事業詳細

お申込み

セミナー New!

アサーティブ・コミュニケーションセミナー

仕事を進めていく過程で、なぜ障害や軋轢が生れるのでしょうか?コミュニケーションの障害から解き放たれ、仕事に楽しさを盛り込むにはどうすればよいのか?様々な価値観、文化的背景が異なる人と接する機会が多くなる中で、アサーティブネスな文化を醸成していくことが不可欠となっています。Assertive-発展的・協調的自己主張は、これからのビジネス・パーソンに必修のコミュニケーションスタイルです。相手を否定することなく自分の意見を通す。相手に押し切られることなくきちんと受け止める。互いにメリットの力強い“Win-Win コミュニケーション力”を身につけ、仕事そのもののスキルアップを目指します。

特徴

● アサーティブとアグレッシブ(攻撃型)とパッシブ(受身型)の違い、アグレッシブ過ぎることの弊害、パッシブ過ぎる
  ことの弊害について確認します。
● アサーティブ-正しい自己主張の意味を理解し、自分の特徴を活かした話ができるようになります。
● 相手の立場を考えたうえで、自己アピールできる、建設的なフィードバックができる、NOと言えるようになります。

【ライブ配信へのお申込みに関する注意事項】

■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。
 https://zoom.us/test
 *セミナー当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。

■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
■当コースはグループディスカッションを実施いたします。ご参加の際は、カメラ機能付のPC(外付けのカメラでも問題
 ありません)のご利用をお願いいたします。


*「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
対 象
全ての階層、会議や討議から生産性の高いアウトプットを必要とする方
会 場
ライブ配信
講 師
大串亜由美((株)グローバリンク)
参加費
46,200円(一般)/ 42,900円(会員)*税込

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:30~17:00
■午前
1.はじめに
  研修の目的/各自の目標設定
  いまなぜアサーティブか

2.アサーティブ・コミュニケーションの基本
  こんなときどうする(ケーススタディ)
  攻撃的過ぎる/受身的過ぎることの弊害
  アサーティブの基本的特徴
  アサーティブ-基本の4つのポイント
  言語/非言語コミュニケーションヒント
  アグレッシブ、パッシブとの違い

■午後
3.アサーティブ実践コミュニケーション
 ⑴ 建設的なフィードバック
 ⑵ Win-Win の自己アピール
 ⑶ NO と言う

4.まとめと今後のアクション
  早速実行すること / 早速やめること
  Q&A

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2021年 6月 17日(木)
開催形式がライブ配信に変更になりました
ライブ配信
第2回
2021年 9月 14日(火)
開催形式がライブ配信に変更になりました
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]現場力向上

問い合わせ先

問い合わせ先

大阪事務所
 TEL:06-6341-4627 FAX:06-6341-4615 E-Mail:juseosaka@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中