事業詳細

お申込み

セミナー

製品安全技術セミナー スキルアップコース
社内で組織的に製品安全を展開するために必要な知識やポイントを習得する!

お知らせ:第1回は【ライブ配信セミナー】+【集合型セミナ―】併用で開催します!

製品安全の確保には、基礎から応用まで幅広い安全技術の知識をもって展開することが必要です。また、そのための組織的な仕組みや体制は必要不可欠であり、それを牽引するスペシャリストも必要です。
当コースでは、製品安全審査を組織的に導入するためのポイント解説や、誤使用の防止についてのケーススタディでより実践的に製品安全について学んでいただき、組織の製品安全活動の活性化に繋げていただく人材を養成します。

▶ R-Map関連情報はこちら

特徴

● 開発プロセスにおける設計審査と製品安全審査(PSレビュー)の基本から制度の導入・展開、実施記録の作成・保存・
  活用方法などが学べます。
● 予見可能な誤使用への対応や勘所などをヒューマンファクターの観点から学べます。
● 安全確保のために、合理的に予見可能な誤使用のケーススタディを実施します。

第1回はお申込み時に「ライブ配信」もしくは「集合型」を選択して、ご参加いただきます。

【ライブ配信セミナー】とは
講義等を個人PC向けに配信する形式で開催するセミナーです。
スマートフォン、タブレットでの参加も可能です。
■申込前に、事前に以下の視聴テストサイトで、映像・音声が再生されるかを確認してください。
  https://deliveru.jp/pretest5/
 ID・PW:livetest55
■推奨環境は、以下をご覧ください。
 https://deliveru.jp/faq/#Q7
■本セミナーは「見逃しアーカイブ」対応セミナーです。
 受講中に通信トラブルにより視聴できなかった場合は、セミナー担当までお申し出ください。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
 
【集合型セミナー】とは
参加者が開催場所に足を運び、会場で実施されるセミナーです。
対 象
分野を問わず広くものづくりおよび調達分野などに携わる製品安全担当・関係者、開発、設計、品質保証、製造部門などの管理者・技術者・スタッフ
会 場
東京・日科技連 東高円寺ビルまたはライブ配信
講 師
松本浩二(製品安全コンサルタント)
根津幸宏(東芝テック(株))
参加費
30,000円(一般)/ 25,000円(会員)*税抜き
お得なパッケージ料金案内と申込み書はこちら

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:20~17:00
■午前
組織への展開:製品安全審査(PSレビュー)導入のポイント
・開発プロセスでの位置づけ、設計審査と製品安全審査、記録文書の様式例、人材育成
誤使用問題をヒューマンファクター技術で解決してみよう
・合理的に予見可能な誤使用、ヒューマンエラーへの対処法、リスク認知のバイアス

■午後
誤使用事故防止のケーススタディ
・合理的予見可能な誤使用についての事例演習
質疑応答

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
集合型
2020年9月29日(火)
東京
中止
第1回
ライブ配信
2020年9月29日(火)
ライブ配信
中止

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]製品安全・リスクアセスメント・R-Map

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中