事業詳細

お申込み

セミナー

ISO 22000:2018 内部監査員コース
FSMSの効果的な運用には内部監査の活性化と有効な監査の実施が不可欠!

FSMSの構築、維持・改善には有効な内部監査の実施が最重要です。当コースでは、内部監査を実施するにあたってのテクニックを座学による講義だけでなく、ケーススタディを組み合わせた実践的なカリキュラムにより、食品安全に関する知識を身につけた、組織に役立つ内部監査を実施できる監査員を養成します。内部監査の有効性を高めるためのポイントが理解できますので、認証取得済みの組織の内部監査員、食品安全チームリーダー・メンバーのスキルアップにも最適な内容です。

特徴

● ISO 22000規格要求事項の解説は最小限にとどめ、監査員として必要な力量(知識・技能)の習得に焦点をあてたコース
  です。
● 監査活動のプロセスを一通り体験できるカリキュラムで構成されているため、初めての内部監査も自信をもって担当
  できます。
● 内部監査を通じてFSMSの有効性を向上するための助言や改善提案ができ、組織の信頼性向上につながります。

*当コースでは、ISO 22000 規格要求事項をご理解いただいていることを前提に講義を進めます。ISO 22000 について
 知識が不足していると思われる方は、事前に「ISO 22000:2018入門と要求事項の解説コース」の受講をおすすめ
 します。
対 象
社内で内部監査員として活躍したい方
社内FSMSの構築・維持・改善の中心メンバー
食品安全チームリーダー、メンバー候補者
会 場
東京・日科技連 本部
講 師
審査経験、講師経験豊富な現役の食品主任審査員、審査員
参加費
50,000円(一般)/ 40,000円(会員)*税抜き

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:00 〜17:20
■午前
内部監査とは
有効な内部監査に向けて
内部監査とは何をするのか(演習)

■午後
有効な内部監査をするための準備
内部監査計画書の作成(演習)
監査員が本当に使えるチェックリストについて考える(演習)
第2日
9:30 〜17:25
■午前
監査実施に際しての留意点
チェックリスト作成課題と作成の方法
監査員が本当に使えるチェックリストについて考える(演習)
事前打合せ、オープニング・クロージングミーティングの実務(演習)

■午後
内部監査のロールプレイ(模擬監査)
内部監査における指摘事項とフォローアップ
不適合事例を使ってフォローアップを実施する(演習)
コースのまとめ、質疑応答

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2020年6月17日(水)~18日(木)
東京
中止
第2回
2020年10月8日(木)~9日(金)
東京
締切
第3回
2020年12月1日(火)~2日(水)
東京
中止
第4回
2021年2月3日(水)~4日(木)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]ISO 22000/HACCP

問い合わせ先

問い合わせ先

マネジメントシステム研修センター 研修業務課
 TEL:03-5990-5854 FAX:03-5990-5864 E-Mail:iso-kensyu@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中