事業詳細

お申込み

セミナー New!

がん専門CRC養成セミナー
がん臨床試験専門領域のCRCを養成する本格セミナー

【後援】一般社団法人日本臨床試験学会, 公益社団法人日本臨床腫瘍学会

昨年の本庶祐先生のノーベル賞で更に広く知られるようになった免疫チェックポイント阻害薬や、これまた超高額医療としてマスメディアで取りあげられている細胞治療、さらに上市が期待されるウイルス治療など、がん治療には新しいモーダリティの治療法が次々と導入され、これまでも盛んに開発されている分子標的薬に加えて、有効性と安全性を検討する臨床試験・治験が世界的に急増しています。

一方、がんの臨床試験の実施には、他臨床領域に比べ高度な専門性が要求されます。患者さんに対するインフォームド・コンセントの難しさ、時には手術や放射線治療と組み合わせた複雑な治療法、毒性発現に対応した治療変更への対処、数多い有害事象への対応とその報告、世界的に標準化された効果判定基準(RECIST)や毒性基準(CTCAE)の理解、国際共同試験への対応などがその例です。

そのような状況下で、がん臨床試験を支援できるCRCは不足しており、とくに治験が集中する施設におかれましては、CRC確保が臨床試験実施の律速になっていると聞き及んでおります。私が代表理事を務める日本臨床試験学会では、2017年からCRCとモニターを主な対象として「がん臨床試験専門職」認定を開始いたしましたが、その認定試験の合格率は学会の他の認定試験に比べると明らかに低く、求められる専門性の高さが改めて明らかとなっております。

このたび一般財団法人日本科学技術連盟では、わが国のがん臨床研究全般の基盤整備も見据え、「がん専門CRC養成セミナー」を開設することを決定いたしました。そして、そのカリキュラム策定と実施準備のための準備委員会を設置し、私が委員長として任命され、実務・教育両面で経験豊富な委員の方々と活動を行っております。

日本科学技術連盟は、試験統計家・データマネージャー・メディカルライターなど、臨床試験支援者のための研修を多数実施しており、この運営ノウハウを本研修実施にも活かして参ります。

当コースでは、CRCを主な対象といたしますが、研修内容はモニターなどより広いがん臨床試験支援者に役立つものと考えております。座学のみならず、実務に即した演習も取り入れ、6ヶ月間に渡って研修を行ないます。是非、皆様のご参加をお待ちしております。





                      がん専門CRC養成セミナー準備委員会 委員長
                  中央大学 理工学部人間総合理工学科生物統計学 教授
                                  東京大学 名誉教授
                                       大橋 靖雄

特徴

【6ヵ月コース】
● がん領域で活動する臨床研究専門職が知っておくべき専門的な内容を、講義と演習により、基礎から実践まで体系的に
 習得できるセミナーです。
● CRCが臨床現場で必要とするスキルを身につけるための演習を取り入れておりますが、CRA等にも有用な内容となって
 おり、職種を問わず受講可能です。
● 日本臨床試験学会(JSCTR)のがん臨床研究専門職認定試験の出題範囲が網羅されており、本研修の講義や演習の中で
 「Oncology Clinical Research Expert」認定取得のための学習が可能です。

【OneDayコース】
● 「がん専門CRC養成セミナー OneDayコース」は、6ヵ月の「がん専門CRC養成セミナー」の全日程カリキュラム12日間
  のうち、対象となる11日間の中から1日単位で参加が可能なコースです。
● 演習・ロールプレイ・グループワークもご参加いただけます。
● アカデミア特典価格があります。
● 初回限定のお試し特典です。

対 象
CRCまたはモニターとして1年以上の実務経験があり、がん臨床試験に関する知見を深めたい方
会 場
東京・日科技連 本部
講 師
大橋 靖雄(中央大学)他、斯界の権威ある経験豊富な講師が指導にあたります
参加費
【6ヵ月コース】390,000円(一般)/ 360,000円(会員)/180,000円(大学・病院・公的研究機関)
【OneDayコース】37,000円(一般)/ 35,000円(会員)/20,000円(大学・病院・公的研究機関)
*すべて税抜き

カリキュラム

【6ヵ月コース】12日間(2日間×6ヵ月) 【OneDayコース】各1日

日程
内容
第1月
第1日
12:30~19:30

第2日
10:00~16:00
がんとがん治療の基本、がんの診断・検査と病期分類、がん臨床試験総論

台風のため中止
第2月
第1日
10:00~18:25

第2日
9:00~17:00
安全性情報の取り扱い、がん臨床試験の有害事象マネジメント、がん臨床試験の特徴とがん臨床試験デザイン、がん臨床試験に必要な統計学的考え方と解析手法、がん臨床試験の有効性評価指標1:Time-to-event endpoint

がん臨床試験の安全性評価指標とCTCAE、がん臨床試験のアウトカム評価1:PRO/QOL、がん臨床試験におけるチーム医療、抗悪性腫瘍薬投与時の留意点、オンコロジーセンターの組織・運営(教育含む)、その中での臨床試験の位置づけ
第3月
第1日
13:00~18:15

第2日
10:00~16:00
がん臨床試験における倫理(インフォームドコンセント)、【演習・ロールプレイ】インフォームドコンセント

【疾患各論】消化管がん、【疾患各論】肝胆膵がん、がん臨床試験の有効性評価指標2:RECIST
第4月
第1日
13:00~18:00

第2日
10:00~16:30
がん臨床試験のアウトカム評価2:医療経済学的評価、がん患者さんへの接し方、バッドニュースの伝え方1、【ロールプレイ】がん患者さんへの接し方、バッドニュースの伝え方2

【グループワーク】イベント発生時の対応、がんの基礎研究とトランスレーショナルリサーチ、カルテの読み方と適格性確認
第5月
第1日
13:00~18:00

第2日
10:00~16:30
【疾患各論】肺がん、がん臨床試験を取り巻く環境の変化―臨床研究の法制化、がん領域の国際共同試験

新しいがん治療、【疾患各論】造血器腫瘍、【疾患各論】乳がん、品質マネジメント
第6月
第1日
13:00~17:35

第2日
10:00~16:00
がんゲノム医療、高齢者を対象とした臨床試験、修了試験

修了試験の解説、文章の書き方・小論文指導、Oncology Clinical Research Expertからのメッセージ、修了式

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
6ヵ月コース
第1回
第1月 2019年10月11日(金)~12日(土)
第2月 2019年11月15日(金)~16日(土)
第3月 2019年12月13日(金)~14日(土)
第4月 2020年1月17日(金)~18日(土)
第5月 2020年2月 7 日(金)~ 8 日(土)
第6月 2020年3月 6 日(金)~ 7 日(土)
*計12日間
東京
締切
OneDayコース
第1回
2019年10月11日(金)
東京
締切
OneDayコース
第2回
2019年10月12日(土)
東京
中止
OneDayコース
第3回
2019年11月15日(金)
東京
OneDayコース
第4回
2019年11月16日(土)
東京
OneDayコース
第5回
2019年12月13日(金)
東京
OneDayコース
第6回
2019年12月14日(土)
東京
OneDayコース
第7回
2020年1月17日(金)
東京
OneDayコース
第8回
2020年1月18日(土)
東京
OneDayコース
第9回
2020年2月7日(金)
東京
OneDayコース
第10回
2020年2月8日(土)
東京
OneDayコース
第11回
2020年3月6日(金)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]医薬統計:医療研修

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(医薬セミナー関係)
 TEL:03-5378-9851 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemedi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中