事業詳細

大会・フォーラム・シンポジウム

2018年度 QCサークル全国大会
第6030回 QCサークル全国大会(小集団改善活動) - 松山 -

全国の企業・組織から様々な業種・職種の事例発表があり、各分野のベストプラクティス発表会です!

全国大会は、様々な業種や職種のQCサークル活動(小集団改善活動)を体感することにより、相互啓発しあい、見識を高め、視野を広め、意識の向上を図ることができます。「活動のノウハウを会得する」とともに、「活動することの感動と共感を享受する」場です。

みなさまからのご参加をお願いいたします。

開催情報

開催期日
2018年7月5日(木)・6日(金)
大会会場
主催
QCサークル本部 一般財団法人日本科学技術連盟
後援
(予定)
QCサークル中国・四国支部 全国QC サークル各支部
愛媛県、松山市、愛媛県経営者協会、(公財)えひめ産業振興財団、(公財)松山観光コンベンション協会、
松山商工会議所、テレビ愛媛、(株)愛媛新聞社

スケジュール

大会1日目:7月5日(木)
9:10~ 開場・受付
9:30~9:45 開会挨拶:QCサークル本部幹事長 大鶴 英嗣
来賓挨拶:松山市
9:45~10:00 移動・休憩
10:00~10:05 講評者紹介、発表方法説明
10:05~15:50 体験事例発表(6会場)*昼食・休憩含む
15:50~16:05 休憩
16:05~16:50 特別企画:「QC・ご当地クイズ」
16:50~ 大会2日目のご案内
大会2日目:7月6日(金)
9:00~10:00 支部推薦 優秀改善事例招待発表(2件)
[関東支部] 日立オートモティブシステムズ(株)/チェンジマンサークル
[沖縄支部] 社会医療法人敬愛会 中頭病院/電話は楽だが無駄を断つサークル
10:00~10:10 休憩
10:10~11:20 基調講演「経営に貢献するQCサークル活動」
(株)デンソー 取締役副社長 若林 宏之 氏
(2007年QCサークル東海支部 支部長)
11:20~11:30 休憩
11:30~11:50 QCサークル感動賞表彰式
12:20~17:40 産業見学会 *希望者のみ
日本食研製造(株) KO宮殿工場
プログラム・時間は変更になる場合があります。
 

体験事例発表

今大会は42社の体験事例発表が6会場に分かれて行われます。
発表企業一覧



 

特別企画 QC・ご当地クイズ

今では製造部門以外にも広がりを見せているQCサークル活動と今大会の開催地である愛媛県にまつわるクイズを行います。数に限りはありますが、豪華商品贈呈もありますので、ふるってご参加ください!
 

 

支部推薦 優秀改善事例招待発表

「QCサークル本部幹事長賞」を贈呈します!

各支部で開催している改善事例大会やチャンピオン大会などで選考された支部代表サークルの改善事例発表の場です。
QCサークル活動(小集団改善活動)の一層の活性化と更なる企業・組織の品質改善・向上を目的として開催し、運営事例を発表する「全日本選抜QCサークル大会」とともに、サークルの目指すべき大きな目標にしていただき、更なるステップアップを期待します。
発表サークルには、「QCサークル本部幹事長賞」が授与されます。

QCサークル本部幹事長賞表彰楯
〔発表サークル〕
関東支部
日立オートモティブシステムズ(株) チェンジマンサークル
沖縄支部
社会医療法人敬愛会 中頭病院 電話は楽だが無駄を断つサークル
 
 

基調講演

「経営に貢献するQCサークル活動」

若林 宏之 氏
(株)デンソー 取締役副社長
(2007年 QCサークル東海支部 支部長)

【経歴】
1979年 東京大学工学部工業分析化学科 卒業
1979年 日本電装(株)(現(株)デンソー) 入社 生産技術部
1989年 デンソーテクニカルセンター(NDTC)
1994年 日本電装(株)(現(株)デンソー) 材料技術部
2006年 常務役員
2013年 専務取締役
2014年 取締役・専務役員
2017年 取締役副社長
現在に至る

 

