Mail News Archives
 検索
   
  • 官能評価セミナー
  • 新QC七つ道具セミナー
  • 品質管理セミナーベーシックコース【QC検定1級レベル対応】
  • 品質管理セミナー入門コース【QC検定2級レベル対応】
1
 
SK

未然防止とは ―vol.2ー
<2021年07月30日>

 先回、未然防止はカップの黄色い部分の問題を発見することだと説明しました。カップの黄色い部分とは、お客様の期待と与えられた目標のギャップです。ここには設計担当者は気づいていないのですから、それに気づく、発見するというの…続きを読む

 
SK

故障解析-新たな産業改革対応と新製品開発に必須な故障解析技術ー <2021年07月21日>

■故障解析の価値ICTの発達により、逐一データ化し、そうしたビッグデータをインターネット等を通じて集約した上で分析・活用することにより、新たな経済価値が生まれています(第4次産業革命)。また、AIにビッグデータを与える…続きを読む

 
SK

未然防止とは ―vol.1ー
<2021年07月09日>

 未然防止という言葉は、品質の世界でも普通に聞かれるようになりました。 しかし、その定義はまちまちです。ある人は品質のマネジメントをしっかりやることだったり、他の問題にも適用できる再発防止を考えることだったり、定義する…続きを読む

 
SQC

回帰分析の活用と勉強方法
<2021年07月07日>

統計手法でよく使われるものは以下の3つの手法です。 1)t検定(2つの平均値の差の検定)2)分割表のχ2乗検定3)回帰分析3つ目の回帰分析は実験データの解析にも調査データの解析にも適用可能な方法で、非…続きを読む

 
SK

DRレビューア育成のすすめ
<2021年07月02日>

DRレビューア育成のすすめ~レビューアのマインドセットを変えて       設計エンジニアの育成と設計品質の向上に貢献しよう~設計品質を維持向上するためには、品質や信頼性を作り込む固有の技術が必要です。それをしっかり全…続きを読む

 
SQC

マハラノビス・タグチ(MT)システムの考え方とは?
<2021年05月14日>

人工知能を実現する手段には、深層学習に代表される人間の脳機能を模擬する方法のほか、相関や標準偏差を利用する方法があります。MTシステムは後者の方法で、ものづくりの現場で特に活用され、深層学習では得られない利点が再発見さ…続きを読む

 
SK

信頼性試験-イノベーションを引き起こす新製品を上市する為の信頼性検証技術- <2021年05月11日>

■価値の基盤としての「信頼性」IoT,自動運転,インダストリー4.0等,世の中の価値が大きく変革していく中でも,企業が社会に提供する価値に品質・信頼性が必須であることは間違いありません.但しそれらの価値に必要な品質・信…続きを読む

 
SQC

いまさら聞けない「機械学習」とは
<2021年05月11日>

ーAI(人工知能)、機械学習、ディープラーニングの関係を 正しく理解し評価しようー 昨今、テレビやニュースで聞かない日はない「AI」について、皆さんはどれぐらい知っているでしょうか?まずAIとは何の略なのかご存知でしょ…続きを読む

 
 
1
 
ページトップへ戻る
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2021 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.