事業詳細

お申込み

セミナー

失敗学実践編セミナー
今までの原因分析と対策は間違っていた!
  • 参加者の声


様々な失敗や不具合、トラブルに対し、その解決策・未然防止策の一つとして注目されているのが、畑村洋太郎氏(東京大学名誉教授)の提唱された「失敗学」です。日科技連では、畑村氏とともに研究されてきた、当時東京大学大学院特任教授であった濱口哲也氏を講師として2007年に「失敗学と創造学セミナー」を開設しました。同コースは、失敗学の思考法が学べる講座として過去累積2,000名を超える参加者を誇る人気コースとなりました。一方、その間に、失敗学の思考法に賛同された企業・組織からの相談を受けて、濱口氏は様々な企業のトラブル事例分析の指導を実践され、指導を行う中で「多くの企業・組織において失敗分析がしっかりできていない」という実態がわかりました。そして、指導企業に対して、どのように指導したら理解してもらえるのか、どのように伝えたらより伝わるのかを常に考え、その結果を濱口氏は「失敗学実践編セミナー」にまとめました。
しっかりとした事例分析と再発防止のみならず、未然防止につなげられるようになりたい方におすすめのセミナーです。

特徴

● 失敗学の思考法を職場で実践するための具体的なアプローチ方法について学ぶことができます。
● 様々な事例紹介を通じて体験的かつ具体的に学ぶことができます。

【ライブ配信セミナー】とは
講義等を個人PC向けに配信する形式で開催するセミナーです。
スマートフォン、タブレットでの参加も可能です。
■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。    
  https://zoom.us/test
*開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
対 象
・失敗学の思考法を実践したい方、再発防止・未然防止をはかりたい方(業種・職種は不問)
・「失敗学と創造学セミナー」を受講し、失敗学の思考法の基礎知識を有している方の参加がより
 望ましく、教育効果は向上します。
会 場
ライブ配信
講 師
濱口哲也((株)濱口企画)
参加費
49,500円(一般)/ 41,800円(会員)*税込
失敗学と創造学セミナーとのパッケージ料金 86,900円(一般)/70,400円(会員)*税込
 パッケージの申込み書はこちら

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:30~18:00
■午前
失敗を分析するうえでの重要な基本的考え
失敗学のエッセンス

■午後
失敗の構造と分析方法
再発防止と未然防止のフレームワーク

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2022年 6月 27日(月)
ライブ配信
第2回
2022年 9月 13日(火)
ライブ配信
第3回
2022年 10月 24日(月)
ライブ配信
第4回
2023年 3月 9日(木)
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]未然防止・再発防止/ライブ配信

問い合わせ先

問い合わせ先

第1回、第3回~第4回
品質経営推進センター 品質経営・SQiPグループ(TQMセミナー関係)
 TEL:03-5378-1213 FAX:03-5378-9842 E-Mail:tqmsemi@juse.or.jp
第2回
大阪事務所
 TEL:06-6341-4627 FAX:06-6341-4615 E-Mail:juseosaka@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中