事業詳細

お申込み

セミナー

本質が起こすイノベーション2.0セミナー
企業の将来を担う“出る杭人財”育成

【お知らせ】第2回は【ライブ配信セミナー】+【集合型セミナ―】併用で開催します!

「本質とは何か?」と問われて答えに詰まらない人は、まずいません。つまり、ほとんどの人は、気づいてはいませんが、商品価値、商品、仕事、企業などの本質をわからないまま、日々ビジネスをしています。ですから、本質がわかる人は、ほとんどの人にはないダントツの仕事力を持つ「出る杭」となります。
当セミナーでは、本質を徹底的に考え抜かせることで、本質がわかる希少で有為な“出る杭人財”を育てます。

特徴

● 本質を見極める力が身につきます。
● 本質ベースの発想力が養われます。
● 本質ベースの発想は常識破りなものになるため、イノベーションに繋がります。
● 徹頭徹尾、論理的に考え抜かせるので、論理的思考力も高まります。
● 本質を見極める力は、AI 時代に生き残るための究極の武器ともなります。

第2回はお申込み時に「ライブ配信」もしくは「集合型」を選択して、ご参加いただきます。

【ライブ配信セミナー】とは
講義等を個人PC向けに配信する形式で開催するセミナーです。
スマートフォン、タブレットでの参加も可能です。
■申込前に、事前に以下の視聴テストサイトで、映像・音声が再生されるかを確認してください。
  https://deliveru.jp/pretest5/
 ID・PW:livetest55
■推奨環境は、以下をご覧ください。
 https://deliveru.jp/faq/#Q7
■本セミナーは「見逃しアーカイブ」対応セミナーです。
 受講中に通信トラブルにより視聴できなかった場合は、セミナー担当までお申し出ください。
■ライブ配信へのお申込みは、開催日の4営業日前までにお願いします。
■本セミナーは、1IDにつき1名様の受講をお願いしております。複数人での受講はできません。
「参加に関するお願い事項」についてもご一読ください。
 
【集合型セミナー】とは
参加者が開催場所に足を運び、会場で実施されるセミナーです。
対 象
普遍的な内容のため全階層・部門
(新入社員~役員)
会 場
第1回 ライブ配信
第2回 東京・日科技連 東高円寺ビルまたはライブ配信
第3回 東京・日科技連 東高円寺ビル
講 師
横田宏信(ソスピック(株)、元ソニー(株))
参加費
67,000円(一般)/ 60,000円(会員)*税抜き

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:30~17:30
■午前
【本質】
・本質とは何か
【価値】
・商品価値はどこにあるか
・価値とは何か
・商品価値とは何か

■午後
【仕事】
・世の中で言われる商品価値とは何か
・商品とは何か
・仕事とは何か
・企業とは何か
第2日
9:00~17:00
■午前
【知】
・情報とは何か
・知識とは何か
・思考とは何か
・論理とは何か

■午後
【情】
・人は何のために生きるのか
【意】
・意志とは何か
【まとめ】
・全体最適とは何か
・あなたは何屋なのか

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2020年7月6日(月)~7日(火)
ライブ配信
中止
第2回
集合型
2020年9月23日(水)~24日(木)
東京
第2回
ライブ配信
2020年9月23日(水)~24日(木)
ライブ配信
第3回
2021年2月2日(火)~3日(水)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]品質管理:全般

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営推進センター 品質経営グループ(TQMセミナー関係)
 TEL:03-5378-1215 FAX:03-5378-9842 E-Mail:tqmsemi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中