事業詳細

研究対象 I 製品等の開発段階におけるリスクアセスメント
      (開発段階からの安全構造設計の研究)

この研究会の前身のR-Map実践研究会の第1研究分科会の成果を踏まえつつも、R-Map手法に捉われずに、製品の開発段階における実践的リスクアセスメントに関する調査・研究を行います。

例えば、自社のリスクアセスメント手法のブラシュアップであるとか、あるいは全く新しいカテゴリー製品のリスクアセスメントの実践であるとか、開発段階におけるリスクアセスメントに関することであれば全て研究の対象になります。

下図に示すPSPTA 法も、この研究会で大きく成長・発展させることができた手法の一つです。

メーカーの設計や品質保証に、開発段階のリスクアセスメンに関する知識が必要であることは言うまでもありませんが、流通事業者や検査機関の方等、製品の開発に直接携わらないという方も、ステークホルダーの一員として開発段階のリスクアセスメンに関する知識を有することは、自社の優位性を築くうえで極めて有用なものになるでしょう。

開発段階のリスクアセスメントの推進を担っている方、自社のリスクアセスメント手法をブラッシュアップしたい方、PSPTA 法等の実践的リスクアセスメント手法をマスターしたい方、リスクアセスメントにおけるリスク低減値を担保する試験法を作成したい方、調達品のリスクアセスメントを行いたい方、ご自分の身の回りのリスクアセスメントを行ってみたい方等、研究テーマには事欠きません。


 

研究対象II 事故情報に基づく既販品のリスクアセスメントと市場措置判断
      (リコール・製品事故事例の研究)

この研究会の前身のR-Map 実践研究会の第2研究分科会の成果を踏まえつつも、R-Map ⼿法に捉われないで、市場事故情報に対するリスクアセスメントと市場措置判断に関する調査・研究を行います。

例えば、事故が起きたときはそのリスクを下図の稼動期間で考慮し算出しますが、事故リスクに対する社会の受け止め方は⼀義的ではなく、様々な要素から総合判断されていることが経験から分かっており、それをリスクバイアスと呼んでいます。その定量化の⼀例が下表のリスクバイアスですが、このようなものが標準化されれば、より公平・公正な判断につなげることも期待できるでしょう。 

安全は基本的人権の一つであり、市場から情報を入手した後に実施するリスクアセスメントは、それを保証する活動の一つです。

国内外の事故を取り上げ、グローバルな視点で製品やサービスの安全保証及びリスクマネジメントに関する調査・研究を行います。


 

研究対象III 流通視点で見る消費者安全対策
      (流通視点で見る消費者安全対策の研究)

この研究会の前身のR-Map 実践研究会の第3研究分科会の成果を踏まえつつも、R-Map 手法に捉われず、流通視点からの消費者安全対策に関する調査・研究を行います。

流通事業者は、図1 のように製造事業者と消費者を仲介する位置づけにあり、消費者との安全に関するコミュニケーションにおいて、非常に重要な役割を担っています。

例えば、安全に関するコミュニケーションとしては、図2のようにメーカー提供の取扱説明書などの“使用上の情報”と、残留リスクに関連した、お客様からの声(VOC)があります。

リスクアセスメントにおいて、技術的なことが分からない、取り扱う商品が多い、などのお悩みを耳にします。一方で、例えばVOC が集まるという特徴を生かすことで、メーカーにはできない独自の取り組みも可能ではないでしょうか。また、メーカーの方も流通の実情を知ることは自社の優位性を築くうえで有用なものになるでしょう。

様々な形態の流通事業者がありますが、それぞれに応じてかゆいところに手が届くよう進めていきますので、一緒に取り組んでいきませんか。

 

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中