事業詳細

お申込み

セミナー New!

IATF16949規格改正の意図とシステム見直しのポイント解説セミナー
自動車業界向け品質マネジメントセミナー
ISO/TS 16949:2009からIATF 16949:2016へ規格改正

*第3回追加開催します [2017/3/14開催]

ISO/TS 16949が2016年10月に改正する予定となり、規格名称も「IATF 16949」と改名し発行される予定です。それに伴い、ISO/TS 16949:2009の登録は2018年9月で無効となる予定です(移行期間は2年間)。ISO/TS 16949を認証取得している企業は、期間内に「IATF 16949:2016」への移行を完了しなければなりません。非常に短いスケジュールで移行を完了させるためには、大変な作業を伴うことが予想されます。そこで、日科技連では、IATF 16949に移行を予定している企業様や新たに取り組まれる企業様に向けた特別セミナーを開催いたします。

特徴

下記のような数多く寄せられているご相談について、出来るだけ分かりやすい情報をご提供するセミナーです。
●変更あるいは新規追加された要求事項に具体的にどのように対応すべきか
●システム見直しをどのように進めるべきか
●例えばヒントとなる具体例はどんなものか
●移行審査までにどんなスケジュールで進めたらいいのか

対 象
IATF 16949 規格を正しく理解したい方、IATF 16949 の認証取得をめざす組織の方
将来 IATF 16949 監査員をめざす方
会 場
第1回 名古屋・IMY貸し会議室5階(名古屋市東区)
第2回 東京・新宿NSビル 30階 NSスカイカンファレンス ルーム5
    *第2回は会場が変りました

第3回 東京・日科技連 本部(Room-A)
講 師
吉村伸治((株)ワイズマネジメント 代表取締役)
参加費
32,400円(一般/会員)

カリキュラム

1日コース

日程
内容
第1日
9:30~16:30
■IATF 16949:2016規格改正の背景
ISO/TS 16949からIATF 16949へ改正の背景
IATF 16949発行に伴うISO/TS16949認証組織とIATF 16949受審予定組織への影響

■IATF 16949:2016主な変更点とフォーカスすべきポイント
主要な変更内容
ISO/TS 16949とIATF16949の条項比較
規格変更に伴いシステム見直しにおいてフォーカスすべきポイント

■IATF 16949:2016規格の意図解説と移行のためのシステム見直しのヒント
新規追加、変更、並びにより明確化された要求事項にフォーカスした規格の意図解説
IATF 16949移行監査で重要視されると思われる要求事項と監査の視点
改正された要求事項に対するシステム見直しのヒント
システム見直しの具体的対応方法例の紹介 他

■まとめ/Q&A
質疑応答、その他

日程

回数
開催日
開催地
申込状況
第1回
2016年11月30日(水)
名古屋
締切
第2回
2016年12月1日(木)
東京
締切
第3回
2017年3月14日(火)
東京
締切

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。

[カテゴリー]ISO:TS16949

問い合わせ先

問い合わせ先

マネジメントシステム研修センター 研修業務課
 TEL:03-5990-5854 FAX:03-5990-5864 E-Mail:iso-kensyu@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • Webクオリティマネジメント
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 教育/セミナーガイド
  • ステージアップガイド
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中