カテゴリー

医薬統計・医薬関連

セミナー派遣者・参加者の声

臨床試験セミナー統計手法専門コース
第一三共(株)
臨床薬理部 第二グループ
深江 真登さん
(2019年度・30BioS受講)

生物統計は医薬品開発に関わるすべての人にとって重要な知識であると実感

BioSに参加される多くの方と異なり、私は普段、生物統計関連業務を行っているわけではありません。統計学や臨床薬理学を基盤とする数理モデル解析による新薬開発の推進を主たる業務としています。生物統計は主業務の境界領域であり非常に重要なので、書籍等を頼りとして必要な知識を学んできました。一方で、体系的な教育を受けたことがないことを弱みと考えていました。

1年間のBioSを通じて、一連の統計手法及び周辺知識について著名な先生方から網羅的にご講義いただきました。これらにより新たな知識を学べたことに加え、各手法の関連性を理解でき、これまで断片的だった知識が整理され、今後のレベルアップにつながると感じました。

生物統計は医薬品開発に関わるすべての方にとって重要な知識です。主業務とするか否かに関わらずBioSへの参加をご検討されている方には、多忙な業務の中であっても何とか時間を捻出し参加することをお勧めしたく思います。

第一三共(株)
臨床薬理部第一グループ長
吉原 一孝さん
(派遣責任者)

BioSは我が社の臨床薬理機能を担う人材育成には欠かせない統計学教育の要

深江さんと私は新薬開発の臨床薬理機能を担う組織に所属しています。臨床薬理機能というと、健康な被験者を対象とした臨床薬物動態試験を実施する組織というイメージをお持ちの方もいるかも知れません。実際、臨床薬物動態試験の遂行は現在においても当部の重要なミッションの一つではありますが、ここ20年間で新薬開発における臨床薬理機能の役割は大きく拡大し、現在では組織の半数近いメンバーが数理モデル解析のスキルを有し、臨床有効性・安全性のシミュレーションを通じて用法用量選択や開発意思決定に貢献する役割を担っています。

統計学はこの「定量的臨床薬理」人材に必須の専門性と考えており、今回、深江さんをBioSコースに派遣しました。私もBioSの卒業生で、当時、統計の基礎不足のために定量的臨床薬理家として成長の天井を感じていましたが、BioSで学ぶ機会を得て一気に突破できたという思いがあります。深江さんもBioSで学んだことを活かし、更なる成長につなげて欲しいと願っています。

 

(2020年10月寄稿)

▶ セミナー派遣者・参加者の声一覧

 

カテゴリー

▲TOP
カテゴリー
TQM・品質管理
統計的品質管理
問題解決・未然防止
部門別スキル
QCサークル(小集団改善活動)
ソフトウェア品質
信頼性・保全性・安全性・R-Map®
医療統計・医薬関連
ISO・IATFセミナー
検定・資格
品質管理検定
マネジメントシステム監査員検定
ソフトウェア品質技術者資格認定
JSTQBテスト技術者資格認定
信頼性技術者資格認定制度
R-Map実践技術者制度
QCサークル指導士認定制度
賛助会員
入会のおすすめ
会員特典
入会申し込み
賛助会員のみなさまへのお知らせ
資料ダウンロード
会員会社一覧
日科技連について
沿革
概要
事業案内・紹介動画
連絡先・アクセス
個人情報保護方針
お問い合わせ
賞・表彰
デミング賞
日経品質管理文献賞
日本品質奨励賞
QCサークル経営者賞
QCサークル活動(小集団改善活動)
優良企業・事業所表彰
広報活動
月刊誌『QCサークル』
機関誌『クオリティ・クラブ』
関連サイト
ISO審査登録センター
大阪事務所
一般財団法人 日本科学技術連盟
Copyright© 2015 Union of Japanese Scientists and Engineers. All Rights Reserved.