事業詳細
セミナー
ライブ配信

実践!ソフトウェア品質向上のための原因分析セミナー

一歩先を行く原因分析と教訓の整理を学ぶ!

セミナー概要

当セミナーでは、ソフトウェア、ハードウェアという区分ではなく、担当業務によって適した原因分析方法が異なることを注意喚起し、原因分析技術の使い分けについて説明します。原因分析技術の基礎・基本から、障害発生など過去の体験をもとにケーススタディを行い、「技術的視点」と「マネジメント的視点」の2つの観点から再発防止策・未然防止策を探ることができます。

<関連セミナー>  
実践!管理者のためのソフトウェア品質マネジメントセミナー  
実践!プロジェクトマネジメントセミナー  
ソフトウェア品質技術者初級セミナー

特徴

● 分析する対象とその特徴、それに適した原因分析技術の種類(トラブルシューティング、なぜなぜ分析、プロセスネットワーク法(PNA法))と要点について説明します。
● 原因分析の基礎として、組織の知的財産の重要性、その蓄積と活用例について説明します。
● 学んだ手法をもとに個人演習、ケーススタディ(GD)を行い、原因分析技術を習得します。
● 原因分析技術をどのような場面で活用するかについて、議論、討論を行い、これからの業務に活かせるようになります。
【ライブ配信ご参加にあたってのお願い】

■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。  
https://zoom.us/test  
*セミナー当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■参加者情報入力画面において、資料の送付先として参加者の郵便番号、所在地、メールアドレスを必ずご入力ください。

*「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。

開催概要

対象 ・ 様々な原因分析手法の使い方にお困りの方
・ ソフトウェアならではの原因分析の進め方を学びたい方
・ 各分野におけるソフトウェア開発、システム開発の実務者・管理者レベルの方
・ 品質保証部門のリーダークラスの方
会場 ライブ配信
講師 金子龍三(元 日本電気(株))
田村泰彦((株)構造化知識研究所)
参加費 58,300円(一般)/ 50,600円(会員)*税込

カリキュラム

2日間コース

日程 内容
第1日
9:30~17:00
■午前
1.原因分析の基本
・対象とその特徴
・品質分類別原因分析対象領域
・原因分析の観点からのソフトウェアの特徴
・原因分析のステップ(基本)
・分析技法の使い分け

■午後
2.なぜなぜ問答の技術
・トラブルシューティング
・なぜなぜ分析

3.プロセスネットワークモデルを用いた原因分析法(PNA法)
・プロセスネットワーク分析法の開発経緯
・PNA法の概要
・PNA法事例
 ~目的達成型行動の場合~
 ~定常業務の場合~
 ~人の行動間違いの場合~
第2日
9:30~16:30
■午前
4.特別講義
・原因分析手法の進め方と原因分析手法の活用

■午後
5.ケーススタディ
・銀行システムのトラブル事例を題材に、原因分析を行い、「技術的視点」と
 「マネジメント的視点」の2つの視点から再発防止策・未然防止策を考える。

6.原因分析手法のQ&A
・実例研究、質疑応答

7.実践例を用いてフォローアップセミナーのご紹介
・講師派遣型のオンサイトセミナー
・設計開発における不具合未然防止のための知識活用セミナー(SSM)など

日程

回数 開催日 開催地 申し込み状況
第1回 2022年11月7日(月)~8日(火) ライブ配信 締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

お申込みに関してのお問い合わせ先

品質経営推進センター 品質経営・SQiPグループ(SQiPセミナー関係)
TEL:03-5378-9813 FAX:03-5378-9842 E-Mail:sqip@juse.or.jp

ソフトウェア品質(SQiP)事業サイトはこちら

ページトップ