事業詳細

お申込み

セミナー

リスクアセスメント実践コース
製品安全を確保するためのリスクアセスメント
リスクアセスメントができるようになるためのコース!

製品の安全性で優位に立つためには、ただリスクアセスメントを行えばよいというものではありません。
当コースでは、事故の未然防止から市場措置の判断にまで広く使用されている実践的なリスクアセスメント手法である、PSPTA※1、HHA法※2およびSM法※3について、豊富な事例を交えて詳しく解説します。また、グループ演習を通じてその実践力を養成します。

※1 PSPTA:Product Safety Potential Tree Analysis
※2 HHA:Handling Hazard Analysis
※3 SM;Safety Module

特徴

● リスクアセスメントの実務に必要な知識が体系的に学べます。
● 幅広い分野で使用されている有効かつ実践的なリスクアセスメント手法を豊富な事例でわかりやすく解説します。
● グループ演習は実機を用いて実践的な内容で行います。
● リスクアセスメントによる事故の未然防止、再発防止のはかり方が学べます。

対 象
管理職・担当者・スタッフの方で、「リスクアセスメントができるようになりたい」「作成されたリスクアセスメントを見て内容を理解できるようになりたい」「商品の選定に活用したい」など、具体的なニーズがある方から、知識習得を目的とする方まで
会 場
東京・日科技連 東高円寺ビル
講 師
伊藤 淳(日科技連嘱託/リスクアセスメント実践研究会統括主査)
久保田 享((株)豊田自動織機)
参加費
45,000円(一般)/ 40,000円(会員)*税抜き
お得なパッケージ料金案内と申込み書はこちら

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:30~17:30
■午前
リスクの見積もりと低減
・リスクの見積もりと低減の考え方

PSPTA 法によるリスクアセスメント
・製品の故障等に起因する事故の未然防止

■午後
リスクアセスメント演習(Ⅰ)
・PSPTA法によるリスクアセスメント演習、演習発表
第2日
9:30~17:00
■午前
リスクファインディング
・リスクファインディングの手法

リスクの見える化
・SM法

■午後
HHA 法によるリスクアセスメント
・誤使用等に起因する事故の未然防止

リスクアセスメント演習(Ⅲ)
・HHA 法によるリスクアセスメント演習、演習発表

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2020年4月22日(水)~23日(木)
東京
中止
第2回
2020年10月27日(火)~28日(水)
東京
中止
第3回
2021年1月18日(月)~19日(火)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]製品安全・リスクアセスメント・R-Map

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター SQC・REグループ(信頼性セミナー関係)
 TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842 E-Mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中