事業詳細

展示コーナー

■会場:第2会議室(8階 805・806号室)

7月19日(木) 12:00~17:00
7月20日(金) 10:00~15:00

ユーザ、メーカの情報交換、最新の信頼性技術や製品情報の収集に最適です!
・ 先進企業による、信頼性に関する測定機器、試験装置、解析ソフトの展示
・ 信頼性・保全性・安全性に関する書籍の展示・販売
・ 信頼性を専門とした学会活動を行う国内唯一、国際的にも数少ない研究者・技術者のための活動団体紹介

■展示ブースツアー(ランチ付) 会場:第2会議室(8階 805・806号室)

7月19日(木) 12:40~13:35
7月20日(金) 12:40~13:35

シンポジウム期間中(2日間)の昼休みに希望応募者(各日先着10名限定)にランチを提供し、ランチの後に「展示ブースツアー」を今年も開催します。 シンポジウム組織委員が各展示ブースをご案内します。
「実際にみて・話して」メーカとユーザ間の情報交換・交流の場としてご活用ください! 
参加ご希望の方はシンポジウム参加申込時に手続きをお願いします。

※参加費(展示ブースツアー+お弁当)は無料です。
※参加には事前申込が必要となりますので、シンポジウム参加申込と同時にお申込みください。なお、展示ブースツアーとランチセッションの同日同時に参加は不可です。

 

   

 

■ランチセッション(ランチ付) 会場:第3会議室(8階 807・808号室)

7月19日(木) 12:45~13:35 発表企業:(株)島津製作所 大河内宏和氏
7月20日(金) 12:45~13:35 発表企業:エクスロン・インターナショナル(株) 清宮直樹氏

シンポジウム期間中(2日間)の昼休みに、希望応募者(先着50名様)を対象に、ランチを召上りながらご出展企業のご発表をお聴きいただける情報交換・交流の場です。

※参加費(ランチセッション+お弁当)は無料です。
※参加には事前申込が必要となりますので、シンポジウム参加申込と同時にお申込みください。なお、ランチセッションと展示ブースツアーの同日同時に参加は不可です。
 

■ランチセッション「発表内容」

7/19(木)12:45~13:35
(株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 主任 大河内 宏和 氏
<テーマ>
観察・解析・計測を支援する最新のX線CTシステムのご紹介

<ききどころ>
圧倒的な画質で軽金属から電気・電子部品、リチウムイオン電池、GFRP・CFRPといった複合材料まで対応可能な弊社X線CTのフラッグシップモデルであるinspeXio SMX-225CT FPD HRと金属アーチファクト低減ソフトによる観察・解析の改善事例紹介を行います。さらに、新製品の計測用X線CTシステムXDimensus300をご紹介します。
7/20(金)12:45~13:35
エクスロン・インターナショナル(株) 営業統括部 ELE統括リーダー 清宮 直樹 氏
<テーマ>
X線透視・CT観察の状況別活用事例(故障解析、信頼性試験、検査)

<ききどころ>
X線透視・CT観察装置は非常に汎用性の高い設備であり、故障解析、信頼性試験、検査など様々なシーンで活用されています。20年以上にわたりX線装置の販売に携わり、現在も営業担当として日々お客様と接している講演者が、国内外のX線装置市場の現状と課題を明らかにしたうえで、故障解析、信頼性試験、検査など目的別にX線装置活用事例をご紹介いたします。

■出展企業一覧


<研究会ブース>
展示コーナーでは、展示企業のほかに、「信頼性・安全技術研究会(東京都立産業技術研究センター)」、「故障物性研究会(日本信頼性学会)」のブースが出展いたします。

問い合わせ先

問い合わせ先

48R&MS担当
TEL:03-5378-9850 FAX:03-5378-9842
E-mail:re-group@juse.or.jp

セミナーサイトユーザーログイン

ID
パスワード

次回から自動的にログインする

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録はこちら

QCサークル大会

セミナー検索

  • 各種メールマガジン登録
  • ISO審査登録センター
  • 大阪事務所ホームページ
  • デミング賞
  • 日本品質奨励賞
  • 企業の品質経営度調査
  • 品質経営懇話会
  • QCサークル
  • 教育/セミナー総合ガイド
  • 品質管理シンポジウム(QCS)
  • クオリティフォーラム 2017
  • ソフトウェア品質委員会
  • マネジメント監査員検定
  • QCサークル本部登録
  • 品質月間
  • 人間石川馨と品質管理
  • StatWorks
  • メールニュースアーカイブ
  • 日経テクノロジーONLINE 『品質の明日』コラム掲載中