事業詳細
大会・フォーラム・シンポジウム
大会・フォーラム

第15回 知識構造化シンポジウム

~製品・組織の壁を超えて進化する知識マネジメント~

日時:2023年9月15日(金) 13:30~17:00
【ライブ配信開催】

 

参加のお薦め

不具合情報・技術情報から知識を一般化・体系化し、再発防止・未然防止に有効活用するSSMによる構造化知識マネジメントは、多くの業種・企業で取り組まれています。導入企業では、製品や装置の設計、製造、工事、保守など様々な業務にSSM知識を活用し、デザインレビューの改善や、FMEA、チェックリストなどの手法の強化を図り、業務品質を向上させています。またこのような活動を通じて、社内の技術ノウハウを全社やグループ会社で共有し、不具合の未然防止や原因分析に活かすなど、知識の価値を高め、多様な組織の業務に役立てる活動も広がっています。

今回のシンポジウムでは、品質保証、設計開発などの部門が連携してSSM知識を運用し、不具合防止活動を強化している3社の取り組みをご紹介します。ぜひご参加ください!

*SSM(Stress-Strength Model:ストレス-ストレングスモデル)とは、トラブルの経験・ノウハウを広くトラブル未然防止に活用できるように、知識を構造的に表現するモデルです。 *本シンポジウムは実践に重点をおいた内容となっています。下記の書籍を事前にお読みいただくと、一層効果的です。

*こちらのウェブサイトでも、SSMの概要をご覧いただけます。
(株)構造化知識研究所


ライブ配信とは、ご参加いただく方のPCもしくはタブレット、スマートフォン等でシンポジウムの様子を映像で視聴しながら参加していただく形式です。詳細はこちらをご確認ください。
 
 

開催概要

テーマ
製品・組織の壁を超えて進化する知識マネジメント
日時
2023年9月15日(金) 13:30~17:00
参加費
4,950円(会員・一般とも)*税込み
後援
一般社団法人 KEC関西電子工業振興センター
株式会社日科技連出版社
一般財団法人 日本規格協会
一般社団法人日本自動車部品工業会
日本信頼性学会
一般社団法人 日本品質管理学会
  

問い合わせ先

問い合わせ先
品質経営推進センター 知識構造化シンポジウム担当
TEL:03-5378-1213 FAX:03-5378-9842 E-Mail:tqmsemi@juse.or.jp
ページトップ