事業詳細

展示コーナー

ユーザ、メーカの情報交換、最新の信頼性技術情報の収集に最適です!
・ 先進企業による、信頼性に関する測定機器、試験装置、解析ソフトの展示
・ 信頼性・保全性・安全性に関する書籍の展示・販売
・ 信頼性を専門とした学会活動を行う国内唯一、国際的にも数少ない研究者・技術者のための活動団体紹介

★今年も開催!好評!★ 展示ブースツアー(ランチ付)

シンポジウムの期間中の2日間の昼休みに希望応募者の中から抽選による参加者各10名さま限定でサービスランチを提供し、ランチの後に「展示ブースツアー」を今年も開催します。 シンポジウム組織委員が世話人となり、各展示ブースをご案内します。 「実際にみて・話して」メーカとユーザ間の情報交換・交流の場としてご活用ください! 参加ご希望の方はシンポジウム参加申込時に手続きをお願いします。応募者多数の場合には、抽選となります。当選された方にはシンポジウム開催の1週間前までにメールでご連絡いたします。

展示時間

7月10日(木) 12:00~17:00
7月11日(金) 10:00~15:00

出展企業一覧

主な展示物

Windchill Quality Solutions / Relex 信頼性工学ソフトウエア
AnyLogic シミュレーションソフトウエア

Windchill Quality Solutions / Relexは、信頼度予測、FMEA及びFTA等の解析を効率良く実施し、その結果を共有することが可能な、信頼性工学に特化したソフトウエアです。また、AnyLogicは、ディスクリートイベントやエージェントベース等のシミュレーション手法を利用して、経済や社会制度、ビジネス戦略、生産、ロジスティクス、倉庫、サービスライフサイクルマネジメント、ヘルスケア、歩行者の移動、避難経路(防災関連)、ビジネスプロセスや消費行動等の、様々なシミュレーションモデルを作成することが可能です。当日は、ブースにて実演いたしますので、ご来場をお待ち申し上げております。

主な展示物

各種故障解析事例のご紹介
各種良品解析事例のご紹介

最近製品事故が急増しており、企業にとって大きな課題になっているが、通常製品事故解析には製品の破損が激しい場合が多く、原因究明に困難を伴う場合が多い、今回、解析事例を通して解析手順、解析機器の選択解析手法についてご紹介します。

主な展示物

HALT装置

HALT の活用事例をパネルや映像で展示し、HALT技術センターの専門スタッフが、ご質問やご相談にお応えします。

主な展示物

パネル ・デモPC ・カタログ

主な展示物

信頼性評価・調査解析(物理解析・断面解析)受託サービス
熱抵抗測定装置展示

各種信頼性試験・環境試験及び調査解析(物理解析・断面解析)受託サービスでお客様の品質向上をサポートいたします。今回、各種受託サービス紹介及び独自に設計開発しました熱抵抗測定装置を展示致します。

主な展示物

3次元変形計測システムARAMIS
非接触光学式3次元デジタイザーシステム ATOSCore

ARAMISでは変位変形ひずみを可視化、ATOSでは従来の点計測に加え、面計測を実現。材料検査や、形状検査における高水準のソリューションを提案いたします。

主な展示物

卓上走査電子顕微鏡 JCM-6000 NeoScope

NeoScopeは従来のイメージを一新するデザインと簡単操作の卓上走査電子顕微鏡です。観察から元素分析まで可能な豊富な機能、タッチパネルによる直感的な操作を実現。お手軽に電子顕微鏡観察をしていただけます。

主な展示物

統計解析業務パッケージ「JUSE-StatWorks/V5」
書籍「信頼性データ解析入門」

主な展示物

信頼性・保全性・安全性の関連書籍

1955年の創設以来今日まで、品質管理、QCサークル、信頼性工学、統計学をはじめ、数学、ソフトウェア工学、情報システム工学等の専門書、技術書、啓蒙書の出版社として経営工学の普及に努めています。さらに時代の要請に沿ってISO認証関連図書、環境、ビジネス書の分野にも注力しています。

主な展示物

学会のご案内
学会誌のご紹介
関連書籍のご紹介

1978年に設立された日本信頼性技術協会を改組して1991年5月に発足いたしました。信頼性を専門とした学会活動を行う国内唯一、国際的にも数少ない研究者・技術者のための団体です。会員数は約900名ですが、原則として会員全てに門戸が開かれている専門研究会が7つと、関西支部内でも研究活動が実施されており、熱心に活動している会員の割合が非常に多い学会です。
勿論新しい研究会を提案される事も大歓迎です。また本学会は非常に幅広い業界・研究分野の会員が多いため、会誌を手にとっていただければ判りますが、医療・半導体デバイス・通信分野・等、非常に多岐に亘った内容の会誌が発行されており、会誌を読むだけで非常に効率的なベンチマーク活動になります。

主な展示物

高出力・高分解能CT装置 FF20CT/FF35CT

エクスロン・インターナショナルが2014年5月にリリースした新製品「高分解能・高出力X線CTシステム」の概要及び撮影事例のご紹介します。

主な展示物

信頼性解析ソフトウェア

長年培った保全管理のノウハウを凝縮した、カレンダー型保全管理システム「FLiPS」をはじめ、信頼性評価、保全性評価の解析ソフトウウェア等、効率的な設備保全管理を実現するソリューションをご紹介します。

主な展示物

パッケージ開封装置
マニュアルワイヤーボンダー
マニュアルプローバー

独自技術で「銅」に被膜を形成し、薬品によるダメージから銅ワイヤー、リードフレームを保護する次世代型のパッケージ開封装置や解析向けの再配線に最適なマニュアルボンダーを取り扱っております。

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中