事業詳細

参加のおすすめ
<ベーシックコースの魅力>誇れる世界一充実した教育内容
岩崎 日出男講師
本コース運営委員長
中條 武志 氏
中央大学 教授

品質管理セミナベーシックコース(略称BC)は、「品質管理技術に関する深い知識と高い応用力の習得」をねらいに1949年に開設されました。以来、今日まで66年間にわたり、延べ127回、296クラス、33,794名の研修生を産業界に送り出してきました。
本コースは、顧客・社会のニーズに応え、高い競争力をつけるために、経営上の重要問題・課題をしっかりとらえ、これを次々と鮮やかに解決していく技術者・スタッフを養成するためのものです。
経営環境の変化に応じてカリキュラムを度々変更してきましたが、その魅力は何と言っても次の点にあります。

(1) 重要問題・課題を解決する上で役立つ統計的方法や品質管理手法を、理論と実践を融合した形でキッチリ学ぶことができる。
(2) 品質管理活動として組織的に推進・実践しなければならない活動要素をコンパクトに習得できる。
(3) 宿題演習、ケーススタディ、ゲームなど、多様な教育方法を通して幅広い知識と応用力を習得できる。
(4) 豊富な事例・経験を持った講師の優れた講義や指導を受けることができる。
(5) 個別改善テーマについて、ベテラン講師の指導を受けながらテーマ解決を行うことで、問題解決力を体得できる。
(6) 品質管理の要素技術に関して全領域をカバーした的確・実践的でわかりやすいテキスト(27分冊)が完備されている。
(7) 品質管理検定(QC検定)1級の合格者に求められる内容とほぼ同等であり、1級の受験・合格を目指している方には、最適な内容となっている。

独創的な新製品・サービスを創造し、狙い通りのものを確実に提供するための技術の革新、それを支える人づくりを強化することで、時代に適したものづくりを実現し、グローバル競争優位の経営を究めるために、ぜひ本コースを活用していただくようおすすめいたします。

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中