統計的品質管理手法(SQC)Statistical Quality Control

統計的品質管理手法とは

統計的方法を用いて品質管理や工程改善を推進することを統計的品質管理(Statistical Quality Control:SQC)と呼びます。

品質管理では、製造現場における、材料・機械装置・作業者・作業方法など製品の品質に影響を及ぼす条件や、検査のために提出された製品の集まり(検査ロット)の状態を知って、それに対応したアクションをとります。

しかし、工程は無限に製品を製造するので、全製品を測定することは困難です。そこで工程や検査ロットからサンプルを抜き取って、それを測定し、サンプルのデータに基づいて、工程や検査ロットの実態を把握します。少数のサンプルから工程やロットを推定するためには、効果的な方法を駆使して信頼度の高い情報を得る必要があります。そのための方法が統計的品質管理手法です。

統計的品質管理の代表的な手法

統計的品質管理では、限られたデータから精度の高い解析を行い、問題点を早期に把握し、改善につなげるための信頼性が高い手法が必要になります。

  • ● 検定と推定
  • ● 相関分析・回帰分析
  • ● 実験計画法
  • ● 多変量解析法
  • ● タグチメソッド(品質工学)

などが代表的な手法ですが、それぞれの手法は適合する分析目的や有効に適用するためのノウハウがあります。自社の生産設備や工程に適合した手法を選定し使いこなしていくためには専門的な知識を持つ人材の育成や、分析結果を可視化し共有するための仕組み作りも重要です。

などが代表的な手法ですが、それぞれの手法は適合する分析目的や有効に適用するためのノウハウがあります。自社の生産設備や工程に適合した手法を選定し使いこなしていくためには専門的な知識を持つ人材の育成や、分析結果を可視化し共有するための仕組み作りも重要です。

関連するセミナー

新着5件を表示しています。クリックするとセミナーサイトの関連ページに移動します。

統計的品質管理手法(SQC)に関するセミナーはこちら

経営者・経営幹部の声

派遣企業・QC検定1級合格者インタビュー

関連するナレッジ

「統計的品質管理手法(SQC)」に関連する知識・手法等について情報をまとめたページに移動します。