事業詳細

お申込み

セミナー

実践!ソフトウェア品質向上のための原因分析セミナー

一歩先を行く原因分析と教訓の整理を学ぶ!

当セミナーでは、ソフトウェア、ハードウェアという区分ではなく、担当業務によって適した原因分析方法が異なることを注意喚起し、原因分析技術の使い分けについて説明します。原因分析技術の基礎・基本から、障害発生など過去の体験をもとにケーススタディを行い、「技術的視点」と「マネジメント的視点」の2つの観点から再発防止策・未然防止策を探ることができます。

特徴

●分析する対象とその特徴、それに適した原因分析技術の種類(トラブルシューティング、なぜなぜ分析、プロセスネットワーク法(PNA法))と要点について説明します。
●原因分析の基礎として、組織の知的財産の重要性、その蓄積と活用例について説明します。
●学んだ手法をもとに個人演習、ケーススタディ(GD)を行い、原因分析技術を習得します。
●原因分析技術をどのような場面で活用するかについて、議論、討論を行い、これからの業務に活かせるようになります。

対 象
・様々な原因分析手法の使い方にお困りの方
・ソフトウェアならではの原因分析の進め方を学びたい方
・各分野におけるソフトウェア開発、システム開発の実務者、管理者レベルの方
・品質保証部門のリーダークラスの方
会 場
日科技連・東高円寺ビル
講 師
金子龍三((株)プロセスネットワーク)
田村泰彦((株)構造化知識研究所)
参加費(税込)
52,920円(一般)/45,360円(会員) *税込み

カリキュラム

2日間コース

日程
内容
第1日
9:20~17:00
■午前
1.原因分析の基本
・対象とその特徴
・品質分類別原因分析対象領域
・原因分析の観点からのソフトウェアの特徴
・原因分析のステップ(基本)
・分析技法の使い分け

■午後
2.なぜなぜ問答の技術
・トラブルシューティング
・なぜなぜ分析

3.プロセスネットワークモデルを用いた原因分析法(PNA法)
・プロセスネットワーク分析法の開発経緯
・PNA法の概要
・PNA法事例
 ~目的達成型行動の場合~
 ~定常業務の場合~
 ~人の行動間違いの場合~
*紹介された手法をもとに、個人演習を行います。
第2日
9:30~16:30
■午前
4.特別講義
1)どの場面でどのような手法を使うのか
2)原因分析の内容と次工程で活かすには
3)知識の再利用、一般化するには

■午後
5.ケーススタディ
・銀行システムのトラブル事例を題材に、原因分析を行い、「技術的視点」と「マネジメント的視点」の2つの視点から再発防止策・未然防止策を考える。
・原因分析法の質疑応答(Q&A)
・実践例を用いて、セミナー終了後のフォローアップの紹介

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2018年6月18日(月)~ 19日(火)
東京
締切
第2回
2018年11月20日(火)~21日(水)
東京

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]ソフトウェア品質

問い合わせ先

問い合わせ先

品質経営研修センター 研修運営グループ SQiP・医薬チーム(SQiPセミナー関係)
TEL:03-5378-9813 FAX:03-5378-9842 E-Mail:sqip@juse.or.jp

ソフトウェア品質(SQiP)事業サイトはこちら

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中