企業の品質経営度調査

「企業の品質経営度調査」とは、企業における品質経営の推進のみならず、産業界に対して「品質」の重要性の再認識をうながすことなどを目的に、2004年から日科技連と日経新聞社が共同で始めた調査です。主に製造業、情報システム、建設企業の約650社を対象に、TQM・品質経営の取り組みに関する質問票を送付して回答いただき、日本における品質経営の実態を調査します。

Information

一覧表示