事業詳細

お申込み

セミナー New!

技術情報の「使える化」による、FMEA、DRBFM、品質工学等の効率的活用セミナー
QFD(品質機能展開)の進化型:QFD-Advanced

後援:(株)電通国際情報サービス、(株)ISIDエンジニアリング

開発設計プロセスにおいては、FMEAやDRBFM、品質工学等の様々の手法が活用されていますが、手法毎に活用するための情報を整理して作成することが必要で、効率の悪さが見受けられます。
対象システムの技術情報の整理(技術の「見える化」)にQFD(二元表)を用いたとしても、そこから様々な課題を抽出するのは、担当者が自らの知見を基に行っています。抜けや漏れの可能性があるだけでなく、時間もかかっているのが実情です。
これらの課題に対して、技術情報の「使える化」の手法であるQFD-Advanced(QFDの進化型)を提案します。

【お知らせ】
多数のお申込みありがとうございました。
午前の部、午後の部ともに定員に達しましたため、ただいま【キャンセル待ち】を受け付けています。

特徴

●設計開発プロセスでのお困り事に「技術情報の使える化」という切り口で、QFD-Advancedをご提案します。
●短時間で気軽にQFD-Advancedの概要と、実践のためのツールを知ることができます。
●実践事例を聞くことで、実践の際のより具体的なイメージを掴むことができます。

対 象
・技術開発、開発設計、品証評価、生産設計等の場で、様々な手法(FMEA、品質工学等)を活用しているが、それぞれの手法毎に必要な情報を整理し作成しており、効率が悪いと感じている技術者の方
・QFD(品質機能展開)を知ってはいるが、十分に使いこなせていない技術者の方
・技術知見を整理して活用したいと思っているが、上手くいっていない技術者の方
・開発設計で様々の手法(FMEAや品質工学等)を活用しているが、それぞれの手法毎に必要な情報を整理し作成しており、効率が悪いと感じている開発者の方
・QFD(二元表)は知っているが、十分に使いこなせていない開発者
・技術知見を整理して活用したいと思っているが、上手くいかない開発者
会 場
東京・日科技連 東高円寺ビル
講 師
岡 建樹((株)ISIDエンジニアリング)
奈良岡 悟((株)電通国際情報サービス)
参加費(税込)
無料

カリキュラム

半日コース
ご多数のお申込みありがとうございました。
午前の部、午後の部ともに定員に達しましたため、ただいま【キャンセル待ち】を受け付けています。

日程
内容
第1日
午前の部
9:30~12:30

午後の部
14:00~17:00
・二元表による技術情報整理の概要
・様々な手法の活用における課題
・QFD-Advancedの考え方の説明
・QFD-Advancedによる、様々な手法の効率的、効果的活用

iQUAVISによる事例紹介
・DRBFM、FMEAでの活用
・FTA、品質工学等への適切な情報提供

・QFD-Advancedの今後の展開

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
午前の部
2018年5月31日(木)9:30~12:30
定員に達しましたため、【キャンセル待ち】を受け付けています。
▶ キャンセル待ちはこちらから
東京
締切
午後の部
2018年5月31日(木)14:00~17:00
定員に達しましたため、【キャンセル待ち】を受け付けています。
▶ キャンセル待ちはこちらから
東京
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]品質管理:全般/品質管理:手法

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQC・REチーム(SQCセミナー関係)
 TEL:03-5378-1214 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemsd@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中