カテゴリー

統計的品質管理

多変量解析法

多変量解析法とは、3つ以上の変数間の関係を統計的に分析するさまざまな手法の総称です。

関心のある特性を他の特性から予測・分析する手法(回帰分析)や、多くの特性の間の関係性を簡潔に表現する手法(主成分分析、対応分析)、特性を使って現象間の親近性を計り現象を分類する手法(クラスター分析)、調査対象を群に分類する際に個々の対象がどの群に属するかを判定する手法(判別分析)、確率変数間の因果関係を視覚的に表現するグラフィカルモデリングなど、多くの手法が存在します。

多変量解析法は、1960年代以降、コンピュータの普及と統計解析ソフトの発展により、様々な分野でその活用が本格化しました。製造業における品質管理はもちろん、マーケティングにおけるデータマイニングや、生物情報データの解析におけるバイオインフォマティックスにおいても活用されています。今日では、パターン認識、情報圧縮などビッグデータ時代の共通基礎技術にも多変量解析法が活用されています。

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISOセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
Webジャーナル
『クオリティマネジメント』
機関紙「日科技連ニュース」
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.