例を紹介します。
● 基本演習、本格演習を通じて、知識の整理・活用方法やトラブル未然防止手法を理解できます。
【ライブ配信セミナー】とは 講義等を個人PC向けに配信する形式で開催するセミナーです。
スマートフォン、タブレットでの参加も可能です。

■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。  
 https://zoom.us/test  
 *開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。

「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。

開催概要

対象 対象階層:一般~役員 /  対象部門:設計・開発、技術、品質管理など
会場 ライブ配信
講師 田村泰彦((株)構造化知識研究所)ほか
参加費 賛助会員 66,000円
一般 73,700円
※税込み

カリキュラム

2日間コース

日程 内容
第1日
9:30~18:00
■午前
・再発防止・未然防止活動の現状
・不具合に関する設計知識とその運用モデル
・構造化知識の整理方法
 ( 知識の再利用性とは、SSM・因果連鎖構造とは何か、製品設計・工程設計向けの
  知識具体例)

■午後
・構造化知識の活用方法
 ( SSMを用いたトラブル予測・未然防止の方法、再発防止チェックリストへの活用、
  FMEAへの活用、FTAへの活用)
・構造化知識マネジメント実践例の紹介
・SSM基本演習
 ( 不具合の要約文からのSSM知識作成)
第2日
9:30~16:30
■午前
・構造化知識の整理方法
 ( 不具合事例やFT図からSSM知識を整理する方法)
・SSM基本演習
 ( SSM知識の誤文訂正、FT図からのSSM知識作成)

■午後
・ SSM本格演習
 ( 製品設計・工程設計の不具合事例を題材にしたSSM知識作成デモおよび演習)
・総合質疑応答とまとめ

日程

回数 開催日 開催地 申し込み状況
第1回 2024年 7月 4日(木)~ 5日(金) ライブ配信 受付中
第2回 2025年 2月 6日(木)~ 7日(金) ライブ配信 受付中

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

お申込みに関してのお問い合わせ先

ページトップ