事業詳細

大会・フォーラム・シンポジウム

第22回 品質機能展開シンポジウム
テーマ:QFD実践事例から学ぶ ~新技術と新商品開発のためのQFD~
  •    お知らせ

  • 参加申し込み受付を開始しました!

参加のおすすめ

渡辺 喜道 氏
QFDシンポジウム運営小委員会委員長
山梨大学大学院
医学工学総合研究部 准教授

品質機能展開(QFD)は、新製品・サービスの開発において、顧客の要求と目標とする品質を取り入れた設計との対応関係を明確にして、確実に高品質を作り込むことが容易に実現可能な設計アプローチです。QFDでは企画段階で構築される顧客の要求を、設計上の品質特性へと展開し、さらに製造工程まで順次展開することで、設計意図を確実に伝え、製品・サービスの品質を向上させることが可能です。また、製品の企画段階をはじめ、様々な検討段階においても活用することができ、今まで数多くの企業で実践されている手法です。
また、価値の高い製品やサービスを生み出すために、多くの手法や技法とQFDを関連付ける事例も多くみられるようになりました。これは、目的に合わせてQFDが随所で使われるようになってきたともいえるでしょう。QFDを有効活用するためには、QFDの考え方を学ぶことが重要になってきます。QFDはISO 16355として国際標準化されました。新技術と製品開発のための統計的方法の活用がますます重要となってきています。是非、この機会にQFDについて深く学んでみませんか。
今回のシンポジウムでは、過去のシンポジウムでのアンケートで要望の多かったQFD教育推進事例も組み入れました。今年のシンポジウムは国際標準も意識しながら、QFDをうまく利活用している様々な事例を通じて、魅力的なものづくりや確実な品質保証の効果的・効率的な実践について議論したいと考えております。是非、各社の工夫をこらした取り組みをお聴きいただき、議論にご参加いただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

 

日程等

日時
2016年11月24日(木)~25日(金)
会場
日科技連 東高円寺ビル(東京都杉並区高円寺南 1-2-1)
主催
一般財団法人 日本科学技術連盟

問い合わせ先

問い合わせ先
品質経営研修センター 研修運営グループ SQCチームQFDシンポジウム担当 茂田、源間
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1
TEL:03-5378-1214 FAX:03-5378-9842 E-mail:techsemi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • Webクオリティマネジメント
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 教育/セミナーガイド
  • ステージアップガイド
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中