事業詳細

お申込み

セミナー

モノづくりにおける問題解決のためのデータサイエンスベーシックコース
AI /ビッグデータ時代の品質管理教育

深層学習による人工知能の急激な進化は、検査の自動化などモノづくりの現場にも変化をもたらしました。これからの技術者は、人工知能がビッグデータを分析した結果を正しく理解する必要があり、ビッグデータの分析手法であるデータサイエンスは必修と言えます。
当コースでは、従来のSQC手法(仮説検定や重回帰分析など)がビッグデータの前では破綻していくことを解説したうえで、データサイエンス手法の優れた点を解説します。これにより、SQC手法のステップアップとしてデータサイエンスを学習できるとともに、両者の違いがイメージできるようになります。AI/ビッグデータ時代の品質管理教育として、おすすめのコースです。


▶ 2020年度レポートはこちら

特徴

● フリーソフト「R」を用いたビッグデータ解析演習を多数行います。演習データは提供します。
● ビッグデータの解析により、従来のSQC手法では解決できなかった慢性不良に対策がとれるようになります。
● 従来のSQC手法がとる「イベントドリブン」な解析方法に対する「データドリブン」な解析を学べます。
● 因子間の関連性を見る古典的グラフィカル・モデリングについて学び、それが破綻する様子、その対策としての
  グラフィカル・ラスーについて学べます。

【ライブ配信へのお申込みに関する注意事項】

■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下の視聴テストサイトで、映像・音声が再生されるかを確認してください。
 https://zoom.us/test
 ※セミナー当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。

■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
■本セミナーでは、講義資料を事前に参加者に送付いたします。お申し込みの際、「参加者情報入力画面」において、送付先は「勤務先」か「自宅」か、また、ご参加者様の〒、住所、E-mailアドレスは、必ずご入力ください。

「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
対 象
・ モノづくりに携わる実務者で、ビッグデータを業務に活用したい方
・ 製造業に携わる技術者で、自社のビッグデータの活用方法にお悩みの方
・ 前提知識として、大学教養程度の行列の知識、多変量解析(重回帰分析、主成分分析等)の概論程度の
  知識をお持ちの方
会 場
ライブ配信
講 師
吉野 睦((株)デンソー)他
参加費
157,300 円(一般)/ 143,000円(会員)*税込

カリキュラム

5日間コース(前期3日間・後期2日間)

日程
内容
前期
第1日
9:20~18:00
大学教養程度の行列の知識を前提として、古典統計論(積率、重回帰分析、主成分分析等)の最前線を学ぶ
第2日
9:30~18:00
■午前
今、なぜモノづくり企業でデータサイエンスが必要なのか?
・重回帰分析や仮説検定の破綻 ・次元の呪い ・汎化能力 
・過学習を防ぐストッピングルール、他

■午後
ビッグデータ解析に用いるツールの理解
・Rの操作法  ・データの可視化方法(密度プロット、複雑ネットワーク)
ベイズ理論の修得(生成モデルアプローチ)、他
第3日
9:30~18:00
■午前
宿題解説、ベイズ理論の修得(続き)
・MCMCソフト(OpenBUGS)を用いて、ディレクレ分布を使ったノンパラベイズまで学習

■午後
分類器・識別器
カーネルトリック(識別モデルアプローチ)
・1クラス・サポート・ベクター・マシン(排他識別)での工程異常検出
・カーネル主成分分析の鋭い識別能力を体験、他
後期
第4日
9:30~18:00
■午前
データ解析の準備であるデータクリーニングを考える
・外れ値等の前処理、ブートストラップ補間(再標本化)による量子化誤差の補正方法
・多項ロジット回帰による分離原因の究明、他

■午後
正則化回帰(スパースモデリング・罰則付き回帰)
・チコノフの正則化(リッジ回帰)、 L1正則化回帰(ラスー回帰)、クロスバリデーション、他
第5日
9:30~18:00
■午前
総合演習
古典的グラフィカル・モデリング,およびglasso(グラフィカル・ラスー)、他

■午後
さらに詳しく学ぶには、工程の異常検知の事例、総合質疑

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
前期 2021年 6月 21日(月)~ 23日(水)
後期 2021年 7月 26日(月)~ 27日(火)
ライブ配信
第2回
前期 2022年 1月 11日(火)~ 13日(木)
後期 2022年 2月 7日(月)~ 8日(火)
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]品質管理:手法/多変量解析法/実験計画法/ライブ配信

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(SQCセミナー関係)
 TEL:03-5378-1214 FAX:03-5378-9842 E-Mail:sqcsemi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中