事業詳細

お申込み

セミナー

メディカルアフェアーズ部門向けセミナー 生物統計コース

製薬企業のメディカルアフェアーズ部門には、自社製品の価値の最大化を目的とした様々な活動が要求されています。これらを達成するためには、担当する医薬品や疾患領域に精通するだけでなく、臨床研究のデザインや統計解析、あるいは医学論文の投稿にも精通することが必要です。こうした背景から、日本科学技術連盟では、メディカルアフェアーズ部門向けのセミナーを設立しました。
当セミナーは、「医学論文コース」「観察研究コース」「生物統計コース」で構成しており、コース単位で参加を申し込むことができます。製薬企業のメディカルアフェアーズ部門に所属する方、あるいは開発業務受託機関に所属し、製薬企業から臨床研究の支援業務を受託する方は、ぜひ当コースへの参加をご検討ください。

●生物統計コース
本コースは、メニューから選ぶだけで解析結果を得られることでよく知られているSAS社のJMPフルバージョンを実際に操作し、統計解析の基本的な知識と結果解釈の仕方を体験的に学習することが可能なセミナーです。JMPで使用するサンプルデータは、統計解析の教科書から抜粋したものを利用します。データを実際に扱うことによって解析の流れを理解が深まります。本コース受講後に操作法を忘れても心配ありません。提供する研修資料では、JMP画面の操作法が丁寧に説明されており、持ち帰って自習することで、講習を自分のPC上で再現することが可能になります。これまで実習を伴わない座学のみの講習を受けた時は理解した気分になっていても、実際にデータを手にして解析を試みようとして、身についてなかったことを実感された経験がある方にお薦めのコースです。

特徴

● JMP初心者の方でも心配はありません。
 参加者数にあわせて待機するチューターがJMPの操作法をサポートします。
 操作法につまづいて、講習についていけなくなる様な状況が無いよう工夫されたセミナーです。

メディカルアフェアーズ部門向けセミナー
医学論文コース
観察研究コース
対 象
・データ解析に関わる業務をご担当の方、または、これから解析外注企業と解析情報のコミュニケーションを進める方などを主要な対象者としています。
・参加資格として、Microsoft Excelの基本操作が可能であることを要件とします。
・メディカルアフェアーズ部門に所属されている方
会 場
東京・小田急第一生命ビル 11階研修室(東京都新宿区西新宿2-7-1)
講 師
斯界の権威ある経験豊富な講師
参加費(税込)
62,640 円(一般)/ 54,000円(会員)

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:30~16:30
■午前
[導入:JMPの使用法]
1) JMPの概要と基本動作
2) データの読み込み
3) データハンドリング

■午後
[統計解析:基本コース1]
1) 数量データの要約
2) 数量データの層別
3) いろいろなグラフの作成
4) 数量データの2群比較
5) カテゴリデータの比較
第2日
9:30~16:30
■午前
[統計解析:基本コース2]
6) 1変量のカテゴリデータ
7) 多群比較と多重比較
8) 2つの数量データの関係

■午後
9) 相関関係
10)回帰分析(単回帰)

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2018年9月11日(火)~12日(水)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]医薬統計:医療研修

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(医薬セミナー関係)
 TEL:03-5378-9851 FAX:03-5378-9842 E-Mail:jusemedi@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中