Mail News Archives
 検索
   
SQC(統計とビッグデータ)
SQC

セミナーレポート:「ビッグデータ時代のデータリテラシー1日コース」<2021年04月02日>

2021年2月26日(金)に東京・日科技連・東高円寺ビルで「ビッグデータ時代のデータリテラシー1日コース」を開催しました。
本コースは、2020年12月11日にオンライン無料講演会で紹介された「新しいデータリテラシーの基礎を学ぶ ~個のデータから系を知る~」の内容について、“R”を用いて実際に手を動かしながら学習することができる講座です。

多数のご参加を賜りました本セミナーに、
品質管理セミナーベーシックコース講師の南 賢治氏が聴講されました。
ご寄稿いただきました受講レポートを公開させていただきます。

1.参加動機

 私はデータに基づく品質改善や品質管理全般の業務を担当しており、昨年12月に開催された吉野先生の無料オンライン講演会「新しいデータリテラシーの基礎を学ぶ ~個のデータから系を知る~」を受講させて頂いた際に共感することが多く、更に2月の本コースではより詳細をご紹介されるとのことでしたのでとても興味がありました。
 日頃から、データに基づく品質改善を行う際に、取り組む問題や扱うデータの背景について関係者と確認し合うと、「そもそも問題の本質は別のところにありそうですね」とか、「測定の信頼性が低く且つロットの代表とは言えるか不明なサンプリングによって得られた過去のデータでは、統計的な分析しても真の現状把握とはなりそうにありませんね」等々、問題やデータの背景を把握することの重要性について痛感していました。

 本コースではビッグデータ時代だからこそ注意すべきデータリテラシーについて、吉野先生より詳しくご紹介頂けるとのことでしたので、是非とも自社の取組みに活かしたいと考え受講させていただきました。
 
2.セミナー参加を通して
 冒頭、演習で使う“R”のインストールからコースが始まりました。リモート講義ということもあるのでしょうが、受講者によって会社のPC環境などで上手く“R”のインストールができない方にもチャット機能を使ってインストール時の悩み事を確認し、とても親切に指導していただきました。最終的に“R”のインストールができなかった受講者に対しても吉野先生の画面を通して“R”を使った演習の様子が分かるよう講義が工夫されていました。
 日科技連での集合研修であれば、予め用意されたPCを使うことで全く問題なく演習もできるのでしょうが、リモート研修ということもあり、冒頭から吉野先生の受講者への配慮や思いやりが感じられる講義でした。
また、演習に使う“R”のスクリプトも吉野先生が作成されてものを事前に各自に配布していただいており、初めて“R”を使う人でもスムーズに演習が行えるように工夫されていました。

 3章に分かれた1日コースの中で、午前中にじっくりと第1章の「背景を知る(Know)」について説明いただき、午後には第2章「データ可視化と理解(Understanding)」第3章「解析方針とデータ準備(Preparation)」について説明いただきました。
特に第1章の「背景を知る(Know)」では、本コースの主題でもあるビッグデータ時代のデータリテラシーを理解することが、如何に重要で必要なことであることかを事例と共に分かり易く説明いただきました。
 後半の第2,3章では、高度な手法の紹介もあり、私も含めて受講者によっては半日では十分な理解には至らない点も多く感じましたが、様々な手法の特徴について知ることができたことは1日を通して非常に有用な講義であると感じました。

3.コース内容の詳細
 時間割


<講義:第1章 背景を知る(Know)> <講義:第2章 データ可視化と理解(Understanding)> <講義:第3章 解析方針とデータ準備(Preparation)>
<最後に>
 本コースに聴講させていただきとても多くのことを学ばせていただき誠にありがとうございました。データ量の大小に限らず、統計ソフトにインプットすればある程度の知識があれば様々な可視化が容易にできるようになった昨今、そもそもインプットしようとするデータの背景にあるフレームまできちんと把握していなければ、求められる考察が大きく異なってしまうことを再認識することができました。
 今回配布いただいた講義資料は、吉野先生のご厚意により、本コースで得た資料であることを明記した上で社内研修資料としても活用させていただけるとのことでしたので、一人でも多くの人がデータリテラシーの理解不足による過ちを減らせるように活かさせていただきたいと思います。また、更に理解を深めて貰うためにも吉野先生から直接ご指導いただける本コースを社内関係者に是非紹介したいと思います。

 今日のビッグデータ時代の中で、データリテラシーについてモヤモヤするような問題意識をお持ちの方々には、吉野先生に直接ご指導いただける本コースはとてもお奨めです。

 

関連セミナー
 
戻る
Profile

南 賢治(みなみ けんじ)氏

略歴
1963年生まれ。1987年芝浦工業大学工学部卒業。同年日本発条株式会社入社。
技術本部 品質管理部 主査
主な担当業務
・データに基づく品質改善活動の推進
・品質管理に関する社員研修計画作成、教育実施
・自工程完結に基づくテーマ活動の推進
一般財団法人 日本科学技術連盟 品質管理セミナーベーシックコース東京幹事、講師
これならできる!慢性不良撲滅法 品質改善シナリオ“サザンフロー”の活用(共著:日科技連出版社)

関連記事
 
〈お問い合わせ先〉一般財団法人 日本科学技術連盟 品質経営研修センター 研修運営グループ
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 / TEL:03-5378-1213
Copyright © 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All rights Reserved.