事業詳細

お申込み

セミナー

ヒューマンエラーの原因分析と対策法実践セミナー
第1回開催形式をライブ配信に変更しました

旧称:あらゆる現場で役立つヒューマンエラーの原因分析・対策法セミナー
13の心理メカニズムで解き明かす!

ヒューマンエラーは原因があるからこそ発生します。その発生メカニズムを理解して、原理原則に沿って対策をしていけば、それほど難しい問題ではありません。ただ、エラーの発生原因と考えられる現象がすぐに消滅しやすいことと、発生させた作業者がそれを隠すことなどから原因究明を難しくしています。そこで人間の心理作用に重点を置いたヒアリング手法を使っての現状把握がとても重要になります。
各種の演習を通じてヒューマンエラー対策になれていただくことが研修の目的です。

特徴

● 人起因のミス原因を究明する新しい考え方(13の心理メカニズム)を提案します。
● 実例をもとにしたケーススタディ(グループ演習)で、ヒューマンエラー対策の基本的な考え方を習得します。
● 自社の事例で「ヒューマンエラー対策書」を完成させます。

*テキストは『あらゆる職場ですぐに使える人為ミス未然防止手法 A-KOMIK』(日科技連出版社発行)を使用します。

【ライブ配信ご参加にあたってのお願い】
■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。
 https://zoom.us/test
 *開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■当コースはグループディスカッションを実施いたします。ご参加の際は、カメラ機能付のPC(外付けのカメラでも問題
 ありません)のご利用をお願いいたします。

「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
対 象
全業種・全部門で人為ミスの発生にお悩みの方
会 場
ライブ配信
講 師
実践・指導経験豊富な講師が指導にあたります
参加費
64,625円(一般)/ 56,925円(会員)*税込

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:30~17:00
■午前
【講義】事例を通じてヒューマンエ
ラーの知識を深めていただきます。
・発生頻度の高いヒューマンエラー
・なぜ発生するか
・原因究明のやり方

■午後
【講義】
・13の心理メカニズムの解説
・ヒューマンエラー対策のヒント
【演習】
・ヒアリング3つの話法のビデオ学習
・2人1組でのロール・プレイング実習
第2日
9:30~17:00
■午前
【演習】
・各自持ち寄った事例を使っての
ヒアリングシート作成
・ヒアリングによる原因究明の実際

■午後
【個人演習】
各自の事例で実際に「ヒューマンエラー対策書」
を完成させていただきます。

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2022年 5月 19日(木)~ 20日(金)
開催形式をライブ配信に変更しました
ライブ配信
締切
第2回
2022年 6月 21日(火)~ 22日(水)
ライブ配信
締切
第3回
2022年 10月 12日(水)~ 13日(木)
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]QCサークル/未然防止・再発防止/ライブ配信

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター QCサークルグループ(QCサークルセミナー関係)
TEL:03-5378-9816/FAX:03-5378-9842 E-mail:qccsemi@juse.or.jp
大阪事務所
 TEL:06-6341-4627 FAX:06-6341-4615 E-Mail:juseosaka@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中