QCサークル感動賞

QCサークル感動賞とは、1996年(平成8年)4月に開催した一関の全国大会から新設した賞です。全国大会では全発表の中から、「自分たちもあのような活動がしたい」、「自分はあのような活動に共感できる」、「仲間に感動を与えるあのような活動をしてみたい」など共感と感動を覚えた発表サークルを参加者全員と講評者に選出していただき、「QCサークル感動賞」として表彰しています。

 
QCサークル感動賞について
 

産業見学会

定員になり次第申込を締め切りますので、お早めにお申込ください(同業種へのお申込はご遠慮ください)。

1.
移動は貸し切りバスを利用します。お申込後、参加券と請求書を送付いたします。
2.
各見学先の解散時間と場所をご確認のうえ、お帰りの交通機関の手配をお願いします(お車での参加はご遠慮ください)。
3.
無断欠席、大会当日の欠席・訪問先の変更、見学途中で帰ることはお断りします。なお、無断欠席の場合は参加者の会社に確認のご連絡をいたします。予めご承知おきください。
4.
訪問先への迷惑となる行為があった場合には、次回以降のご参加はお断りすることがあります。
5.
産業見学会に参加する方は、同時間帯に行う他コース・PTS主催の市内研修には参加できませんのでご注意ください。
産業見学会
見学先
日本食研製造(株) KO宮殿工場
定員:40名  参加費(税込):4,240円(入館料1,000円含む)
JR松山駅17:10解散/松山空港17:40着
当見学先では、ハム・ソーセージ・惣菜などの新商品開発と製造技術開発を行っている「ハム研究工場」と、パネルや企
画展示スペースなどで商品の製造工程が知ることの出来る「世界ハム・ソーセージ博物館」を見学した後、最新鋭の調味
料製造ラインが見れる「KO宮殿工場」や中世ヨーロッパの宮殿食文化が学べる「宮殿食文化博物館」を見学します。
 

参加申込要領

参加費(2日間)
資料代、2日間の昼食代を含む
QCサークル本部登録メンバー
13,500円(税込)/1名
QCサークル本部非登録メンバー
15,120円(税込)/1名
QCC指導士(QCC本部登録メンバー)
11,070円(税込)/1名
QCC指導士(QCC非登録メンバー)
13,500円(税込)/1名
産業見学交流会(入館料含む) 
4,240円(税込)/1名
キャンセルの取扱い
とお願い
参加者ご本人の都合が悪くなった場合には、原則として代理の方のご参加をお願いします。
やむを得ず、お客様の都合でキャンセルされる場合には下記お問い合わせ先までご連絡をお願いします。
なお、その際には下記キャンセル料を申し受けます。

【キャンセル料】
開催日の7営業日前~2営業日前のキャンセル…参加費の20%
開催前日~当日のキャンセル…参加費の50%
事前の連絡がなかった場合のキャンセル…参加費の100%
大会の中止・延期について
本大会は、現地事情により中止・延期になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
免責事項
天災地変や伝染病の流行、大会会場・輸送等の機関のサービスの停止、官公庁の指示等、当財団が管理できない事由により、大会内容の一部変更および中止のために生じたお客様の損害については、当財団では責任を負いかねます。
申込方法

申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXもしくはE-mailにてお申込みください。
QCサークル本部登録をされ、ID番号をお持ちの方は、Web上でお申込みができます。

 
Webからのお申込みはこちら

QCサークル本部登録メンバーの方は必ずサークルの登録番号をご記入ください。
開催3週間前から参加券等資料をお送りいたします。

申込締切日

一次締切日 2018年6月7日(木)

申込状況により、大会当日までお申込みを受付けます
申込書
旅行案内

宿泊・航空券の手配については、下記、旅行会社PTSの案内をご覧ください。
申込締切日:2018年6月12日(火)

 
宿泊・航空券案内
体験事例要旨集の配布について
2017年度までは体験事例発表の原稿データが収録されたCDの配付を行っていましたが、2018年度より原稿データはwebからのダウンロードのみとなります。大会1週間前~終了後1ヶ月、専用webサイトから事例発表がダウンロード出来ます。各自必要に応じ印刷してご活用ください。詳細は申込後にお送りいたします「開催のご案内」にてご確認ください。
 

問い合わせ先

問い合わせ先
一般財団法人日本科学技術連盟内 QCサークル本部事務局
TEL:03-5378-9815 FAX:03-5378-9843 E-mail:juseqccd@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中