事業詳細

お申込み

セミナー New!

事業構造・技術構造変革に対応した、信頼性価値造り込みセミナー


現在IoT時代が到来し、自動運転の到来が近く、世の中が絶えず大きな変革を迎える中、既にしっかりとした既存事業を保有している大企業においても、生き残りのためには新規事業参入や、事業構造の変革等が必要と認識され、事実それに向けた活動が実行されております。このようなときは、あくまで基本に忠実に、信頼性造り込み技術と、それに伴う管理技術が必要不可欠であると考えております。勿論その際には、従来の信頼性技術概念を逸脱する必要な項目も多くあります。
本セミナーの前身である「製品開発における信頼性の向上と造り込みセミナー」は、約20年に亘って、皆様の好評を博してきました。このセミナーのコンテンツを、上記環境変化に鑑み、根本から見直したのが本セミナーです。このセミナーの詳細部の中には、現在でも皆様にとって有効なコンテンツを含んでおり、それらの内容は本セミナーの随所に位置付けられております。以下に内容概要を示します。
• 信頼性の基礎と信頼性目標値・プログラムの策定
• システム信頼性の基礎と信頼性技術
• IoT時代の電子デバイスモジュール技術
• EVへの変革に伴う信頼性技術
• 無線化に対応する鉄道信号の安全性・信頼性技術

新規事業や新規技術に対応する為の信頼性、特にシステムの信頼性の造り込みに関して、あらゆる側面から掘り下げてみますので、みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

特徴

対 象
製品開発における信頼性の造り込みを推進・実施している、または実施しようとしている管理者・
中堅技術者
*電子・電気系、機械系、部品メーカ・セットメーカに限らず、信頼性の造り込みに新たなアプローチを
 必要としている信頼性技術者、品質保証に携わっている技術者
会 場
ライブ配信
講 師
門田 靖((株)リコー)
澤田 昌志((株)アイシン)
森 昌也(日本信号(株))
参加費
リニューアル開催・特別価格 
一般・賛助会員ともに16,500円(税込)

カリキュラム


日程
内容
10:00~11:30
《第一部 信頼性の基礎とシステム化技術》
・ 第一章 信頼性・安全性の基礎と多様性
 信頼性及び安全性を考え、創り込むための基本を学んでいただきたいです。新製品を開発する
 技術者にとって,信頼性と安全性は同じステージにおいて創り込まれ,妥当性の検討が行われ
 ます。その中で信頼性と安全性の共通点と相違点をしっかり理解いただけるよう解説いたし
 ます。
    
・ 第二章 信頼性の仕様抽出と信頼性プログラム企画
 既存事業を長年実施していると、その都度寄せられる顧客要求に対応していれば、ついつい
 信頼性仕様や目標は、改めて議論する必要がない場合が多いかもしれません。しかし新規
 事業や事業構造の変革を起こすためには、信頼性仕様や目標をしっかりと考え直して進める
 必要があります。この章でしっかり再確認してみましょう。 
 
・ 第三章 システムの信頼性設計技術
 並列冗長等の手法は高信頼性化の為になくてはなりません。既にLSIでも判断や計算には並列の
 考えが採用されております。本章では冗長、保全、ヒューマンファクターズについて再確認
 いたしましょう。
12:30~16:30
《第二部 様々な分野におけるシステム化アプローチ》
・ 第四章 電子部品・モジュールのシステム化技術革新
 電子デバイスの分野においても、IoT、自動運転時代に向けた、各種エレクトロニクス技術の
 進展が 見られます。 そうなったとしても信頼性物理や劣化予測の基本は変わりません。 
 しっかりと基本を確認するとともに、近年発展が目覚ましいMEMSデバイスと電池について、
 考えてみましょう。

・ 第五章 自動車の信頼性技術変革(EVを見据えて)
 現在、自動車業界は、100年に1度の大変革期にあるといわれている。当社は自動車部品
 会社として、このように大きな変化に対応するため、グループ会社を巻き込んだ事業構造の
 変革、EV時代を見据えた製品開発ステップおよび設計の変革に取り組んでいる。具体的な
 取り組みとして電動車向け駆動装置eAxleを例に、技術・構造の変化や信頼性の造り
 込みの変化に対する課題と対応を概説する。

・ 第六章 鉄道信号システムの信頼性技術革新(無線式列車制御[CBTC]への移行)
 列車の衝突・脱線を防ぐ鉄道信号システムはこれまで、「軌道回路方式」と呼ばれる有線式
 が主流であったが、近年海外を中心に「無線式列車制御[CBTC]」 に移行しつつある。これ
 は地上設備が列車との無線通信により列車位置を検知し速度制限を掛ける仕組みである。
 これによりハードウェアを大幅に削減でき、システムの安全性・信頼性や保守性が大きく向上
 している。本講座では、鉄道信号システムの階層構造、安全性と信頼性の考え方、従来式
 列車防護の仕組み、無線式の仕組みと種類、CBTCの利点・導入状況・課題点などを概説する。

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
1
2021年12月7日(火)
ライブ配信
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]信頼性・保全性

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中