事業詳細

お申込み

セミナー

PS/PLマネジメントコース
マネジメント教育に活用いただけます!
自社の製品安全を他人事にしない人材を育てる!
PL対応からPSシステム構築までを2 日間で学ぶ

PL訴訟および製品のリコールは企業経営を脅かす大きなリスクです。
当コースは、PLおよび安全・環境に対する社会的責任(CSR)の確保や社内管理体制の整備・確立、安全性品質保証活動を推進するためのPS(製品安全)・PLなどの考え方や対応方法を理解する人材育成コースとして、時代とともに変わる判断基準にいかにして対応するか、消費者保護の観点から対策を考えます。

特徴

● PL法、改正民事訴訟法、製品安全に関する基礎的事項を、経験の少ない方でも法律面から技術面まで十分理解できるよう
  にわかりやすく講義・解説を行います。
 ・PL問題の重要性と法律の理解
 ・最近の欧米の動向、代表的裁判例の紹介と解説
 ・クレーム・訴訟への対応
● 製品安全を実施するための企業の取り組み
 ・安全の概念の変化
 ・リスクアセスメントの導入
 ・PSマネジメントシステムの構築
● PL 対応からPS システム構築まで、トータルで学べます。

【ライブ配信ご参加にあたってのお願い】
■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。
 https://zoom.us/test
 *開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。

「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
対 象
製品安全・製造物責任に関わる法務、総務、保険、営業、顧客担当苦情処理、企画、設計、開発技術、品質管理・品質保証、製造、購買・調達などの管理者・スタッフ・マネージャークラスの方
会 場
ライブ配信
講 師
阿部道明(中央大学法科大学院)
松本浩二(製品安全コンサルタント)
杉山明久(元 ヤマハ発動機(株))など
参加費
51,700円(一般)/ 44,000円(会員)*税込

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:20~17:30
■午前
製造物責任(PL)
 ・PL法理論

■午後
製造物責任(PL)
 ・主要各国のPL判例と訴訟防御策
 ・社内システムにフィードバックするための判例分析
第2日
9:30~17:00
■午前
製品安全(PS)マネジメントの概要

■午後
PSマネジメントシステムの構築

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2021年 10月 4日(月)~ 5日(火)
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]信頼性・保全性/製品安全・リスクアセスメント・R-Map/ライブ配信

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中