事業詳細
セミナー
ライブ配信

薬剤疫学セミナー

薬剤疫学の基本から専門までを学ぶ本格セミナー

セミナー概要

協力:NPO 日本医薬品安全性研究ユニット

医薬品の開発・審査・製販後の調査に薬剤疫学の果たすべき役割が増しています。医薬品の有効性と安全性の評価のために欠くべからざるものとなっています。介入的な臨床試験とともに医療行為に介入しない観察的な疫学研究を適切に実施することがますます重要になりつつあります。疫学的調査、特に「比較」を伴う調査では、交絡やバイアスの可能性を適切に考慮したうえで、調査を計画・実施・解析・評価する必要があります。医薬品の開発・審査・製販後の安全性監視を含む調査に関与する方にとって、薬剤疫学は避けて通れないものとなっています。

当セミナーは、薬剤疫学を系統的に学ぶことができます。企業の医薬品の製販後安全性部門・統計解析部門の方、大学等の教育機関で臨床薬学・社会薬学を担当する方などにご参加をおすすめします。

特徴

● 薬剤疫学研究や調査のデザインを提案できる人材を育成します。
● 毎月2日間×5ヵ月間の開催で、基礎から体系立てて学べます。
● 「医薬品リスク管理計画(RMP)」策定に役立ちます。
● ベネフィット・リスク評価への応用が可能です。
● 「育薬」の基盤となる調査研究への応用が可能です。
● 「産官学」の参加者が討論する貴重な場が提供され、人的ネットワークが広がります。
● 予備コース「統計・疫学の基礎」では、本コースを学ぶうえで最低限必要な基礎知識を本コース受講前に学べます  
(予備コースのみのご参加も可能です)。
【オンライン配信セミナーご参加にあたってのお願い】

■本セミナーでは、ビデオ会議(遠隔会議)システム「Zoomミーティング(以下Zoom)」を使用します。
■申込前に、下記の視聴サイトで、映像・音声が再生されるかを確認してください。  
https://zoom.us/test  
*上部の「オンラインセミナー受講手順書」にてZoomおよびMS365(アンケートフォーム、データの授受に使用)に接続できるかご確認ください。Zoomは必ず最新バージョンにアップデートしてください。  
*セミナー当日に視聴できない、利用できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
■本セミナーでは、講義資料(モノクロ印刷)を事前に参加者に送付します。お申し込みの際「参加者情報入力画面」 において、資料の送付先(勤務先または自宅)を必ずご記入ください。なお、ご参加者様のE-mailアドレスは必ずご入力ください。
■本セミナーは、基本的にライブで配信いたしますが、講師都合により録画を配信する場合がございます。
■本セミナーは、見逃しアーカイブ対象外です。
■本セミナーは、修了基準に達した方には、終了後に修了証書を発行いたします。

「参加に関するお願い事項」についてご一読ください。

申込締切 2022年5月2日(月)

関連セミナー
▶ リアルワールドデータ観察研究セミナー
▶ 薬剤経済学セミナー

開催概要

対象 製薬企業の医薬品の製販後安全性部門・統計解析部門の方、6年制になった薬学系教育機関で臨床薬学・医薬品情報学を担当する教官、その他、薬剤疫学に関心を持つ製薬企業・CRO、アカデミア
会場 【本コース・予備コース】オンライン配信セミナー
講師 久保田 潔(NPO日本医薬品安全性研究ユニット)他、斯界の権威ある経験豊富な講師が指導にあたります
参加費 【本コース】*定員:40名
308,000円 円(一般)
275,000円(会員)
179,300円(大学・公的研究機関等)
【予備コース】 33,000円(共通)
【予備コースのみ参加】 38,500円(共通)
*参加費はすべて税込です。

カリキュラム

予備コース 2日間
本コース 10日間(2日間×5ヵ月)

日程 内容
予備コース
第1日 9:15~16:30
第2日 9:30~16:30
【予備コース】統計・疫学の基礎
イベント発生頻度の指標、曝露効果の指標、統計的推測の基礎、回帰モデル入門
第1月 新GPSP下におけるファーマコビジランスと薬剤疫学、コホート研究、データベースを用いた糖尿病の薬剤疫学・臨床疫学研究、ワクチンの薬剤疫学
バイアスと交絡(1)、症例対照研究、症例対照研究(事例)、ファーマコゲノミクス入門、文献の批判的吟味(GD1説明)
参加者自己紹介
第2月 MID NET の概要と SS-MIX を使う市販後調査の可能性、バイアスと交絡(2)、企業における薬剤疫学、データベース研究におけるレコードリンケージとバリデーションスタディ
コホート研究・症例対照研究の解析、メタアナリシス
文献の批判的吟味(GD1)
第3月 イギリスのCPRD を用いた薬剤疫学研究、ハイブリッドデザイン、
バイアスと交絡(3)、文献の批判的吟味(GD2)

【特別講義】 Prof. K. Arnold Chan( National Taiwan University ) *逐次通訳付
・Effectiveness, Safety, and Value
・Real World Data / Real World Evidence
・Safety Signal Detection and Refinement
・Risk Management and its Effectiveness
・Mainly using studies of oral anti-coagulants as examples
-Benefit-Risk Assessment
第4月 日本のRWD(データベース)研究について ―アメリカでのRWD(データベース)研究の経験から―、架空の薬に関するSafety Specification、セルフコントロールドデザイン、薬剤疫学研究のデザイン
関節リウマチにおける生物学的製剤の薬剤疫学、Prevalent New User Design、National Clinical Database
文献の批判的吟味(GD3)
第5月 薬剤疫学データ解析上の留意点、Safety Specification から研究デザインへ(GD)、終了交流会

日程

回数 開催日 開催地 申し込み状況
第17回
本コース
第1月 2022年6月16日(木)~17日(金)
第2月 2022年7月14日(木)~15日(金)
第3月 2022年9月8日(木)~9日(金)
第4月 2022年10月13日(木)~14日(金)
第5月 2022年11月24日(木)~25日(金)
オンライン配信 締切
第17回
予備コース
+本コース
予備 2022年6月2日(木)~3日(金)
第1月 2022年6月16日(木)~17日(金)
第2月 2022年7月14日(木)~15日(金)
第3月 2022年9月8日(木)~9日(金)
第4月 2022年10月13日(木)~14日(金)
第5月 2022年11月24日(木)~25日(金)
オンライン配信 締切
第17回
予備コースのみの参加
予備 2022年6月2日(木)~3日(金) オンライン配信 締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

お申込みに関してのお問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・信頼性・医薬統計グループ(医薬セミナー関係)
 TEL:03-5378-9851 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemedi@juse.or.jp

ページトップ