カテゴリー

統計的品質管理

QC七つ道具

以下の7つ手法は、QC七つ道具と呼ばれ、統計的品質管理の基本として位置づけられています。QC七つ道具を活用することによって、現場の多くの問題が解決されています。

1. チェックシート
現場でデータを収集しやすいように、あらかじめデータを記入する枠や項目名などを書き込んだ用紙です。
2. パレート図
不良、クレーム、故障などの件数や損失金額を、その原因別・状況別に分類し、データ数の大きい順に並べ、棒グラフと累積曲線の図にしたものです。
3. 管理図/グラフ
データの時間的推移を表したグラフに、中心線と上部・下部管理限界線を加えたものです。
4. ヒストグラム
ばらつきをもった量的なデータについて、全体の正しい姿を把握するために、区間ごとの出現度数に比例した面積の柱を並べた図です。柱状図とも呼ばれています。
5. 特性要因図
結果(特性)に対する原因(要因)の関係を、矢印を使って大骨、中骨、小骨、・・・というように書き表した図です。
6. 散布図
対応した2つの変量の関係を調べるために、データ打点して視覚的に表した図です。
7. 層別
機械別・作業別や原料別など、データの特徴に着目していくつかのグループ(層)に分けてデータを解析し、層による違いを調べる考え方です。

カテゴリー

-->
▲TOP
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2021 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.