事業詳細

お申込み

セミナー

技術力で差をつけるための実験計画法実践セミナーエントリーコース
やってみなけりゃわからない、どうせやるなら上手くやろう

当コースは実験計画法超入門です。実験計画法といっても、上手なデータのとり方と正しいデータ解析について学びます。上手なデータのとり方を学ぶと、何が効いているかわからない、決めた条件が正しいかどうか自信がない、組み合わせると意外な結果が出てしまうなどの困りごとの解決に役立ちます。データ分析はExcelを使います。講義を聴きながらExcelでシートを作ると、データ解析の道筋とデータ解析の理屈がわかります。できあがったシートはすぐに使えて実践に役立ちます。2日という短期間ですが中身の濃いコースです。

特徴

● 演習にはExcel を使用します。
● 技術職の方が必要とする、実験計画法の基礎知識を短期間で学びたい方におすすめのコースです。
● 実験計画を習得するのに必要な統計の基礎知識を学んでいただく、事前学習資料を用意しています。
● 職場で実際に実験をデザインし、解析、評価する力を身につけたい方は、スタンダードコースを合せて受講されることを
  おすすめします。

受講者の方へ
お申込みの回によって開催方法が異なります。日程欄の「開催地」をご確認ください。

【ライブ配信ご参加にあたってのお願い】
■ライブ配信のビデオ会議(遠隔会議)システムは「Zoom」を使用します。
■申込前に、事前に以下のテストサイトで、スピーカーとマイクのテストを確認してください。
 https://zoom.us/test
 *開催当日に視聴できないとのお問い合わせを頂戴した場合、対応できない場合がございます。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。

「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。

【ライブ配信セミナーでの推奨される機材のご準備】
■PCを使用した演習を行います(Excelを使用)。聴講用機材とは別に、演習用PCのご準備をお勧めします。

■受講準備として、Excel分析ツールの読み込みが必要です。こちらをご覧のうえご準備ください。
対 象
短期間に実験計画法の基礎知識を習得し活用したい方
会 場
東京・日科技連 本部または東高円寺ビル
ライブ配信
講 師
奥原正夫(諏訪東京理科大学)他、斯界の権威ある研究者および企業の実務家が指導にあたります
参加費
60,500円(一般)/ 52,800円(会員)*税込
*パッケージ料金設定について
エントリーコース、スタンダードコース、エキスパートコースのパッケージ料金の
ご案内と申込書はこちら

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:20~18:00
実験計画法とは
統計的方法の基礎
一元配置実験の計画と解析
演習
第2日
9:30~18:00
前日の続き
二元配置実験の計画と解析
演習

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2021年 5月 19日(水)~ 20日(木)
ライブ配信
締切
第2回
2021年 7月 19日(月)~ 20日(火)
ライブ配信へ変更しました
ライブ配信
中止
第3回
2021年 9月 30日(木)~ 10月 1日(金)
ライブ配信
締切
第4回
2022年 1月 24日(月)~ 25日(火)
ライブ配信

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]品質管理:手法/実験計画法/ライブ配信

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(SQCセミナー関係)
 TEL:03-5378-1214 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemsd@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中