事業詳細

講演会

【賛助会員特典】2020年度 月例講演会
【お知らせ】新型コロナウイルス感染拡大に伴い、本講演会は中止となりました
 

第1回 月例講演会 東京・東高円寺開催(日科技連・東高円寺ビル)
*大阪にてライブ配信会場あり

 

リスクアセスメントの本質と危害シナリオ
松本 浩二 氏 (まつもと こうじ)
製品安全コンサルタント


【講演概要】
安全をリスクの大きさで評価するという基本概念が、ISO/IEC Guide 51で世界統一されてから今年で30年になります。安全は、時代と共に変化する「許容可能なリスク」として捉えられています。
危害の出発点となるハザードから危害発生までのプロセスは、その時代の製品の特性、使用するエネルギーや物質、使用環境、人の行動などに依存し、危害に至るシナリオごとにリスク評価することが推奨されています。
欧州では、重大事故を扱う迅速情報システム(RAPEX)のガイドラインをベースに、リスクアセスメント支援プログラムが公開されており、R-Mapを活用した日本語版を試作しましたので、ご紹介いたします。


【プロフィール】
1972 年 (株)東芝入社(~2007年)、医療機器部門で製品開発及び製品安全マネジメント業務を担当。元日科技連R-Map実践研究会統括主査。(独)製品評価技術基盤機構(NITE)技術顧問として、NITE及び経済産業省のリスクアセスメント導入を支援(2007年10月~2013年3月)。

【主な著書等】
R-Map実践ガイダンス、日科技連出版社、2004(共著)
R-Mapとリスクアセスメント(基礎編)、日科技連出版社、2014(単著)
R-Mapとリスクアセスメント(手法編上、下) / R-Map分析事例100選、日科技連出版社、2014(共著)
経済産業省、リスクアセスメント・ハンドブック(実務編)、リスクアセスメント実務検討委員会、2011(委員長)

 

開催概要

開催日 【中止】2020年4月17日(金)15:00~16:45

会 場 日科技連 東高円寺ビル(東京都杉並区高円寺南 1-2-1)
    日科技連 大阪事務所(大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル11階)【ライブ配信会場】       
    *ライブ配信会場:東京での講演会の様子をスクリーン投影したライブ映像を大阪の会場で視聴できます。
 

プログラム

時間 内容
15:00~15:05 主催者挨拶
15:05~16:35 講演:リスクアセスメントの本質と危害シナリオ
製品安全コンサルタント
松本 浩二 氏
16:35~16:45 日科技連事業のご紹介

お申込み

回数・日程 会場 申込み
第1回 4月17日(金) 東京:日科技連・東高円寺ビル 中止
大阪:日科技連・大阪事務所【ライブ配信会場】 中止
 

問い合わせ先

問い合わせ先
広報・国際センター 広報・国際グループ
TEL:03-5990-5846  FAX:03-3344-3022  E-Mail:jusepr@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

ID、パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • JUSE-エグゼクティブセミナー
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • QCサークル
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中