事業詳細

お申込み

セミナー New!

ゴール指向の測定と評価によるデジタルトランスフォーメーション(DX)時代のIT戦略とマネジメント
GQM+Strategiesの実践による残念なシステムの無くし方

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進み、変化の早い今日のビジネス環境において、将来を見越した事業計画の立案は容易ではありません。そこでは、組織の目標を事業計画に落とし込み、データに裏付けされ、また変化に対応可能な形で定量的に評価/管理することが求められます。
その実践的な技法として本セミナーでは、ドイツで開発され国内事例も豊富な「GQM+Strategies」を扱います。「中堅企業が新規事業としてeコマースビジネスを立ち上げる」を想定して「GQM+Strategies」 および関連技法を活用し、実際のビジネス問題を対象にグループで議論し、目標・戦略を設定します。また、戦略間の矛盾や重複といった問題を抽出して改善する一連の流れをワークショップを通じて習得します。

※「GQM + Strategies」は「Goal Question Metric+Strategies(目標・質問・メトリック+戦略)」の略です。手法を利用することで、企業・組織の「経営レベルの目標」「目標を達成するための戦略」とこれを実現する「実務レベルの個別戦術」の整合性を取ることができます。

特徴

● 残念なシステムを防止するための目標、戦略、データの整合化技法の習得
● 分野第一人者の産学講師陣による演習中心の体得
● 豊富な事例を通じた実践上のコツの把握

研修の「ゴール」

<講義のゴール>
GQM+Strategiesおよび関連技法を学び、組織の目標を事業計画に落とし込み、データに裏付けされ、また変化に対応可能な形で定量的に評価/管理するための方法を説明できるようになることをゴールとします。

<演習のゴール>
企業事例も交えて、講義で学んだ技法を事業計画立案さらには実行後の改善に至るまで適用できるようになることをゴールとします。
対 象
・チームや部門、事業部門など大小にかかわらず、組織の運営や計画の立案に関わる方や興味のある方
 (部課長級)
・事業計画の作り方や立案でお困りの方。出資者へ事業内容を説明したい起業家の方
・IT戦略やITマネジメントに携わる方
会 場
東京・日科技連 東高円寺ビル
講 師
鷲崎弘宜(早稲田大学 )、平林大典(T&D情報システム(株))、新谷勝利(早稲田大学)、奥田柊史(ゴール指向経営研究会)、野々村琢人(西川産業(株))
参加費
20,520円(一般)/ 16,200円(会員) *税込み

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:45~17:30
■午前
事務連絡
講義:目標指向の組織戦略・測定、GQM+Strategies 手法
演習:GQM+Strategies による戦略立案と測定計画のワークショップ

■午後
演習:戦略立案と測定計画の結果発表、講評
講義:全体における整合化・改善 HoRIM 手法
演習:HoRIM による 整合化と改善のワークショップ
講義:1年後の実行結果と改善
演習:実行結果に基づく改善のワークショップ
講義:企業事例と実践上の留意点、まとめ

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2019年2月15日(金)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]ソフトウェア品質

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(SQiPセミナー関係)
TEL:03-5378-9813 FAX:03-5378-9842 E-Mail:sqip@juse.or.jp

ソフトウェア品質(SQiP)事業サイトはこちら

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中